2005.12.27

デジカメ : タイマーリモートコントローラー TC-80N3 の改造

キヤノンにはタイマーリモートコントローラー TC-80N3 というアクセサリがある。これは、たとえば「3分露光→10秒待機を10回繰り返す」といったことを自動でやってくれる、天体写真にはとても便利な代物。でもこれ、同じキヤノン製品なのに Kiss Digital N にはそのままでは使えない。なぜかリモコン端子の形状が異なるんです。メーカー同じならこれぐらい統一して欲しいものですが。ということで、使えるように改造してみたので、方法を紹介します。

方法は、リモコン端子を、KissDN 対応の単純なレリーズである RS60-E3 の端子と交換してしまうというもの。写真は交換後のもので、左の切れ端が元々くっついていたリモコン端子。

まず、TC-80N3 と RS60-E3 のケーブルを途中でぶった切る。すると、共に中には銅線と赤・白のリード線がある。あとは銅線と銅線、赤と白、白と赤 (つまり赤と白を逆に繋ぐ) をハンダ付けすればOK。あとは、赤・白のリード線の繋ぎ目をそれぞれビニルテープで覆って絶縁し、その上から繋ぎ目全体を、熱を加えると縮んで細くなる「熱収縮チューブ」で覆えば完成。

ちなみに、赤と赤、白と白を繋いだ場合も動くことは動くみたいだけど、タイマーではなくふつーのレリーズとして使った場合、おそらく半押しが効かなくなる。

なお、私の場合は壊れて使えなくなっていた RS60-E3 をたまたま捨てずに取ってあったので、それを利用して改造したのだが、この RS60-E3 は3,000円ぐらいの代物なので、端子部のためだけにこれを買うのは少々もったいない。安く上げたければ、2.5mmステレオミニプラグを使えばいいみたい。その場合、こちらのページが参考になると思う。あと、プラグの入手に関しては、アストロショップ三ツ星にて2.5mmステレオミニプラグ付きのケーブル (タイマーリモートコントローラー加工用 ジャックアダプターケーブル) を販売中みたい。

※改造するとメーカー保証が受けられなくなります。改造の結果壊れたりしても知りません。くれぐれも自己責任で。

自分で改造したくない人は、少々割高だけど、望遠鏡ショップにて改造済みのもの (誠報社 / 三ツ星) を販売している。誠報社にはニコン D70 / D50 で使うための接続ユニットもあり。三ツ星には FinePix S3Pro 用もあり。

なお、KissDN とペンタックス *istD / *istDS はリモコン端子の形状が同じであり、KissDN 向けに改造したものは *istD / *istDS でも使えるらしい。

Categories: デジカメ / 天文

Category: デジカメ

Trackbacks

Trackback URL:


» EOSKissX用タイマーコントローラー from 鹿角平天文台通信
いままで、インターバルタイマーのあるコンデジばかり使ってきたので、バルブ制御のできないのが不便でしょうがない。たとえばバルブ(ミノルタA1や7は30秒... » 続きを読む (Read more)...