2005.12.23

デジカメ : EOS Kiss Digital N 購入 (EOS 350D and my cats)

猫 - cat ようやく一眼デジカメ「EOS Kiss Digital N」(海外名は EOS 350D) を購入。今のところ、ずーっと雪降ってるので家の中で猫ばっか撮ってる。ということで、猫の写真を7枚紹介(全て見るには「続きを読む」をクリック)。

レンズは、タムロンの AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II も買ったけど、室内で猫撮るのには前から持ってた EF35mm F2 が素敵。KissDNでは35mm判フィルムカメラの1.6倍相当の画角になるので、35mm の場合、56mm 相当になる。つまりちょうど標準レンズの画角でとても扱いやすい。

この 35mm F2 をつけてカメラの感度をISO800にすると、室内でもフラッシュ無しで問題なく撮れる。大きくプリントしたりしない限りはこの感度でもノイズはあまり気にならない。今回の作例は、全て 35mm F2 + ISO800 (一部1600) での撮影。

この 35mm F2、流星撮影用として買ったもので、これまでフィルムカメラでは天文以外の用途にはあまり使ってこなかった。でも、これからは主力レンズのひとつになりそう。

猫 - cat 猫 - cat 猫 - cat
猫 - cat 猫 - cat 猫 - cat

猫の名前は、記事冒頭の子が彗星の彗と書いてさとる、通称さっちゃん、女の子。三毛の子が磨奈美、通称まなちゃん、女の子。右下の子がみつお、通称みっちゃん、男の子。

ところで、KissDN を買ってひとつ誤算だったのは、愛用してきたシグマの APO TELE MACRO 300mm F4 が動かなかったこと。せめて絞り開放・MFのみでも使えれば良かったんだけど、それすら駄目。シグマに問い合わせたところ、こういう場合、通常は無償でROM交換するが、このレンズは古くてもう部品が無く対応できないらしい。残念。長く使ってきたけど、売ることにする。

この 300mm F4 は彗星やメジャーな星雲・星団の撮影用としては比較的扱いが容易な手ごろなスペックなので、ぜひ KissDN で使える同スペックの代替レンズが欲しい。でも、キヤノン純正の同等品は高くて買えないので除外。トキナーの AT-X 304 AF (300mm F4) なら KissDN でも使えるようだ。中古相場は3万円前後だろうか。これまでのシグマのレンズは程度がよければ2万円弱で売れるっぽいので、差額は約1万円。充分手が届く範囲だけど、このレンズは中古流通量があんまり多くないみたい。地道に探すしかないなー。(2006/6追記→購入しました。カテゴリ:デジカメをチェック)

Categories: デジカメ /

Category: デジカメ

Trackbacks

Trackback URL: