2007.01.10

天文 : 新年あけまして大彗星 / Comet C/2006 P1 McNaught

少し遅れましたが、新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

さて新年早々、大彗星が訪れています。その名はマックノート彗星 (C/2006 P1)。現在なんとマイナス等級に達しており、条件がよければ肉眼でも見えるそうです。

ただし、現在太陽にかなり近い位置にあるため、観測可能なのは日没直後および日の出直前の極めて限られた時間のみ。低空ぎりぎりまで雲が無く澄んだ空である必要があるため、観測は少々難しいかもしれません。それもここ2~3日が最後のチャンスかも (再び太陽から離れた後は北半球からは見えなくなるようです)。この時期天候の優れない日本海側ではちょっと絶望的ですが、天候の良い太平洋側ならまだチャンスはあるかもです。肉眼では多分難しいので、なるべく双眼鏡を用意してください。

なお、この彗星は12日から16日ごろにかけて太陽観測衛星SOHO (英語) の観測機器のうちのひとつ、LASCO C3 の観測画像で見られる見込みです。SOHOの観測画像はほぼリアルタイムの映像がウェッブで公開されており、誰でも簡単に見ることができます。LASCO C3 の最新画像はこちらです。私の住む富山では地上からの観測が絶望的ですので、このSOHOの画像が楽しみ。

彗星の位置等の情報に関しては、アストロアーツマクノート彗星特集が参考になります。このページには、主に日本国内から撮影された投稿画像集もあります。また、Spaceweather.com (英語) において、世界中から寄せられた素晴らしい投稿画像集が公開されています。夕焼け・朝焼けの空にたなびく彗星がとっても綺麗! 必見です!

Comet C/2006 P1 McNaught is now visible both at sunset and at dawn! But at very low over horzion, and only during very limited time after sunset or before sunrise. Please check Spaceweather.com for details. They have great gallery of the comet!

Additional note is that this comet will be visible in the LASCO C3 images by SOHO (Solar & Heliospheric Observatory). It will happen during approx. 12th to 16th of Jan. 2007. You can see latest images of LASCO C3 in this page.

リンク ~ Links
Categories: 天文

Category: 天文

Trackbacks

Trackback URL: