2009.07.13

釣り : キジハタ 尺オーバー

20090713_kijihata.jpg

尺オーバー、32cmの良型キジハタ!

実は尺オーバーを釣ったのは初めてだったりもします。

初挑戦の昨シーズンはテトラ歩きに慣れてなかったこともあり小型テトラ帯でやってたんですが、坊主続きでした。今シーズンは中型テトラで構成されたテトラ帯でやってますが、さすがに小型テトラ帯とは違いますね。坊主食らい難いし、型もいい。

今回はまだ明るい午後4時ぐらいに始めました。波気、濁りともに少しあり、中潮でこれから満潮を迎えるというコンディション。良さげです。タックルはもちろん先の記事で紹介した新ロッド (磯竿改)を投入。

10グラムジグヘッド (オフセットフック) +バグアンツ3インチで開始、テトラを歩きながらランガンするも反応なし。根掛かりでロストしたところで、リーダーを結びなおし、ルアーを変えてみます。

20090713_kijihata_lure.jpg

ヴィヴィッドライブ 3.2インチ (しらうお)。リグは同じく10グラムのジグヘッド (オフセットフック)。ソフトルアーの癖に目玉が付いているのが最大の特徴。ちなみにこの目玉は残念ながら割と外れやすいようで、使っているうちにいつの間にかなくなっていることが多いです。

すると数投目でドスンとヒット、ロッドを綺麗に曲げられ、ドラグも散発的にチリッ、チリッと引き出されながらも潜り込むような引きに耐えて浮かせ、無事ゲットしたのがこの32cm (キープ)。まだ日が沈む前の午後5時20分頃でした。

ロッドの曲がり具合にはまだ少し余裕がある印象も受けましたので、ドラグをもう少し締めればもう少々上のサイズまではキャッチできそうです。40cm近いサイズになると苦しそうですが。

次いで、アナハゼ15cm (リリース) を追加するも、その後はたまにヒットがあるも乗らず、やがて根掛かりロスト。

午後6時を過ぎて薄暗くなり、ルアーをバグアンツ3インチに戻した後にカサゴ25cm弱 (リリース) を追加し、午後7時納竿としました。

今回のようなまだ明るい時間帯であれば、糸ふけの変化を見れば着底がわかり易いですね。今回は10gのジグヘッドでしたが、もっと軽いシンカーでも行けそうです。軽めの方がフォールで食わせやすいのかな? という気もしますし、次は軽めのシンカーでやってみようと思います。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL:


» Edita.jpからメンバー登録のご連絡 from 魚住
富山県釣り情報の魚住です。Tagoshu様の素晴しい記事を是非引用させて下さい。 NGの場合はお手数ですがhttp://www.edita.jp/admi... » 続きを読む (Read more)...