2009.08.03

PC : PC故障&修理

我が家に3台あるPCのうち1台が不調になってきた。症状としては、何の前触れも無く突然固まるというもの。ブルースクリーンも出ずいきなり固まったり、再起動したりする。少し前から稀に発生していたこの症状が、最近になって頻発するようになってしまった。

夏である。まだまだ大して暑くもないとはいえ、まず疑われるのは熱暴走。ケースを開けて各所のホコリを除去し、CPU温度を見てみる。最大60℃ぐらい。Athlon XP としては普通の温度で、特に問題はない。しかし症状は改善されない。

メモリの故障の疑いもあるので、memtest86 をかけてメモリをチェックしてみる。エラー発生! やはりメモリ故障か!? 256MB×4本刺さっていたメモリのうち2本を外し、再度 memtest86 をかける。ノーエラー。

単なる接触不良だったかもしれないので、今度は全部のメモリを外し、メモリソケットにエアダスターをかけてホコリを除去、再度4本全てを刺して memtest86。ノーエラー。

しかし症状は改善されず。

今度は、2枚刺さっていたビデオキャプチャカードのうち古いほうを外してみる。おお、安定したっぽい!? この後しばらくは問題なく動いていたけど、1日も持たず症状が再発するようになった。2枚目も外すとまた少し安定したように見えたけど、やっぱり駄目。

最終的には、とうとう起動すらしなくなってしまった・・・ BIOS画面も出ないという重症・・・

このPCは、自分以外の家族の普段使い用+HDDレコーダ兼家庭内サーバーとしてリビングに設置していた自作PCで、毎日24時間ずっと起動しっぱなし。主なパーツを見てみると・・・

  • CPU: Athlon XP 2200+ (2004年10月に購入)
  • M/B: Gigabyte GA-7N400 Pro2 (2004年10月に中古で購入)
  • Video: Leadtek WinFast A6600GT TDH 128MB AGP (2005年1月に購入)
  • RAM: DDR-SDRAM 256MB × 4 (計1GB) (購入時期不明)
  • HDD: HGST SATA 500GB (2008年3月に購入) + HGST IDE 320GB (2006年10月に購入)
  • 電源: Tagan TG420-U01 (2005年1月に購入)
  • OS: Windows XP MCE (2008年3月に購入)
  • 他: I/O DATA のビデオキャプチャカード2枚

パーツを変えながら長く使っているので、パーツの購入時期はばらばらだ。

経年劣化によりPCが固まるようになった、という場合、疑わしいのはCPU、マザーボード、電源。どれが原因かはわからないが、どれも古いのだ。しかも毎日24時間稼動し続けてきている。そろそろ寿命なんだろう。ということで、この3つを全て新調する、という方向で修理することにする。

PCの性能に不満を感じてきてそろそろ新調! というときは楽しいけど、特に不満なく使っていたPCが壊れて修理、となるとめんどくさいなぁ。

24時間ずっと稼動しっぱなしのPCなので、中古パーツは除外、すべて新品で。電源も信頼できる良いものを。マザーを変えるとなると、現行のマザーではこれまで使ってきたDDR-SDRAMや、AGPビデオカードは使えない。メモリもビデオカードも新調である。

HDDはメインであるSATAの方は比較的新しいのでそのまま使用、IDEのほうはちょっと古いけど、TV録画専用なので突然クラッシュしても別に実害が無いのでそのまま使用、ケースも割と最近買った Antec Three Hundred なのでそのまま使用。DVDドライブやFDDドライブもそのまま使用。OSもそのまま。再インストールもできればしたくない。

修理用パーツの選択方針としては、CPU は AMD より Intel が長期安定性に関してなんか安心感がある (根拠なし)、マザーボードは Gigabyte にしとけばとりあえずいいかな、電源も Tagan でいいでしょ。モニタ2台繋ぐ必要がある (HDDレコーダーとして、PCモニタと液晶TVに繋ぐ) のでビデオカードはオンボード不可。以上の条件の中で、性能はあまり求めないので安めに抑える。ということで、新調したパーツは次の通り:

  • CPU: Intel Pentium Dual-Core E5300 Box (LGA775/45nmプロセス/FSB 800MHz/クロック2.6GHz) - 7,200円
    安めの奴でいいけど Celeron はなんとなく嫌だ、ということで。45nmプロセスなので省エネなのかな?
  • M/B: Gigabyte GA-EP41-UD3L - 約8,900円
    ビデオキャプチャカードでPCI 2本使うし、その上で念のため空きも1本欲しい。ということで、Gigabyte の LGA755 マザーで、PCI 3本あって一番安かった奴。45nm CPU への対応も確認。
  • Leadtek WinFast PX9500 GT 512MB (GDDR3 ファンモデル) - 5,800円
    Leadtek で DVI-I×2 で一番安かった奴。
  • RAM: ノーブランド DDR2-SDRAM/800/2GB (メジャーチップ)×2 (計4GB) - 2,800円×2=5,600円
    計4GBも要らないけど、どうせ安いし積んでおこう。
  • 電源: Tagan TG580-U22 - 7,000円
    Tagan で一番安かった奴。

  • 計 約34,500円

もっと安く上げることもできただろうけど、それなりの品で固めたつもりなのでこんなもんかな。

パーツが届いたので早速組み込む。ケースから古い電源、マザーを外し、新しい電源、マザー他もろもろを組み込む。起動テストはなるべくシンプルな構成でやるのが鉄則なので、ビデオキャプチャカードはまだ組み込まない。

一通り組み込んで、起動テストである。

Windows XP の場合、マザーボードを交換すると起動しなくなるケースが多いらしい。多くはIDEコントローラが変わったためにHDDが認識できなくなることが原因であるようだ。今回はSATAのHDDであり、SATAの場合はマザーボードを交換しても普通に起動してくれることも多いらしい。だが、それも確実ではなく、SATAのコントローラチップが違っていたりすると起動しないこともあるらしい。

今回はSATAコントローラチップも別物になっちゃうし、多分起動しないだろうなぁ。良くて修復セットアップ、最悪クリーンインストールかなぁ、めんどくせ。。。なんて考えながら電源を入れてみる。

・・・あっさり起動成功!!

新しいビデオカード用のドライバがまだ入ってないために画面解像度が低くなっている他は普通に動いている。

マザーボード付属のDVDからマザーボード関係のドライバをインストールし、適宜再起動し、ネットワーク設定をやってインターネットへの接続も無事完了。Nvidia の公式サイトから最新のビデオドライバを落としてインストール。以上で普通に使える状態になってしまった。クリーンインストールまで覚悟して臨んだのに、あまりに簡単すぎて拍子抜けである。

とりあえず memtest86 もかけておく。以前、原因不明でPCが不安定になった際、原因がメモリだとわかるまで苦労した経験があるので、メモリを新調したら memtest86 は必須である。ノーエラー。

・・・ん? 2GB×2 で計4GB 刺さっているはずなのに、2GBしか認識されていない!?

メモリ2枚のうち1枚が認識されてないのかな、と思い、とりあえず1枚はずして1枚だけ刺した状態で起動・・・認識 1GB・・・!? メモリモジュールのシールの表記を見てみると、普通に 1GB って書いてありました・・・ orz ショップの手違いで 1GB×2 が送られてきただけ。とりあえずマザーボードの初期不良とかじゃなくてよかった。

この段階でビデオキャプチャカードも刺してみる。ドライバ再インストールとかしなくても普通に動いてしまった。でもなんか気持ち悪いので、関連するドライバその他をいったんアンインストールして再インストールしておく。以上で修理完了!

以前の構成でも不満は無かったけど、以前よりキビキビと動作するのが体感でもわかって気持ち良い! 長期的な安定性についてはまだわからないが、今のところは大丈夫のようだ。

容量が間違って送られてきたメモリは後日交換してもらおう。

後日

2GBのDDR2-SDRAM×2枚がショップから送られてきた。間違って届いた1GB×2枚はそのときに宅急便業者に渡して返送。

早速PCに刺し、BIOS上での4GB認識を確認。すぐに memtest86 をかけてみる。すると、テスト開始からまもなくPC再起動。何度やってみても同じところで再起動する。メモリの不具合ならエラー表示が出ることはあっても、再起動というのはなんかおかしい。

早速 Google 先生にお尋ねしてみると、どうも memtest86 v3.5 は 4GB 積んだ環境では再起動するという不具合があるらしい。memtest86 のバージョンを v3.4 にしてテストしてみると、無事ノーエラー。

ただし Windows XP 上では 3.25GB までしか認識されない。これはOSの制限なので仕方が無い。

Categories: PC

Category: PC

Trackbacks

Trackback URL: