2009.08.02

釣り : 海が濁りっぱなし・・・カサゴ

20090802_kasago1.jpg

いつもの新湊のテトラ帯でキジハタ狙い。タックルもいつもの磯竿改ロッド

昼過ぎまで雨降ってたけどその後晴れてきたので出撃。午後4時半開始、濁りは大、風はほとんど無く波気は小。潮周りは若潮、干潮が午後6時過ぎで今はあまり潮が動かない時間帯。

午後6時20分頃、ようやく初ヒット、カサゴ20cm強。アタリはわからず、着底後シャクったら乗ってたパターン。全然引かなかった。ヒットルアーはイカジャコ4.5インチ。これはリリース。

そしてだいぶ暗くなった午後7時半、シャクり上げからのフォール中にプルプルという振動を感じて即アワセ、乗ったが全く引かない。

20090802_kasago2.jpg

カサゴ15cm強、目へのスレ掛かり・・・痛そう・・・。針外しの際、目も外れてしまった。。。キープ。ヒットルアーは1匹目と同じくイカジャコ4.5インチ。

午後8時前に謎のアタリ、穂先がふわふわと揺れてアワセたが乗らず、すぐまたふわふわ来てアワセたけどやっぱり乗らず。生命反応だったとは思うけど、魚っぽくなかったなぁ。なんかイカかタコっぽい感じ? なら針先をワーム内に埋め込んだオフセットフックじゃフッキングは無理か。

午後8時納竿、結局この2匹だけ。だが坊主は免れた。今回の前のキジハタ釣行では、カサゴの1匹すら釣れない丸坊主を食ってたりもする。

今回、濁りは大きかったけど、先日33cmぐらいのキジハタを同じポイントで釣った際も同じぐらい濁ってた。今回は潮が動いてない時間帯だったのが敗因として大きいのかな。

夕まずめにこだわらず、いっそ、真昼間でもいいので明るいうちの潮がよく動いている時間帯を狙ってみるのも面白そう。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: