2009.08.14

釣り : 落とし込み/前打ち惨敗! ルアーで良型カサゴ

20090814_kasago1.jpg

8月に入ってはじめての夏らしい暑い日!! 新湊の波止にて黒鯛狙いの落とし込み釣り (ヘチ釣り)。午後3時半開始、空は晴れ、風は弱く、波気は小。堤防のテトラが入ってない側はまだ結構濁っているが、テトラが入っている側は濁りが取れてきている。潮周りは小潮、干潮が午後1時過ぎ、満潮が午後7時半前。

タックルは磯竿改ロッド (2.7m)、太鼓リール、道糸ナイロン3号、ハリス・フロロカーボン1.75号、餌カニ、カニ専用チヌ針4号、ガン玉B。

テトラが入ってない側のヘチを探っていくが、1時間経っても何のアタリも無い。フグにかじられることさえ無い。

そこで、テトラ側で前打ちをやってみる。2.7mの短竿なので前打ちはやり辛いのだが、やるだけやってみるか。

テトラ側はフグの活性が高いみたいで、始めてすぐに1匹釣れた。それから間もなく、テトラ際にカニを落とし込むと・・・

スッ・・・くいっ! ぐいんっ、ぐいんっ!!

ラインがスッと引きこまれてすかさずアワせ、見事ヒット!! 大物とは言えないようだが、この引きは間違いなく黒鯛!! 左へ、右へと走り・・・

・・・ごり、ごり・・・

微妙に入り組んだ場所でのヒット、しかも短竿なのでうまくテトラ際から引き剥がせないっ・・・ ラインはどんどんテトラでこすれ・・・

・・・ぷちっ・・・あー・・・

久々の黒鯛のヒットも、あっさりラインブレイクで終了・・・ orz

長めの普通の磯竿だったら難なくキャッチできてたかもしれないが、今日使ったような短竿でも、アワセの際に竿を外側に突き出すようにしてればうまくテトラから離すように誘導できてたかもなぁ。普通に真上方向に煽ってアワせたのが敗因だと思う。難しい・・・

ルアー釣り等では余裕を持ったラインを好んで使うこともあり、魚をラインブレイクで逃したのは久々。ダメージ大きい・・・。

痛んだハリスを交換していると、後から来ていた落とし込み師にヒット、落ち着いたやり取りで見事に40cmぐらいの黒鯛をゲットしていた。一度は自分が探った場所だったのだが、やっぱ何かが違うんだろう。

その後もテトラ側で前打ちを続ける。竿が短いので超前 (振り子の要領で餌を少し投げてから落とし込む) を多用して探っていくが、斜めになったラインからはアタリが読みにくく、何もわからないうちに餌だけ取られたり、掛けてもフグ・・・。フグばっかり4~5匹釣ったところでカニを使い果たす。これが午後5時半ごろだったかな。

まだ時間はあるので、竿はそのままリールだけスピニングに交換する。メインラインPE1.2号 (20lb)、リーダー・ナイロン20lb。テキサスリグを組んで、堤防の根元から繋がっているテトラ帯へと出撃。キジハタ狙いのいつものポイント。

最初のルアーはヴィヴィッドライブ3.2インチ (イワシ)。ランガンしていくも、何のアタリも無いまま1時間以上が過ぎた。

20090814_kasago_kijihata.jpg

午後6時40分ごろ、テトラ際でのシャクリ上げからのフォールでヒット!

なかなかの引き! 若干ラインがテトラでこすれたものの、20lbのリーダーを信じてゴリ巻きで浮かせ、タモで掬ってゲット。良型キジハタ28cm!! キープしても良いサイズだと思うけど、今日のところはリリース。

それから間もなく、ヴィヴィッドライブの尻尾がかじられて使用不能に。多分フグだろう。同じルアーの予備はあるが、ここはルアーチェンジ。イカジャコ3.5インチ (ロッククラブ) に。

ルアーチェンジからの数投目の午後7時前、テトラ際でのシャクリ上げからのフォールでヒット!! 先ほどよりも良い引きでポンピングで浮かせ、タモで掬って無事キャッチ!!

20090814_kasago2.jpg

良型カサゴ、27cm (冒頭の画像の個体) !! 25cmぐらいまでのカサゴはめずらしくないけど、25cm 超えはめずらしく、自己新記録!! ということでキープ。

午後8時までがんばったもののその後はアタリは無く、納竿。黒鯛のバラシがくやしい・・・修行せねば。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: