2009.09.14

釣り : スタンディング・リグ (STリグ)

20090914_st-rig.jpg

クロー系・シュリンプ系のワーム (ソフトルアー) を通常とは前後逆にオフセットフックにセットし、ナス型オモリをフックに通す。こうすることで沈降の際も上昇の際も同じ姿勢を維持し、上下反転することが無い。同様のことを考えた人は他にも居るとは思うが、軽く調べてみた限りでは見つからなかったので、とりあえずスタンディング・リグ (STリグ) と勝手に名付けてみることにする。

根魚狙いに、さらにはホタルイカパターンの黒鯛狙いに、もしかしたら威力を発揮してくれる かもしれない。

写真の例は、バグアンツ3インチ+オフセットフック(1/0サイズ)+ナス型オモリ1.5号 (5.6g)。

前後逆にセットした場合、しゃくり上げたりした際の抵抗が大きくなり、ワームが外れやすくなる。そこで、フックに適当なストッパー (この例では発光玉ソフト。ただし、これだと少々柔らかすぎるので、瞬間接着剤で補強するか、もっと硬い素材のゴムか何かの方がいいかも) を通してワームが外れるのを軽減する。また、ワームの腕が太い場合は抵抗が強くなりすぎるので、ハサミでカットして細くしてしまおう。

このリグの場合、魚にシンカー (オモリ) ごとワームを呑んでもらう必要があるので、大きいシンカーは避けたほうがいい。多分、ナス型オモリの場合は1.5号 (5.6g) ぐらいまでが良いんじゃないだろうか。軽いシンカーで良ければ、フックにガン玉や割りビシを打っても良いだろう。

なお、ワームに密着するような形でシンカーを固定してしまうのは避けたほうが良い。魚がワームを加えた際にワームが針先から離れず、フッキングに悪影響が出ると思われる。

このSTリグは基本的には、エビに似たシュリンプ系・クロー系のワームに適したリグなんじゃないかな、と思うけど、イカ型にも良いんじゃないだろうか。というのも、イカ型ハードルアー Standing Squid 2 の動画を見て、似た動きをワームで出せたら面白いかも、と思ったのがこのリグを考案するきっかけだったからだ。結果として、ある程度似た動きになっているようにも思えるがどうだろうか。

イカ型ワームの場合は、セット方向は前後逆ではなく通常通りが基本になると思う。シュリンプ系・クロー系では前後逆の方が着底時に腕を上げてアピールしてくれそうなのでなんとなく良いような気もするが、通常通りのセット方向でももちろん構わない。

ちなみに、自分は Standing Squid 2 を使ったことは無い。ハードルアーとしては根掛かりし辛いらしいが、それでも一晩で3本ロストしたなんて話も聞く。1個2,000円近くもするので、とてもテトラ帯等の根掛かり危険地帯での底釣りでは使う気がしない。上手に使えば根掛かりも少ないし結果も出るらしいけど、オフセットフックのテキサスリグでもそれなりに根掛かりしてしまう自分の場合、そこに至る勉強料はどれぐらい要るんだろうか (^^;;

キジハタ実釣

さてこのSTリグ、紹介はしてみたものの、まだ実戦投入はほとんどしていない。ということで、朝まずめにキジハタを狙ってきてみた。

いつもの新湊のテトラ帯で、午前4時過ぎ開始。まだ真っ暗。快晴で空気も澄んでおり、星がすごく綺麗。もうこの時間に輝いているのは、冬の星座たちだ。夏が終わったことを実感する。風弱く海面は凪。明るくなった後で確認したところ濁りは皆無。潮周りは若潮、干潮が前日の夕方、満潮が午前9時ごろ。潮が動きにくく、あまり条件は良くないかな。タックルはいつもの磯竿改ロッド、メインラインPE0.8号 (12lb)、リーダー・ナイロン20lb (5号)。

バグアンツ3インチ (茶色系) のSTリグをメインにランガンしていく。使い方は、テキサスリグと同様に、シャクリ上げとフォールでのボトムバンプを基本に、着底中やフォール中にシャクっても上下反転しないというSTリグの特徴を活かす為、着底中にシェイクを入れたり、少し浮かして細かくシャクってみたりした。

しかし、たまにフグにかじられる他は全くアタリが無い。気分転換にSIN-ZOベイト (心臓ベイト) の4インチを使ってみたりしたものの、やはり駄目。

SIN-ZOは気分転換程度で止め、バグアンツ3インチのSTリグに戻して続ける。

太陽が姿を出してしばらくした午前6時半頃、着底後にシャクリ上げるとドスンッ!! 待望のファーストヒット!!

おお、結構大きい!? ・・・あれ!?・・・

バレては居ないけど、引いたのは最初の3秒だけで、あとはすすーっと寄ってくる。

20090914_st-rig_hirame.jpg

釣れたのは予想外のヒラメ (ソゲ) 31cm。久々のゲット、今年4枚目!!

シュリンプ系・クロー系のワームでもヒラメが釣れることがあることは知識としては知っていたが、実際に釣ったのは初めて。先日SIN-ZOメインでやったときは釣れなかったのに、ちゃんと居たのか。ちなみに、タモに収まった際にはワームもシンカーも完全に外れてしまい、フックだけの状態であった。

この1枚をキープさせて頂き、納竿とした。

結局、STリグの実力はまだよくわからない。テキサスリグと比べてどれぐらいの利点があるかちょっと疑問にも思うが、もっと実戦を重ねてみないとなんとも言えないかな。

もし試してみてくれて釣果が得られた方がいらっしゃったら、ぜひ掲示板もしくはブログのコメント欄に釣果を紹介して頂けると嬉しいです。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: