2009.09.11

釣り : ショックリーダーのロストを抑える小技

PEラインにショックリーダーは必須だけど、結ぶのには手間が掛かる。根魚釣りでは根掛かりはつきものだが、根掛かりでラインを切った際、リーダーが丸ごと無くなって結び直し、という事態はなるべく避けたいもの。

私が愛用しているSFノットなんかの摩擦系ノットの場合、その結束強度は強力なので、メインラインよりやや弱いリーダーを使っていれば、根掛かりでラインを切った際は、ほとんどの場合、メインラインとリーダーとの結束部ではなく、ルアーとリーダーとの結束部で切れるのでショックリーダーが丸ごと無くなる、ということは少ない。

しかし、根ズレがつきものの根魚釣りにおいては、根ズレ耐性の確保のためにも、細いリーダーは避け、なるべく 16lb (4号) 以上のものを用いるようにしたい。

メインライン PE 20lb+リーダー 16lb ぐらいの組み合わせでバランスが良さそうだけど、重めのシンカーのテキサスリグを使う場合はともかく、心臓リグのようなやや軽めのルアーで飛距離を稼ぐためには、メインラインはもう少し細めにしたい。

そこで私の場合、ルアーとの結束部から10cmぐらいの場所に、エイトノット等で結びコブを作っている。結びコブによる引っ張り強度の低下は結構なもので、メインライン PE 12lb+リーダー 20lb の組み合わせでも、多くの場合、リーダーに作った結びコブの部分で切れる。PE 12lb+リーダー16lbぐらいがベストバランスかな。

しかし、根ズレ耐性は低下しない。根ズレ耐性を維持しつつ、引っ張り強度だけを下げ、切れる位置をコントロールすることができるというわけ。切れて短くなったり、痛んだ部分をカットしたりしつつリーダーを使うため、リーダーは長めに結んでおく。自分の場合は約2mが標準。

ついでに、テキサスリグの場合、シンカーと結びコブの間に穴の径の小さなビーズを挟んでおけば、結びコブがストッパーの役割もしてくれて、シンカーの遊動範囲を制御することも可能。

ただ、根掛かりを切る際は大きな負荷を掛けるので、たとえショックリーダーの途中で切れたとしても、やはりメインラインとの結束部はやや痛む。万全を期すなら、根掛かりごとにショックリーダーを結び直すのがやはり良いとは思う。自分の場合、面倒なので毎回は結び直さないが、3回根掛かりを切ったらリーダーを結び直すようにしている。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: