2009.09.16

釣り : メバル入れ食い!!

20090916_mebaru.jpg

夕まずめキジハタ釣行。いつもの新湊の波止&テトラ帯に午後5時過ぎ着。北風がやや強く、波気は中、濁り中。

東西に延びるテトラ帯に入ると向かい風で釣りにならないので、北向きに延びる波止の横のテトラからルアーを投げてみる。横風の中、なんとかキャストすることはできるが、PEラインは大きく風にあおられ、10gシンカーのテキサスリグでも着底はさっぱりわからない。30カウントほど数えれば着底してるかな? 見たいな感じでしばらくやってみたが、ちゃんと操作できてる気がしなくて面白くない。元々テトラ帯に入らないと勝算は薄いし、釣れる気がしない・・・

そこで、幸いにも今日は青イソメを持ってきていたので、餌釣りに切り替える。

ロッドは愛用の磯竿改ロッド (2.7m)1本しか持ってきていない。ついでに既に暗くなってきて穂先もラインも良く見えないのに、電気ウキもケミホタルも無い。

とりあえず4号のショックリーダーの先に1.5号のハリスを結び、チヌ針の3号をセット、ハリスに5Bのガン玉を2個打ち、落とし込み・前打ち (というかミャク釣り) の要領でやってみる。糸を張りつつロッドの操作でゆっくりと仕掛けを沈めていき、アタリは手元で取る。

まずは波止のテトラが無い側に落とし込んでみる。アジらしきアタリが頻繁にあるが、針が大きすぎるのかなかなか乗らない。

今度は波止のテトラが入っている側に落とし込んでみる。すると1発でヒット!! 引きの強さこそ大したことは無いものの、ライトロッドをしっかり曲げて元気いっぱい泳ぎ回って楽しませてくれたのは20cmぐらいのメバル。

同じ場所に再度落とすとまたヒット、同サイズを追加!! こんな感じで3回に2回はメバルがヒットしてくる入れ食いモードに突入、20cm前後のメバルを7匹釣ったところで納竿とした。入れ食いモードはまだ続いていたし、餌も残ってたけど、おかずは充分に確保したので満足。

帰宅後すぐに塩焼きにして食べたけど、さすがに美味かった。

メバルのシーズンはまだ先だけど、餌釣りとはいえこんなに釣れることもあるんだね。状況によってはルアーでも釣れるんだろうか。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: