2009.10.28

釣り : メタルジグでヒラメ (ソゲ) 31cm!

20091027_hirame.jpg

昨晩は太平洋側を台風がかすめた影響で強い北風が出て海は荒れたが、今日は風もおさまり、ウネリも少し残る程度。午後から新湊の波止に行ったが、幸いにも堤防先端を確保することに成功。

狙いはフクラギ (イナダ) だが、気配は無い。隣で投げサビキやってる方は、アジすら釣れていない。フクラギは来るとしたら午後4時~午後5時ぐらいかも。フクラギ待ちの間は、例によってメタルジグのワンピッチジャークで底を探ってヒラメ狙い。

先日壊れたショアジギング竿はまだ修理しておらず使えないので、シーバスロッド・シープローラー902に20g級のメタルジグを付けて使用。割と柔らかいロッドなので、ジグの操作の操作性はよろしくないが、魚の引きを楽しむには良いのかな。

1時間近くが経過してもアタリはないし、堤防先端を確保し続けるためには動けないので、探れる範囲は一通り探り尽くした。

そこで気分転換にアクションを変えてみる。ジグを遠投後着底したら、3段ほどに分けて大きくシャクり上げた後、糸を張らずにフリーフォールさせる。こんな感じでロングジャークとフリーフォールを繰り返す。横の動きは控え目に、縦の動き主体のアクション。ヒラメはフォールで喰うことが多いらしいので、フォールを長めにかつ何度も見せてみる作戦。なんかもしかして船釣りっぽいアクション・・・なのか? 船でのジギングはやったことないけど。

ワンピッチジャークで泳がせて来る場合と比べボトムとのコンタクトが多いので、根掛かりが少々心配ではあるが、テールのトレブルフックを外し、アシストフックのみを用いた場合は比較的根掛かりはし辛いので強気の攻め。

このアクションに切り替えて5投目ぐらいだっただろうか。

ずんっ! 根掛か・・・ぷるぷる! キター!!

冷静に追い合わせを入れたらあとはゴリ巻きっ!! 当たった瞬間はずっしり重かったが、浮き始めると重みはあるがさほど引かず、素直に浮いてくる。この感じはヒラメだろう。沈みテトラに注意しつつ浮かせ、引き抜いて無事ゲット、31cm!! ソゲサイズではあるが食べ頃キープ!!

ワンピッチジャークで何度も通した場所だったけどあんた居たのね~! ソゲサイズだけど貴重なヒラメ、自分なりに考えてやってみた作戦がうまくハマったのが何より嬉しい!!

ヒットルアーは安いけどちゃんと釣れるメタルホーク18g。テールのトレブルフックは外して2本針のアシストフックを付け、うち1本は小さいタコベイトで装飾。このタコベイトの付いた針をぱっくりいってました。タコベイト付きアシストフックを付けたメタルジグって、ちょっとインチクっぽいですな。いっそ、もっと大きいタコベイト使っても面白いのかも。

この後はアタリはなく、フクラギは結局その気配は全く無しのまま薄暗くなって納竿でした。

20091027_hirame_sasimi.jpg

さっそく姿造りのお刺身にして食しましたよ。美味い。しかし、エンガワは部分的にしか取れなかったし、切断面も綺麗ではない。まだまだである。上手く切れんなぁ、包丁磨がねば。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: