2009.10.29

釣り : 伏木一文字堤でまたも惨敗・・・でもメタルジグで珍釣果も?

20091029_oki1.jpg

いつもは忙しく、休日もなかなか休めない友人が、たまたま平日に午後から時間が空いたので釣りに行こうという話に。だが、最近あまり状況はよくない。アオリイカもフクラギもキジハタも渋い。そんな中でも釣果を求めるなら、伏木一文字堤 (伏木沖一文字) に行くしかないよなぁ。よって国分港の浜八渡船さんを利用して行ってきたんですが・・・

午後2時過ぎぐらいに出航できればいいな、という感じだったのですが、残念ながら友人の都合がうまくつかず少々遅れ、結局午後3時過ぎに。

風も無く波もおだやかですごし易い絶好の天候ではあるものの、潮周りは長潮・若潮過ぎの中潮、あまり良さげではない。まあ、友人は私と違って釣行日を自由に選べるわけではないので仕方が無い。

希望は堤防の東側端だったのだが、残念ながら工事中で登れないということで、西寄りの船着場に上陸。今日用意したタックルは、ライトジギング用の硬めシーバス竿1本、エギング・ライトジギング兼用の柔らかめシーバス竿1本、エギング竿1本、2号磯竿1本。

海の様子を伺うと、フクラギ (イナダ) の気配はない。ということでとりあえずは、エギングでのアオリイカ狙い。今日同行の2人は2人とも釣りは初心者で、エギングははじめて。一通りやり方を教えて、シャクっててもらう。

堤防先端が空いていたので様子を見に行くと、ボコッ、っと稀に単発ボイルが。そのうち、1匹が頭を覗かせた。ちょっと小さいがフクラギのようだ!

さっそく30gのメタルジグを投げてみるが反応は無い。20gに落しても駄目。稀に単発ボイルがある程度だと、ちょっと食い気が低くメタルジグでは厳しいか!?

だがそんなこともあろうかと。

今日は2号磯竿、サビキ、アミエビを用意してあるのだ!
活かし用のバケツとブクブクも準備万全!
サビキでアジ釣って、活アジを餌に泳がせ釣り!

さっそく浮き付きのサビキ仕掛けをセットし、コマセカゴにアミエビを詰めて・・・その第1投目だった。

着水後すぐに、サビキ用のウキが沈んでいく。サビキ用としては小さめのウキなので、アジが何匹かかかるだけでも沈んでいくのだが・・・何気なくアワせると・・・

ぐいぐいぐいーっ!!

いきなりデカイ! フクラギがサビキに掛かったアジ喰ったか・・・!?

ぐいぐいぐいーっ!! チリチリチリ・・・

ドラグが引き出される・・・全く浮いてこない・・・そして・・・・

・・・根に潜られた・・・orz

どうやらキジハタだったようだ。仕方なく根掛かりを引き切り、サビキ仕掛けとコマセカゴをロスト。

困った・・・サビキの予備はあるけど、

コマセカゴの予備は持ってきてないよ・・・orz

しょうがないので、コマセカゴ無しでサビキ仕掛けを付け、底側にはオモリ代わりに小さいメタルジグを付ける。そして、仕掛けを投げたら、アミエビを手で丸めて放り投げ、アミエビが着水した周辺でサビキをシャクってやる。1投1~2匹づつだけど、なんとか小アジが釣れてくる。

しかし、冒頭でも述べたように、出航は午後3時過ぎだった。もう薄暗くなってきており、これ以上暗くなればフクラギは厳しい。時間が無い・・・

そんな中で、2度ほどフクラギらしきアタリがあった。サビキに掛かったアジか、サビキの底側のメタルジグを喰ったのだろうが、残念ながらバレてしまった。待っとれフクラギ!!

必要分の小アジを確保し、フクラギ用の泳がせ仕掛けに切り替え・・・第1投・・・!

もはやフクラギの気配なし・・・orz

それでも、ウキが気持ちゆっくり引きこまれていった。おそらくはアオリイカだろう。少し待ってアワせたが乗らず。アジは頭が少しかじられていた。

もう1投・・・またもウキがゆっくり引きこまれていったが、同様に乗せられず。

アオリイカが来るのは想定していたので、今日使っているフクラギ仕掛けはアオリイカ・青物兼用のリュック針という仕掛け。アオリイカと青物の双方に対し高いフッキング率を発揮する逸品らしいが・・・うまくいかんもんだなぁ。

その後はアタリはなくなり、そして暗くなった・・・。ウキはもはや全く見えないが、

電気ウキもケミホタルも無いよ・・・orz

明るいうちに釣って、暗くなったら帰るという当初予定だったので、夜戦突入の準備はしてなかったのだ。

こうなったら、エギングに切り替えるのが得策かもしれないが、エギングに使える竿は2本とも同行者が使っている。同行者も今のところ釣果無しなので、とりあえずそのまま釣っていてもらいたい。

仕方が無いので、糸を張り気味にして、手元の感覚でアタリを取る形で泳がせ釣り続行。アオリイカのアタリはわかるかなぁ・・・!?

しばらくして、くくっという反応を手元に感じてアワせた!

ぐいぐいーっ!!

・・・

・・・根に潜られた・・・orz

またもやキジハタだったようだ。仕方なく根掛かりを引き切り、今度はサビキ浮きをロスト。リュック針の予備はあるが、もはや泳がせ釣りは続けられない・・・。

少しアミエビが残っているので、アミエビを足元に巻き、浮き無しのサビキ仕掛けを付けてシャクってみる。アジ釣れない・・・。しばらくアタリも無いまま続けていると・・・

ガッツーン!!

なんか知らんがデカイの来たわ~~!! なんとか強烈な引きを凌いで無事浮かせ、タモ入れにてこずりつつもゲット成功!!

20091029_oki1_mejina.jpg

良型メジナ、29cm!!

・・・ん!? あんたそれ

何メタルジグなんて喰ってんですか・・・!?

若干スレ掛かり気味ではあるけど、口付近にメタルジグのテールフックがフッキングしてます。サビキ仕掛けの底に付けたメタルジグではあるけど・・・これはこう宣言して良いのだろうか・・・?

メタルジグでメジナ釣れた!!

・・・と。ちょっとググってみると、ルアーでメジナが釣れることは稀にではあるがあるようだが。

この後、少しエギングをやったけど、同行者は明日仕事と言うことで長居はできず、アタリが無いまま終了。今回は時間がやや遅れたのは仕方なかったとはいえ、仕掛けの予備が無かったり、電気ウキが無かったり、準備不足に泣きました orz 加えて、大き目のキジハタが想定される場合の泳がせ釣りは、2号磯竿ではパワー不足なのかなぁ。

同行者2名は結局坊主でした。とはいえ、周り中海の沖堤防は、ただのんびりするのにも気持ちの良い場所。その雰囲気は楽しんで頂けたようです。

自分たちの他にも、2人組みのエギンガーが来てましたが、やはり渋い状況だったよう。そんな中でも、うち1人は胴長20cmの良型アオリイカを見事ゲットされてましたよ。

さて、今年は何回かこの伏木沖一文字堤に上がっているものの、春にセイゴを3匹釣った他はめぼしい釣果には恵まれていない。フクラギが本格的にシーズンインした頃に再挑戦したいなぁ。工事もそろそろ終わり、東側端にも入れるようになるみたいだし。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: