2009.10.05

釣り : エコギアアクアでキジハタ

20091004_ega.jpg

その存在を知って以来、発売を心待ちにしていたエコギア (マルキュー) の新型ソフトルアー (ワーム) ECOGEAR AQUA (エコギア アクア) がついに発売された。餌に極めて近い素材のソフトルアーで、集魚力に優れ食いが良く、魚が飲み込んでも無害で、根掛かりロストしても自然分解されるという生分解ワーム。ガルプ (Gulp) のエコギア版って感じ? まずはバグアンツ3インチからの発売。型そのものは従来のバグアンツと同一の金型を使っているらしい。

浜八渡船さんとアングラーズ富山店さんのブログで入荷を確認。他の店にも入ってるかな、ということでまずはパワーステージ高岡店に行ってみたが、入荷なし。というか、店員の方に聞いても「何それ? エコギアの新製品?」みたいな感じで存在自体知らなかったらしい。次いで同じく高岡のエキスパートに行ってみたが、こちらも入荷なし。店員の方に聞いてみたら、もうキジハタシーズンも終盤だからなのだろうか、今回のバグアンツ3インチは入荷予定は無く、追って発売予定の対メバル用のものから取り扱っていくという。その後浜八渡船さんに行ってようやくゲット。入荷当日の午後だったが、入荷量が限られているということもあって、もうだいぶん数が減ってしまっていた。

1パック6個入り750円を2パック購入。発売記念特典で、2パック買うと専用携帯ケースであるアクアストッカーが付いてきた。エコギアアクアはガルプ同様に液体に浸かった状態で売られており、その液体ごと携帯する必要がある。しかしガルプに比べて液体の量が多いこともあって、その小売りケースにはチャック等が付いておらず、液漏れしない携帯ケースを別途用意することが必須。アクアストッカーはパッキン付きで、4方向からがっちりロックできるようになっており、その密閉能力は高い。とはいえ、過信はせずに、バッグの中で横になったりしないようにしたほうが無難だろう。

浜八渡船の店員さんは、全然違う! と嬉々として言っていたが、果たしてその実力はどうだろうか。

10/5現在、高岡市周辺でのエコギアアクアの入荷状況 (個人的に確認できた限りで)

  • 浜八渡船 (浜八釣具) - 入荷あり
  • モリナガ酒釣具店 - 入荷あり
  • エキスパート - バグアンツ3インチは入荷予定なし、メバル用ワームから入荷予定
  • パワーステージ - 入荷なし
  • 上州屋 高岡店 - 入荷なし
  • フィッシング新田- 入荷なし

発売日当日のキジハタ釣行

北風が少々あり濁りは大きかったものの、幸いウネリは無く東西に延びるいつもの新湊のテトラ帯に入れる状況だった。潮周りは大潮、満潮午後2時半、干潮午後8時半。

タックルはエギングロッドにPE0.8号 (12lb)+ショックリーダー・ナイロン16lb、10gシンカーのテキサスリグ。

午後6時から2時間やったものの、残念ながら2度根掛かりロストしただけでノーバイトで終了。

その翌日

よく晴れて南風。当然波は無く、濁りも取れている。潮周りは大潮、満潮午後3時過ぎ、干潮午後9時頃。前日同様の新湊のテトラ帯で午後6時頃開始。タックルも前日同様。オーソドックスにボトムバンピングで探っていく。

そして開始から4~5投目、アタリがあって合わせたけど乗らず、そのままフォールさせたらまた食ってきて今度は乗った! こうやって追い食いしてくれたのはエコギアアクアの威力か!?

20091004_ega_kijihata.jpg

キジハタ27~28cmぐらい。最近渋い中での貴重な釣果! 磯竿改ライトロッド (2.7m) であれば結構ドキドキするサイズだが、エギングロッドだと苦もなく上がってきて引き抜きも余裕。とはいえ、それなりに引いてくれて楽しかった。これはリリース。

しかしその後は続かず・・・

20091004_ega_dmg1.jpg 20091004_ega_dmg2.jpg 20091004_ega_dmg3.jpg

何度もフグにボロボロにされる。しかしこの食いっぷりは凄い。単にかじってみた、という感じではなく、明らかにバクバク食いに来ている。餌に極めて近いというエコギアアクア、餌に近いゆえに餌取りに弱いという餌同様の欠点をも持っているようだ・・・ (^^;

結局、午後8時まで2時間ランガンして、キジハタらしきアタリは最初にゲットした1匹のみ。他に、タコが抱きついたように重くなったことが1回あったがフッキングせず。そしてフグにボロボロにされること3回、根掛かりロスト1回。最初の1匹を釣り上げた際にはワームは針から完全に外れてしまっていたので、それも含め計5個を消費。

6個入り1パック750円とやや割高であることもあって、ちょっと高くつくなあ。餌に近い、というのはフグの食いっぷりから見ても確かなようだし、最近渋い中での貴重な一匹にも出会うことができたが、これさえあれば他のワームはもう要らない、というような代物でも無いようだ。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: