2009.10.14

釣り : 今シーズン初のアオリイカ

20091014_aori.jpg

富山県東部のほうでは、台風の後にキジハタ爆釣したなんて話も聞く。富山湾ではキジハタはこれからが大物釣りのシーズンで、ごく最近50cm近い型が上がったなんて話も聞く。しかし私はというと、8月中旬に最後の30cmオーバーを釣って以後は下り坂、特に最近はアタリすらない日も多い。

ずっと同じ新湊のテトラ帯ばっかで釣ってたんだけど、これだけ駄目ならそろそろ新規開拓を、というわけで明るいうちに何ヶ所か見に行ってみた。

まず新湊マリーナの北のテトラ帯・・・見上げるほど高い堤防に、大きなテトラがうず高く積まれている・・・。少し竿は出してみたが、高いところがあまり得意ではない私にはやっぱり厳しい。ということでさっさとやめた。ここにはもう来ないだろう。

次いで、その近くの海老江T字堤。テトラは小さめで歩き易いけど、思った以上に狭いし、浅い。あんまり良い印象は持てなかった。

3ヶ所目、建設中の新湊大橋の東岸 (越の潟の対岸)。小型テトラが綺麗に詰まれた小さな突堤から投げてみる。ここはやたら深い感じ。10m超えてそう。だけど、小さな突堤なのですぐ探り終わっちゃう。キジハタの場合、一ヶ所でずっと粘る気にはあまりなれないし。

この付近だと、富山新港東堤がやはり良いのかな。テトラが大きすぎなくて比較的歩き易いし。でも今年初めに釣り人の死亡事故があったので、今年いっぱいは行かないことに決めている。

岩瀬や奈呉の浦のデカテトラ帯はいかにも釣れそうだが、怖くて乗る気は起きない。

結局その後、いつものテトラ帯に行った。すっかり暗くなった午後6時半から駄目もとでキジハタ狙い。台風による濁りはもうずいぶんマシになっている。風はなく、水面は鏡のようなベタ凪。

エコギアアクア・バグアンツ3インチのテキサスリグでランガンしていくも、エコギアアクアの力をもってすら全くアタリはない。うーん。

こんなときの気分転換にエギング。濁りは小だしいけるかな? 午後8時前にエギに付け替えて、数投目。遠投してシャクリとフォールを繰り返しながらすぐ近くまでエギを寄せた後のフォール中、ぐいーんぐいーん! 抱いた! すかさずアワせ、見事今シーズン初のアオリイカ・ゲット! 胴寸13cm、大きくはないが食べ頃サイズ。

今年はアオリイカが渋いらしいので、貴重な釣果なのかな。ヒットエギはダイソーのエギオレンジ3.0号 (今年の新作ダイソーエギ「エギスパート」ではなく以前からある奴)、何でも手を加えたくなる私なので、油性マジックで模様を描き足してある。その後、エギをローテーションし、足場も移動しつつ2時間近く粘ってみたが、2杯目は結局釣れず。

ちなみに、エギング初挑戦だった昨秋の釣果は1杯だけ、だったので今回釣ったのが人生2杯目だったりもする。ただ、去年の1杯は胴寸18cmという結構な良型ではあったが。

去年もそうだし今年もそうだが、私はあまりエギングをやらない。その理由は単純で、イカをあまり食べないからだ。イカが嫌いというわけではないが、イカソーメンでも数切れ食べれば結構満足しちゃう。

ということもあって、去年、エギングをやるつもりはなかったんだけど、結局やってみたくなってしまったのは、他の人がアオリイカを釣った瞬間を初めて見てから。釣り上げたばかりのアオリイカがあんまりにも綺麗で、その美しさに惚れてしまった。

その美しさは、なかなか写真では再現できない。一番綺麗なのって、釣り上げた直後の2~3秒だけ。透き通っていて本当に綺麗。でもカメラ出してるわずかな間で透明感は失われ、白っぽく変色してしまう。でもたとえうまくその瞬間を撮影したとしても、カメラを通して見たのと、肉眼で直接見るのとはやはり違う。あの美しさは、釣った本人と、それをたまたま近くで見ていた人だけが味わうことができるもの。釣り人の特権という奴だな。

今回新規ポイントを見て回っている中で、カタクチイワシらしき小魚の群れを確認できた。カタクチイワシが接岸すると、フクラギ (イナダ) の接岸ももうすぐだろう。

フクラギを楽しみにしつつ、もう少しキジハタをがんばってみて、その気分転換に少しエギングも、という感じかな、この先1~2週間ぐらいは。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: