2009.10.22

釣り : エソの刺身

20091022_eso.jpg

午後から新湊某所でフクラギ狙い。いつもの波止とは別の波止。今日は沖のほうに鳥山が立ち、波止の近くでもナブラが散発していた。ただし、そのナブラは波止の先端方向のみで発生しており、先端に陣取らないと狙えない。しかしどこの波止も先端は人気で、既にウキ釣りでフクラギを狙っている人が何人か入っており、満員。

先端からやや離れた場所で投げてたが、速巻き中にショートバイトが1回だけあった。ナブラが立ってない方向に投げてても釣れる可能性はあるようだ。先端で釣ってた人たちは、そのうち2人が1本づつフクラギを上げていた。

やや暗くなってくるとナブラも見られなくなり、堤防先端に陣取ってた人たちが引き上げ始めたので、先端を確保できた。でもナブラが見られなくなってテンションは下がり気味。数投だけ速巻きやったら、例によってあとはスローなワンピッチジャークで底を探る。この釣り方は主にヒラメ狙いだが、フクラギもかからんこともないだろう。ヒラメかフクラギ・・・、ヒラメかフクラギ・・・。

2~3投目、着底後にシャクりはじめて間もなく、竿が曲がる! 乗った! しかし巻き上げ始めるとすぐバレてしまった。竿がしっかり曲がったので完全に乗ったと思い込んでしまい、追い合わせを入れなかったのが原因だろう。昨シーズンもこれで貴重なヒットをバラしたことが多かった。

それからまた2~3投目、また竿が曲がる! 今度は追い合わせもしっかり入れた!!

ぎゅい~~ん!!

コイツは走る、走る!! すっげー引く!! ヒラメかフクラギ・・・、ヒラメかフクラギ・・・。ヒラメじゃないからフクラギ!!

「多分、フクラギ!!」

隣でエギングやってた人が何掛かったか聞いてきたので、嬉々としてそう宣言する!! 満面の笑顔でゴリ巻きっ!! だがこれは結局、

45cm超のエソ!

であった・・・。そういやコイツも居るんだった(アセアセ 様子を見てたおっさん達が口を揃えて笑う・・・

「カマボコ!」

「カマボコッ!!」

「カマボコーw」

だが、釣った本人としては普通に嬉しいのだ。骨が多いので調理にはちょっと手間がかかるが、カマボコの材料としては最上級とされる美味しい魚。めっちゃ引いてくれたし、多分自己記録サイズだし。

20091022_eso_sashimi.jpg

あんまりみんながカマボコカマボコ言うから刺身にしてみたぜ。エソを刺身にするのははじめて。普通に3枚におろした後、骨を拾わないように少しづつ身を削いでみた。骨だらけでわけわからず四苦八苦。45cmもあるエソから採れた刺身はたったこれだけ。刺身にできなかった部分は普通にカマボコにしちゃいます(アセアセ

初めて食すエソの刺身、美味いじゃないか。クセの無い淡白な味、ちょっと個性に欠ける印象もするが上品だ。そして、やわらかく、ねっとりもちもちとした食感が独特で面白い。手間はかかるが、試す価値はあるますよ!

今日はこんなのも釣れた・・・

20091022_eso_aji.jpg

30gのメタルジグよりやや大きい程度のアジ。スレ掛かりというよりは、アタックしてきて掛かった感じ。アシストフックの装飾の小さいタコベイトを狙ってきたのかな?

エソの引きは楽しかったし、フクラギを狙えるポイントを新規開拓できたのは収穫だった。このポイントで未明出撃で先端確保して再挑戦してみたい。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: