2009.10.23

釣り : サゴシ (サワラの子)

20091023_sagoshi.jpg

先日午後に下見したポイントの堤防先端を確保するため、朝の出撃、午前6時過ぎ着。既にだいぶ明るく、少々出遅れたので最先端部は既に先行者が入っていたが、堤防先端の左側を確保することに成功。風は弱くウネリが少々あり、透明度は良し。鳥山、ナブラは確認できず。

メタルジグを投げ、早巻きしてくる。2~3投目、いきなりのヒット!

やった! フクラギ (イナダ) か!? ・・・あれ???

・・・引きが弱い・・・!

ということで釣れたのはわずか43cmのサゴシ (サワラの子)。サゴシは50cmクラスが普通なので、これは小さい。自己最小記録だ。とりあえずキープし、手早くエラ蓋からナイフを入れて脊髄をカットし血抜き、次いで腹も割いて内臓も出しておく。

午前7時前後になって沖で鳥山が立ち、割と近くでもナブラが散発するようになった。しかしナブラまでの距離は目測で200~300mほど、とても届かない。その鳥山やナブラも長くは続かず、やがて水面は静かに。

堤防最先端に入っていた人はアジ泳がせでのフクラギ狙いだったらしいが、アジが全く釣れず惨敗だったようだ。んー、午後から夕方にかけての方が良いのだろうか。

その後、ヒラメも狙ってみたがヒットは無く、結局サゴシ1匹だけ。

サワラは漢字では鰆と書くように、春によく釣れる魚だが、味の旬は冬だ。春には痩せてて油が少ないサワラだが、冬にはやや太って油も乗り、寒サワラとして珍重される。去年暮~今年初めの冬季には寒サワラもとい寒サゴシが堤防からよく釣れたが、フクラギに負けないぐらいの力強い引きで、食味もよく、楽しませてもらった。

秋にサゴシを釣ったのは今回が初めてだが、冬のサゴシに比べると引きは全然弱いみたい。味のほうも冬ほどではないのだろうが、味噌漬けにして焼いておいしく頂くとしましょうか。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: