2009.10.25

釣り : 厄日・・・!!

20091025_yakubi_line_break.jpg

午前6時ごろ第1ポイント着。さすがは日曜日、釣り人らしき車がうようよ。堤防先端は満員だ。できればフクラギ (イナダ) を狙いたいが、このポイントでは堤防先端に入らないと勝算薄い。さっさと別のポイントに移動。

午前6時半ごろ第2ポイント着。第1ポイントほど混雑はしていないが、やはり堤防先端は入れそうもない。しかしここなら先端部じゃなくてもフクラギは狙える。

とはいえ、ボイル、ナブラ、鳥山等、フクラギの気配はない。数投速巻きしてみても反応は無い。気配が無くても釣れるときは釣れるが、今日はその気になれない。

ということで本日のメインターゲットをヒラメに切り替える。せっかくなのでテトラ帯に入り、テトラ帯を幅広くランガンしてみることにしよう。メタルジグのスローなワンピッチジャークで底を探っていく。

ジグを近くまで寄せたら、沈みテトラでの根掛かりを避けるためにあとは普通に巻いていく。すると、水面近くでツンという反応が。見るとでっかいダツがジグをつっつきに来ている。エソはともかく、ダツはご免被りたい。調理次第では美味しく食べれるのだが、身が少なくて手間の割に合わない。

幸い、触った程度でヒットはしなかったが、この後も何度かダツが追ってくるのを目撃した。それ以外は何の反応も無く、時間だけが過ぎていく。だが今日はまじめにヒラメ狙い、いつもよりがんばって続けてみる。

午前9時前になって、テトラ帯の奥のほうでたくさんの小魚がジャンプ (ボイル) した。おそらくはフクラギに追われているのだ! そのボイルは単発で終わったが、しばらく様子を見ていると、なかなかの規模のナブラが立った! 目の前まで移動できればメタルジグの射程内だ!

いつもは入らないようなテトラ帯の奥だが、今日はがんばって行ってみる。とはいえ、無理をすれば死に繋がるのがテトラでの釣り。慎重に足場を選びながら進み、危険を感じたらあきらめることが大事。幸い、いい感じに足場を選んでいけて、目標地点まで到達。

だがナブラがそう長く続くはずも無く、時既に遅し。しばらく観察してみたが、再度ナブラが立つ気配はなかった。

ナブラやボイルが見られなくてもフクラギが釣れることはある。しかし今日は速巻きする気になれず、やっぱ今日はヒラメ狙い、ということで引き続き底を探っていく。

ジグを遠投、着底、いったん跳ね上げ・・・ぐんっ! お!!?

・・・根掛かりだった orz ドラグをフルロックし、ロッドとラインを平行にしつつ引っ張ってラインを切る。

うにょーん

なんか妙に伸びる・・・ショックリーダーはナイロンだが1m程度なので、リーダーの伸びにしては伸びすぎな気も。ロープか何かにでも引っ掛けたのだろうか。

なんとか切ったが、メインラインが25lbともなると根掛かりを切るのも結構大変だ。

メタルジグは1個300円ぐらいの奴。加えて、2本針のアシストフックは、制作費が1セット200円超。1ロストで損害は500円分を超える。ロストは覚悟の上での底狙いだが、結構痛い。

リーダーを結び直し、数投すると今度はキャスト時にラインがガイドに絡まり高切れロスト・・・。またも500円が・・・orz

・・・ここまでは別に普通にある話なのだが・・・

気を取り直してショックリーダーを結び、ジグをセットしてキャスト。その1投目、着底してから巻き始めた直後・・・

フ・・・

ジグを引くテンションが不意に消えた。水面を見ると、ラインが切れて漂っている。それも、すぐ足元の位置で切れたようだ。本日3個目のジグロスト。そして、30gのジグをフルキャストすれば50mは飛ぶ。その直後にすぐ足元で切れたので、高価なPEラインを50mもロスト・・・orz

ラインが切れた部分を確認してみると、冒頭画像の通りのギッザギザになってる。何度か顔を見たダツが思い浮かぶ。あのギッザギザの歯の歓迎できないお客さん・・・

通りすがりのダツにライン切られた・・・!?

そんなことってあるのかよ orz

だがメインラインは150mある。これまでにリーダー結ぶ際などに少しづつカットしてきているが、今日の50mロストの後でもまだ100m近くは残っている。大丈夫、釣り継続可能。

改めてリーダーを結び直し、ジグをセットしてキャスト。またもその1投目だった。巻き始めた瞬間・・・

フ・・・

!?? 今度は、明らかに穂先の部分でメインラインが切れている。ガイドに絡まったりはしなかったはずだが・・・切れた部分はやっぱりギッザギザ。でも、水中で切れたわけじゃないからダツは犯人ではない・・・。

ここではじめてロッドに異常があるのでは!? と気付き、各部を点検する・・・

20091025_yakubi_guide_break1.jpg 20091025_yakubi_guide_break2.jpg

トップガイドのガイドリングがボッロボロ・・・orz

切れたラインは長いので、ラインが漂っているであろうあたりにジグを投げてやれば回収できるかもしれない。ラインは使い物にならないだろうが、ジグだけでも回収したい・・・

そう思ってガイドの傷に気をつけつつ安物ジグを投げてみたが結局うまく行かずこのジグもロスト。本日5個目。

加えて、メインラインを100m以上も失い、もはや充分な量のメインラインは残っていない。PEライン150m 2700円、まだそれほど使い込んでいない新しめのラインだったのに丸ごとロスト・・・。今日のロストの合計金額は5000円を超える・・・orz

20091025_yakubi_rod.jpg

今日使っていたロッドは、TIGA Velezza 9F というよくわからないシーバスロッド。昨年春、何も考えずに釣り具屋に何気なく置いてあったそれを購入したもので、5000円ぐらいの代物。生まれてはじめて買ったルアーロッドだ。で、買ってから気付いたが、このシーバスロッド、詳細がどこにも書かれていない。対応ルアーウェイト、対応ラインポンド数、いずれも記載されていない。箱にも説明書きの紙にもない。ネット検索でも情報は全然見つからない。

使っていくうちに、35gまでのメタルジグなら問題なくフルキャストでき、40gになるとちょっと辛い感じであることがわかってきた。そして、シーバスロッドと謳われているにも関わらず穂先が固すぎ、感度が悪く、ミノー系のルアーの操作にはまるで向かない。その代わり、メタルジグをシャクルのには適している感じで、フクラギには最適な強さのライトショアジギングロッドと言えそう。ということで、後日しっかりシーバス用に使えるシーバスロッド・シープローラー902を購入して以後も、ショアジギング用に愛用してきていた。

おそらく今回壊れたトップガイドはPEラインに適したSiCガイドなどではなく一般的なハードガイドなのだろうが、ハードガイドでPEラインを使うと削れる場合があるなんて話は聞いたことがあった。削れたというよりは割れたと言う感じだが、その話は本当だったと言うことなのだろうか。

いや、このロッドはかなり使い込んだロッド。これまでは全く問題なかったのに今日割れてしまったので、単にパーツの寿命だと思いたい。これまでお疲れ様。

安物ではあるが愛着あるロッドなので、トップガイドだけSiCガイドに交換してまだ使って行きたいと思う。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: