2009.10.31

釣り : サゴシ恐るべし&良型アオリイカ&チワワ・・・!?

20091030_aori_broken_hook.jpg

午後4時頃に新湊のポイント着。西風がややあるがウネリ、濁りは無く釣り易い状況。潮周りは中潮、満潮午後0時40分、干潮午後6時40分。例によってフクラギ (イナダ) が欲しいが、今の状況ではベイトは小さなカタクチイワシらしい。30gクラスのメタルジグではちょっとサイズが合わず勝算低いかも、ということで、20gのジグを使ってみる。

まずは波止先端で数投、反応なし。今日はテトラ帯に入るつもりで来ていたので、さっさとそうすることに。波気もあってフクラギの気配はよくわからないが・・・テトラ帯に入って数投・・・反応なし。ずんずんと奥に入り、2ヶ所目の足場での1投目、着水後、10カウントほどで巻き始めると・・・

ずんっ!!

数巻きでいきなりヒット!! ドラグを引き出されるほどではないが良い引き!! これはフクラギじゃね!?

しかし足元まで寄せてみると、サゴシ (サワラの子)でした。少し前に釣った40cm級とは違う、50cm級のまともなサイズ!! 本命ではないとはいえ、これぐらい引いてくれると楽しい!! だがその姿を確認して間もなく・・・

フッ・・・

バレた・・・orz メタルジグを確認してみると、なんとジギング用アシストフック専用の頑丈なラインがブチ切られていた。 サゴシの歯恐るべし・・・。

その後はアタリはなく、薄暗くなってきたので午後5時ごろにエギングに切り替え。20g程度のメタルジグなら、エギングにも兼用できる柔らかめシーバスロッドで充分なのが利点だ。

日暮れとともに西風もおさまり、水面は良い凪。とりあえずは足場は変えずに、エギをローテーションしつつシャクっていく。1個目・・・反応なし。2個目・・・反応なし。3個目・・・30分ほどが経ち、なんか微妙に疲れたので、投げたエギをぼーっと放置し、思い出したかのようにシャクってはまたぼーっとしてる。・・・ずんっ!!

案の定根掛かった・・・いや寄ってくる!!

20091030_aori1.jpg

ちょっと写真の角度が悪くてそうは見えないが、胴長18cmの良型アオリイカ!! 今シーズン最大で、自己最大と同等サイズ。やる気なしモードが吉と出た!! ヒットエギは5個800円の安エギ3.0号 (ピンク)。

これで今日のパターンは底ネチネチか!? と悟り、カラーチェンジ後、同様のパターンで・・・

20091030_aori2.jpg

胴長14cmを追加!!

その後は足場を変えたりしても反応は無く、午後7時納竿。サゴシのバラシは残念だったけど、良いイカ釣れたので満足!!

堤防の方でイソメで五目釣りしてた兄と合流すると、堤防の方では他のエギンガーが胴長20cmクラスを上げたという。

帰ろうとして駐車場を出ると・・・危ないっ!! すかさずハンドルを切りつつブレーキ!

飛び出してきたチワワを轢きそうになった・・・首輪も無いし、捨て犬なのかなぁ・・・

20091030_aori_dog.jpg

とりあえずは当面我が家で面倒を見ることに。既に猫5匹が居るので、長期的に面倒を見るのは難しいが・・・

保護した地点は具体的には、富山県射水市の海王丸パークの駐車場出口。時間は午後8時過頃でした。

既に動物病院で見てもらったのですが、やや年老いてはいるものの、体重は適正で外見上は健康状態に問題なし。性別はメス。大人しく、人見知りもしないようで、餌を与えたらちゃんと食べてくれましたし、座椅子でくつろいでます。

動物病院の先生のお話では、猫の里親はなかなか見つからないものの、犬の場合は割と見つかりやすいそうで、特にチワワは人気犬種なので希望は持てるそうだ。健康とはいえ既にやや年老いており、せっかく家族として迎えてもちょっと短い付き合いになってしまうかもしれないが、それでも愛情を持って面倒を見てくれる良い里親さんが見つかることを祈りたい。

もし責任を持って終生飼育して下さる方がいらっしゃいましたら、 までご連絡頂ければ幸いです。

10/31 追記

さっそくですが高岡市内の方から連絡があり、近く見に来たいということでした。まだ引き取って頂けるかはわかりませんが、とてもありがたいことです。

11/1 追記

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: