2009.11.07

釣り : ジギングでホウボウ、エギング惨敗!

20091106_houbou.jpg

午後4時半から新湊のテトラ帯でジギング。残念ながら単発ボイルすらなく、青物はお留守のよう。青物狙いの速巻きではアタリなく、底でスローにワンピッチジャークしてたらホウボウ釣れた。20gのメタルジグにて。先日も釣れたし、ショアからのジギングでも結構普通に釣れるんだろうか。リリース。

暗くなってからはエギング。

テトラ帯でしばらく粘る。2回ほどアタリがあったがうまく乗せられず。シャクった際に重みが乗ったのにうっかり穂先を下げて糸が緩んでしまったり、そんなパターン。エギ1個ロスト。根ズレでリーダーがすっぱり切れた。安物エギではあったけど、これまで活躍してくれた奴だった。

テトラ帯から堤防に戻り、第1投。しばらく探ってきてからカーブフォール中、手元にすーっと重みが! 竿もなんかずいぶん曲がってる!? 慌ててアワせ・・・

ぐーんぐーん、チリ、チリ・・・

今日はエギングロッドではなく柔らかめシーバスロッドだが、こんなに曲がるの!? ドラグもやや弱め設定になってるとはいえ引き出されてるし!! やっべー

あまりのことに慌てて巻いたのがいけなかった・・・。

イカがもう水面近くまで上がっていたのに勢いよく巻きすぎたため、ぴょーんと海面から飛び出し、そのはずみでイカはお帰りに・・・orz

これまでの経験では、イカのアタリは、シャクった際にずんっと乗るか、穂先がふわふわ揺れれたのに気付いてアワせるかの2パターンで、今回みたいな引ったくっていくアタリは初経験。冷静に対処できなかったなぁ。推定胴長20cmぐらい? イカって引くんだねー!! こういうことがあるから釣りは面白い。

その後、もう少し粘るも、2回のアタリをいずれも乗せられず結局坊主・・・。ついでに安エギをもう1個ロスト、これもリーダーがすっぱり切れるパターン。根掛かってやむを得ず引き切る際にリーダーが切れることは多くても、シャクった際にすっぱりリーダーが切れるパターンはこれまで無かったのに、今日はなぜか2度も。

悔しいが良い経験になりました。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: