2009.11.22

釣り : シーバス坊主、フクラギも坊主

未明に久々の河口シーバス。午前3時半ポイント着。雨後で風弱く、ウネリはややあるも釣りに支障なし。中潮で午前4時頃満潮、満潮からの下げ狙い。

まずはコモモSF-125で開始。すると数投で・・・

ブチッ・・・!??

メインラインのキャスト時に指をかける部分が傷んでいたらしく、メインラインが手元からあっさり切れた orz コモモ SF-125 ロスト・・・

リーダーを結びなおし、続行。ショアラインシャイナーHD-G、ラパラLC12、SASUKE 120、手持ちの12cmクラスのミノーを一通り投げてみるも反応なし。

気まぐれに、DUELのアダージョヘビー125を投げてみる。重量が45gもある重量級シンキングペンシルで、タックル次第で100m以上ぶっ飛ばすことも可能らしい。シーバス用のメインロッドであるシープローラー902 (ルアーMAX 21g) ではとても投げられないので、ショアジギング用に使っている固めのシーバスロッドで投げる。それでも重量オーバー気味なので、フルキャストはしない。よって大して飛ばない。

着水直後にノーマルリトリーブしてくると、なんかやな感触が・・・。いったん早巻きで回収し、もう1回キャスト、今度はもう少し早めに巻いてみるが、またもやな感触・・・そして根掛かりロスト・・・orz こんなに沈降が早いとは。

その後も12cmクラスのミノーを中心に午前6時ごろまで粘るも何の反応もなし。周りも釣れてない。満潮後2時間過ぎたし、これ以上粘る気にはなれない。近くの漁港に移動してショアジギングすることにする。

さすがは日曜日、まだ朝の6時にも関わらず、漁港にはたくさんの車が。堤防にも人がいっぱい。まだ薄暗い中、ショアジギングでサゴシ (サワラの子) が釣れていた。

適当な足場を確保し、開始。サゴシを釣るなら表層狙いが良いのかもしれないが、サゴシを釣る気はないので、しっかり底まで沈めてから早巻きで探ってくる。反応は無い。

やがてサゴシが釣れなくなり、サゴシ狙いの人やエギングの人は引き上げ始めた。堤防先端でサゴシ狙いやってた人が引き上げたので、堤防先端を確保成功。沖の方では鳥山が立ち始めている。フクラギ (イナダ) は、これからかもしれない。

そして、午前8時頃、チャンス到来! 射程範囲内ギリギリの位置でフクラギと思しきボイルが散発する状況に。ボイル周辺に着水させ、5秒ほど沈めてから早巻きしてくる。そろそろ疲れて巻いてくるのが一苦労だ。この状況は30分ほど続いたが・・・

・・・かすりもせず orz

ボイル散発という状況でボイルを狙ってもフクラギ釣れたこと無いなあ。ナブラが立った場合は別として、ボイル散発という程度の状況なら、それに惑わされずにもっとちゃんと沈めてから巻いてきた方がいいのだろうか。

この間に、隣でアジ泳がせでフクラギを狙ってた方が、見事2匹ゲットされていた。それもボイルの発生地点からはずっと離れた、ほんの20mぐらいの距離で。

午前9時頃までがんばるも、沖の鳥山もだんだんなくなり、音沙汰無く終了。とりあえず良い運動にはなったかな。早巻きを繰り返すと腕は重くなるし、息も切れる。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL:

コメント(7)

こんにちわ。
昨日あなたのサイトを見つけ一通り楽しく見させて頂きました。
気負いの無い楽しそうな釣りをされていますね。

私も高岡在住者ですが、14年くらい前からキジハタのワーム釣を初めてきましてルアーオンリーで呉西中心にルアチヌ、シーバス、アオリイカを1年間の時期時期で楽しんできました。
しかし人に自慢するサイズアップばかり求めて釣っていたら何気に少々疲れてきておりました。
年なのか去年からシーバスロッドでのキス釣を始めたり子供と一緒に行ったりと少しだけ楽な釣を愉しむようになってきました。

しかしルアーやエサといったジャンルを超えた釣り方で他の釣のブロガーの方たちと違うような路線?
ピンポイントで今の私の釣に対する気持ちに入り込んできた何気にほっとする楽しみ方をされているようなので...。 
戯言すいません。また寄らせて下さい。(笑)

CCBAさん、コメントありがとうございます。

私も大物を釣りたい気持ちはもちろんあるのですが、多分釣りは多かれ少なかれずっと続けていくんだろうなと思っています。

それなら、大物にはこの先10年20年と続けていく中で巡り合っていけるならそれでいい、だからずっと気楽な釣りを楽しんで行こう、といったスタンスです。

やっぱ、例え好きなことでも頑張りすぎるとだんだん嫌になることもあるので、そうならないように続けていくには? と考えた結果、こういうスタイルに落ち着いています。

2~3人で並んでサビキやって、小アジが釣れて互いに喜び合っている。そういうおじいさん方をよく見かけます。釣りって、そこが出発点ですが、同時にそこが終着点なのかもしれません。長生きできるのなら、私もそういうおじいさんになるのかも。

あと、ブログ記事にも書いていますが、キス釣りにはメバルロッド等の小物用の竿が断然オススメですよ。ほんとびっくりするほど派手にアタリが出て、私はあれでキスという魚の印象がガラリと変わりました。色々な釣りをやる中でも、メバルロッドでのキス釣りが一番好きな釣りかもしれません。

さっそくのご返答ありがとうございます。

大物狙い有りきでなく釣を楽しんでいく中での大物との出会い。
私もそんなスタンスにちょっと舵を変えてみようと思います。

今年流行の?ちょい投げのキス釣り。
今年の夏、7.6ftの12g迄の負荷のルアーロッドに4号シンカーと小型天秤つけてのキス釣を何度か娘としましたらシーバスロッドで10号シンカーと天秤つけてのキス釣よりはるかに引きが強く楽しめ娘も大喜びしてました。
小さくても意外なほどの引きで、まさに小さな大物釣でした。

私もここ数年来、自作でルアーを作ってキジハタやルアチヌを釣るのが好きなので、実釣以外の楽しみとして来シーズンにむけてぼつぼつと作り始めますか(笑)

今年流行ってたんですか。
もしかすると、「フラッター日誌」で松本さんが紹介してた影響ですかね?
実は松本さんにあの釣り方を勧めたのは私ですw

ただし、私も他人の真似ですけど。

フラッター日誌は、私も良く見てます。夏ごろの記事の件ですね。

私は、昨年釣ライターの野地さんの本でルアーロッドのちょい投げ本 http://www.light-lure.com/keisai/keisai.html を見てはまりました。今年も出されたみたいですね。
この方は自分でエギロッドからちょい投げ用ロッドやちょい投げドリフト天秤を作って販売までしておられます。
下のhomeから入っていかれると、この方も昔からいろいろ楽しんでおられる方みたいですね。

この釣は、もうシーズンオフとなりますが、来期もぜひ楽しみたい釣方ですよね。

なるほど、面白そうなサイトの紹介ありがとうございます。そういえばその本見かけたことあります。ルアーロッドって、ちょい投げに最適ですもんね。ロッドの適正に加えて、PE使ってる人が多いので、軽いオモリでも飛距離出ますし、感度も良いですし。

今から来シーズンが楽しみです。