2009.11.23

釣り : キジハタ、メバル

20091123_mebaru_kijijata.jpg

前日はずっと風弱く、いい凪が予想されたので、未明にメバル狙いの浮き釣りにに出撃してきた。午前3時ごろ新湊の波止に着。一番乗りで誰も居ない。波止根元横のテトラに陣取って開始。

とりあえず棚を2~3mほどに設定、餌は青イソメ。しかしアタリは無い。棚を3~4mに変更、やはりアタリは無い。棚を約5m、底近くに設定してみると・・・

浮きが引き込まれ、そしてすぐにまた浮いてきた。しばらくこんな感じで浮いたり沈んだり。しっかり沈んだタイミングでアワせてみるが乗らない。それに餌の青イソメも針に残ったままだった。おそらくこれは小アジだろう。

しばらくこの棚で続けてみることにする。数投後、テトラ帯の近くに投げ込んでみると、浮きが勢いよく消しこまれるアタリ、3~4秒ほどおいてからアワセると、なかなかの引き。竿は根元からいっぱいいっぱいに曲がり、ドラグもチリチリと出て行く。

ゴリ巻きで寄せてタモで掬ったのが、冒頭画像のキジハタ。30cm超えてたらキープしようか、と思ったが、30cmにはちょっとだけ届かない29cm。リリース。

同じ投点に何投かする。浮きには反応無かったのに、回収しようとするとなんか乗ってる。まずまずの引き、この感じは・・・

20091123_mebaru.jpg

来ました! 本命メバルちゃん、21cm。このポイントではレギュラーサイズかな。キープ。

今日使っているロッドは、2号磯竿の先端側半分をベースにルアーロッド風にリメイクした、磯竿改ライトロッドII。メバルの引きでも良く曲がり、丁度良い強さではあるものの、先ほどのキジハタはやや苦しい印象だった。そして、魚の引きに伴う震動はあまり伝わってこないなぁ。ちょっと釣趣に不満。行きすぎな柔らかさのせいなのか、それとも単にナイロンラインを使ってるせいだろうか。次回はPEでやってみよう。

浮きに反応が出なかったということは、上層で食ったと思われるので、棚を少し浅くして同じ投点へ。反応なし。さらに浅くして同じ投点へ。反応なし。

再度深くして同じ投点へ、今度は浮きが消し込まれ、少し待ってアワせたが・・・既に潜られてたようで、根掛かってる・・・orz 糸を少し緩めて少し待つと、針が外れて回収することができた。

その後、フグが1匹釣れたところでだんだん明るくなり、小アジらしきアタリが増えてきた。これはもうどうにもならない。ウキ釣りは終了。

それと前後して、水中でキラキラと光る塊が見えてきた。もう少し明るくなると、やはりそれはカタクチイワシと思しき小魚の群れ。イワシボールという奴だろうか。塊のままテトラ際をあちこち逃げ惑い、時折ボシュッ、ボシュッと捕食されている。捕食している魚は、色からするとやはりメバルのようだ。メバルいっぱいいるのね。

こういう状況だと、SIN-ZOベイトでも投げてみると釣れるんかな? そう思いつつ、腹ごしらえ。堤防への一番乗りは自分だったが、その後次々と人は増え、堤防先端方面は満員だ。

朝食を終えた後、ライトショアジギングタックルを手に堤防根元から西に延びるテトラ帯に入ることに。そこに、1名の釣り人が堤防先端方面から戻ってきた。持っているロッドはジギングロッドっぽく、袋の中に入っているのは、はっきりとは確認できなかったがどうもサゴシ (サワラの子) ではなくフクラギ (イナダ) !? 時間は午前7時ごろ。前日とは違うポイントではあるものの、前日の状況からこれから良い時間かな、と思ってたが、時合い終了・・・?

とにかくテトラ帯に入る。濡れててやや滑りやすいので、慎重に進み、150m~200mほど進んだ場所に足場を決める。

沖のほうにも鳥山は立たず、水面もずっとおだやか。アタリ無く、あまり気分が乗らずに1時間ほどで切り上げる。遠くには富山湾名物、良い蜃気楼が出ている。

20091123_mebaru_shinkiro1.jpg

▲ 新湊から伏木・氷見方面を望む。万葉埠頭や伏木一文字提が蜃気楼になっている。

20091123_mebaru_shinkiro2.jpg

▲ 船の蜃気楼。

堤防に戻って少しのんびりし、そろそろ帰ろうかと思っていると、堤防先端でサビキ浮きを投げてた人がフクラギ上げた。これが午前8時半頃。そこで、もう少しジギングすることに。堤防先端は明るくなるに伴って人が減り、入れるスペースがあったので入らせてもらう。

1時間ほどがんばったがアタリなし。その間に、サビキ浮きの人がもう1匹フクラギ上げた。加えて、ぶっ込みでのアジ泳がせやってた他の釣り人が、30cmほどのヒラメを上げた。

早巻きに疲れて、ヒラメ釣れないか、底を探ってみると、しばらくしてアタリ! しかし引きは弱い。ヒラメでもエソでも無い、この感じは知ってる・・・

20091123_mebaru_houbou.jpg

ホウボウ23cm。キープ。

この後は、底狙いでアタリが2度ほどあったものの乗せられず、午前10時ごろ納竿。富山湾西部ではジギングでのフクラギは簡単には釣れないのだろうか。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: