2010.01.09

釣り : 2010年 年始の釣り

0109_fukase_day1.jpg

自分はあまりフカセ釣りをやらない。フカセ釣りとは、撒き餌 (コマセ) を撒いて魚を寄せ、漂う撒き餌の中に針を付けた刺し餌を忍ばせて魚に喰わせる釣りだ。簡単そうに見えるが、撒き餌と刺し餌では流され方が違うので、うまく撒き餌の中に刺し餌を忍ばせる (撒き餌と刺し餌を同調させる) のは難しい。うまく撒き餌と刺し餌を同調できたとしても、刺し餌の漂い方が不自然だと喰ってこなかったりもする。餌取りが多い状況では、撒き餌をうまくコントロールして餌取りを避けたりする必要もある。基本を身につけるだけで何年もかかるという話もある。

で、この釣りに使う撒き餌が結構高いのだ。1.5kg500円ぐらいの集魚剤と、2kg500円ぐらいのオキアミブロックを混ぜたもの、これを2~4時間程度で使い切る。お金がかかりすぎるのであまり頻繁には出来ない。でも年始には黒鯛を釣りたいし、ちょうど餌取りが少なくて釣り易いシーズンでもあるので、この年始も3回挑戦してみた。

2010年 初釣り

2010年の初釣りは1/3日、新湊の堤防にて。雨が続き、堤防の雪は予想通り完全に溶けていた。しかし雪の降る中での釣り。出発がやや遅れたので、実釣開始は午後4時頃、納竿は午後6時頃。釣果は、メバル2匹、グレ (メジナ) 1匹、いずれも大きくはない。慣れないフカセで予想通りの貧果だが、坊主じゃなくてよかった。

2釣行目

0109_fukase_day2.jpg

その翌日は太陽が覗く好天で、連日出撃。今回は午後3時実釣開始。午後5時頃には暗くなるこの時期なので、開始が1時間早いと随分違う。前日もそうだったが、今回もコマセがうまく作れず、投げた際にバラバラになって飛んで行ってしまい、狙い通りに打てない。当日買ったオキアミブロックをお湯で解凍してるので、水加減は勘頼りになってしまうんだな。黒鯛狙いで棚を深めに取っていることもあり、刺し餌が棚まで届く前に取られるケースも多発。

午後6時頃納竿。結局、キープはグレ (メジナ) 2匹、メバル1匹。貧果ではあるが、グレの大きい方は27cmという悪くないサイズだったのでまぁ良しかな。

3釣行目

0109_fukase_day3.jpg

その後しばらくは悪天候で、3釣行目は1/8になった。出発が遅かったので、午後4時実釣開始。今回は粘りの大きな集魚剤を選び、水加減も悪くなかったのか、コマセが狙い通りに打てる。午後5時頃までに、グレ25~27cm×3匹、メバル1匹釣れた。刺し餌が棚に届かないケースはほとんど無かった。

暗くなってきていたものの、コマセは1/3ほど残っていたので、もう少しやろうかなと思っていたのだが、ふと気付くとバッカン (コマセ用の容器) が消滅していた orz コマセが減って軽くなった結果、不安定になり、テトラからずり落ちて水没したと思われる。水中を探したが見つからなかった。ここで強制納竿。

確か500円ぐらいの安物だったとは思うが、何度も無くすわけにもいかないので、次回からは何か対策した方が良いのかな。重しとしてレンガでも入れとけばいいんだろうか。

1時間勝負としては自分的には好釣果と言って良いと思う。というか、初めてちゃんとフカセ釣りらしいことができた気がする。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: