2010.01.08

Movable Type : MT5: PHP化で一苦労 ~さくらインターネット編~

今更ながら Movable TypePHP化 すると便利、ということを知り、自分のブログもPHP化してみた。「小粋空間:Movable Type 4 の PHP化」を参考に一通り作業したのだが、再構築後に表示テストしてみると「Internal Server Error」と表示されてしまい、ブログが表示出来ない。しばし悩んだのだが・・・

結局原因は、ディレクトリのパーミッションが 755 ではなく 777 になっていたことだった。もちろん、先のページでも紹介されている通りに mt-config.cgi に変更を加え、Movable Type がブログ構築時に自動生成するディレクトリについては、正しいパーミッション (属性) が設定されるようにしていたのだが、そうしていても、生成済みの既存ディレクトリについては、正しいパーミッションへの変更をしてくれないのであった。

そこで、作業ミスがあった際に復旧出来るようにバックアップを取った上で、Movable Type が自動生成するディレクトリを全て削除した上で再構築をかけてみた。私は、自動生成されるディレクトリ内には自動生成されないファイルは一切置いていないつもりなので、何も考えずに一気に削除したわけだが、再構築後はうまく動いているようだ。

なお、自動生成されるディレクトリとは別に、ルートディレクトリ (メインページの index.php が出力されるディレクトリ) については、手動でパーミッションを設定する必要があったので注意。また、ポップアップ画像用のhtmlファイルもPHP化されるので、その保存先である assets_c フォルダ以下のパーミッションも要注意。加えて、ポップアップ画像用のPHPファイルに実行属性を与えるため、mt-config.cgi に

UploadUmask 0022

を加える必要もあった。

また、私の Movable Type は Movable Type 5.0 であり、PHP化の方法は Movable Type 4 用の解説を参考にしたのだが、Movable Type 4 と同様で問題なかったようだ。

さて、とりあえずのPHP化は成功したものの、PHP利用のSSI (サーバーサイドインクルード) によるモジュール化はこれからだ。現状、再構築が結構重い印象があるので、モジュール化により軽くできると良いな。

1/9追記

「小粋空間:Movable Type 4 の PHP モジュール化」 を参考に、PHPのSSIを用いたモジュール化も完了。個々のページの再構築時間は体感出来るほどの差は無いかも? でも、全体を再構築しなくても、サイドバーの新着記事一覧等が各記事のページに反映されるようになったのが嬉しいね。このブログの各記事には、同カテゴリの新着記事一覧が表示されるようになっていますが、その部分もモジュール化してあります。満足!

Categories: Movable Type

Category: Movable Type

Trackbacks

Trackback URL:

コメント(2)

コメントのテスト

はじめまして。私もphp化にトライ。さくらのサーバでこちらとまったく一緒の現象だったので、こちらを参考に対処したら無事成功しました。とても助かりました!