2010.05.17

釣り : メバリング&連日ソゲ(ヒラメ)&チョイ投げキス開幕

5/12日~5/16日、5日連続で釣りに行ってしまいました。5日分をまとめて書いたらずいぶん長くなってしまった。メバルはまだまだ行けそうです。ソゲ (ヒラメの子)、サイズは小さいけどよく釣れてますよ。ヒラメを釣ってみたいなら今が一年で一番釣りやすい時期かも。キスも開幕! 動画はカタクチイワシと思しき小魚の群れがサゴシに襲われて跳ねる様子。

5/12日 未明 メバル後ヒラメ

メバルロッドでのメバル狙い。前日昼間は北風が少し吹いていたが、夜には無風に。雨も夜半過ぎに止んだ。ポイントに付くと、ウネリはあるものの、海面は波気立っている。

グラスミノーS (ワーム) でスタート、海面直下を何度か通すが、波気の影響もあってか反応はない。そこで少し沈めてからのスローなタダ巻き。するとゴンッ ガクガクブルブル・・・チリチリ・・・!!? まずまず良型メバル・・・とはいえ25cmも無いサイズなのだが、ドラグ設定が弱すぎ! そういえば開始前のドラグチェック忘れてた(汗 すっかり慌ててしまい、ロッド操作が雑になって抜き上げ時にオートリリース。残念・・・。

でもこれで今日のパターンは掴めた! とばかりに同様に少し沈めてからのタダ巻きで、再度のヒット! 今度も良い引き!

0516_mebasoge_d1_mebaru.jpg

25cmの良型メバルをゲット! その後、同様のパターンで何度かアタリはあるものの乗せられず、やがて無反応に。ハードルアーも投げてみたが駄目。やや明るくなってからワームに戻すと、また反応が出るようになった! 乗った! が・・・引きが弱い・・・

0516_mebasoge_d1_anahaze.jpg

小さなアナハゼ君でした。

これでメバルは終了し、堤防先端へと移動してヒラメを狙ってみる。心臓ベイト (SIN-ZO BAIT) の4インチをキャスト、1分ぐらい待って着底させてからしゃくりあげ、フリーフォール、着底直前にまたしゃくり上げ、フリーフォール。こんな感じで探ってくると、2投目でヒット! でも全然引かん・・・

0516_mebasoge_d1_soge.jpg

25cmのソゲ (ヒラメの子) でした。今春2枚目! リリース。

さてこの日、なんか飛距離が出ないのでおかしいな、と思ったら、ラインがガイドから1ヶ所外れてる。おかしいな、通し忘れてたか? と思って直しても、いつの間にか同様に外れてる。ガイドをチェックしてみると、1個割れてました。まぁ、やっぱ実売4000円ぐらいの安物メバルロッドだと耐久性無いんだろう。

夜、割れたガイドを交換しておきました。ガイドは糸で巻いて接着剤で固めてあるだけなので、古い固定をカッターで削って外し、新しいガイドを糸で巻いて、その上からエポキシ接着剤を塗り、ライターで炙って浸透させ、あとは乾燥を待つだけ。ガイドは、折れたシーバスロッドの穂先を保管してあったのですが、そこから調度良い奴が採取出来ました。

5/13日 未明 メバル後ヒラメ

雨は降っていたけど風は弱い夜。レーダー予報を見ると、未明の時間帯は雨が止む予報だったので出撃。メバルロッドは修理後の感想待ちのためにしばらく使えないので、磯竿改ライトロッドを投入する。

前日と同じポイントで、波の状況も前日同様に、ウネリはないけど波気立っている。前日のヒットパターンだった、グラスミノーSで少し沈めてからのスローなタダ巻きにて何度かアタリがあるも乗せられない。その反応もやがて無くなる。

大分明るくなってから、ハードルアーをいくつか投げてみる。波気が少しあるので、シンキングペンシルでの表層引きは勝算薄いかな? と思いつつも、シンキングペンシルも投げてみる。すると、ズンッ! ドラグが出るほどではないが良い引き! 大型メバル?・・・ぐいんぐいん あー、ゆっくり大きく頭振ってる。チヌか?・・・いや潜らない・・・

0516_mebasoge_d2_seabass.jpg

シーバスでした。小さいのでリリースしようかと思ったが、メジャーを当ててみると46cmのフッコサイズ。思ったより大きい。これならキープ。

その後、前日同様の堤防先端でまたワームでヒラメ狙い。今日は心臓ベイトではなく、ダイワのDRスティックとか言う奴。これ、針を刺す際の抵抗がすごく大きく、ジグヘッドに装着しづらい。なんか歪んでしまったがまあいいや、とそのままキャスト。キャスト後、まずは着底させ、リフト&フォールで探ってくる。しばらく粘ると・・・

0516_mebasoge_d2_soge.jpg

今日もソゲをゲット。しかし前日よりも小さい20cm強ぐらいのサイズ。リリース。

堤防先端付近では小魚 (多分カタクチイワシ) のボイルが多発。多分サゴシ (サワラの子) に襲われているのだろう。見てて飽きないので、デジカメで動画撮影してみました。これが冒頭の動画。

5/14日 未明 メバル後ヒラメ

夜に入っても北風が止まなかったが、夜半過ぎに無風に。波が少し残りそうだけど、一応メバル狙いで同じポイントに出撃してみる。今回も磯竿改ロッドで。しかし、やはりウネリが少し残り、メバルは当たってこない。メバルはあきらめて、ヒラメが有望な某漁港内へと移動。

スロープ付近の浅場をCD-7で探っていくと、早々のアタリ! 思い切りアワせると びよーん 魚が小さかったために勢い余って水面から飛び出した。これやっちゃうと大半バレちゃうんだけど、今回は幸いバレずにゲット。

0516_mebasoge_d3_soge1.jpg

20cmぐらいのソゲさん。これで3日連続のゲット! リリース。そういや、ヒラメをプラグで釣ったのは初めてかも。これまでのヒラメの釣果は大半がソフトルアーで、一部はメタルジグだった。

スロープ付近をもう少し探ってみると、足元まで引いてきてピックアップしようとした瞬間、何かが食いつく瞬間を目撃。

0516_mebasoge_d3_anahaze.jpg

アナハゼさんでした。どう考えてもあんたソレ飲み込めないだろうに。リリース。

堤防先端へと向かって漁港内側を探っていく。だんだん深くなってくるので、ルアーはソフトルアーに切り替え、リフト&フォールで探る。深いと言っても3~4mなので、水面でも喰ってくるときは喰ってくるとは思うけど、やはり底から1.5m以内ぐらいが有望なのかなぁ。

そして堤防先端付近で、ズンッ! これはなかなか重いっ!

0516_mebasoge_d3_soge2a.jpg

今春5枚目にして今春最大、29.5cm のソゲさん! キープ。

0516_mebasoge_d3_soge2b.jpg

ソフトルアーを丸呑み(汗 普通には外せなかったので、ナイフで顎を割いて外しました。ちなみにこの際、うっかりヒラメの歯を素手で触れてしまったんだけど、軽くかすっただけでもちょっと血が出た。危ないので皆さんも気をつけてください(汗

0516_mebasoge_d3_lure.jpg

使ったソフトルアーはこんなの。見慣れない形だと思いますが、でもなんか見覚えもないですか? 実はコレ、パワーシャッドの5インチです。ジグヘッドを内部に埋込み (心臓リグと言う)、目玉を付け、先端をリップ風に加工。テールのフィンはカット。加工精度があまりよろしくないこともあって、何とも挙動不審な動きをします。心臓ベイトも挙動不審だけど、こいつは心臓ベイトとは違ってロール方向にもふらふらする。釣れそう? と言われれば、うーん・・・。と答えるしかない、そんなアクション。でもちゃんと釣れました! 作り方はこちら

5/15日 未明 アジング後ヒラメ

この日も夜まで北風が残り、夜半過ぎに無風に。波が残ればメバルは辛い。そこで、水深のあるポイントで極小メタルジグを投げ、中アジを狙ってみることに。ポイントに付くと、すごい快晴で透明度が良く、月明かりも無く、天の川が割とはっきりと見えていた。綺麗~! しかし中アジは不発。アジって、ルアーでの釣り方よくわからない。このポイントで行けるかどうかも謎。ちなみに、波は思ったよりも無かった。メバルも狙えそうな感じでした。

薄明るくなってから、昨日と同じ漁港内側でまたヒラメを狙う。確か昨日と同じパワーシャッドの心臓リグでだったと思うが、堤防先端周辺にて早々にアタリを得るも、乗せられず。しばらく同じ場所を攻め続けるが駄目で、ワームを根掛かりロスト。

ワームの射程外を探るため、14gのメタルジグに付け替え、ワンピッチジャーク10回後フォールの繰り返しで探ってみることにする。すると1投目、着水後のフォール中になんとアタリ! しかし乗せられず、その後同じ場所を探るも反応を得られず。足場を変え、広く探っていくが、他の場所での反応も無い。堤防先端付近をあきらめ、漁港内側を堤防根元方向へと探り歩く。アタリは無い。

今日は土曜日。そろそろあきらめて帰ろうかと思っていたら、2人組のアングラーがやってきて、先ほど私が掛け損ねた場所を叩いている。そう、そこには居るんだよ、ヒラメが。お手並み拝見。しかしその2人組は反応を得られなかったようで、足場を変えてしまった。

もう帰ろうかとは思っていたが、ニヤリ。ここで同じ場所を叩いてもし釣れたら俺カッコ良くね!? そういう邪心を抱きつつ心臓ベイト4インチを投入してみると、ズンッ! 来たわぁー!!

0516_mebasoge_d4_soge.jpg

小さいが今日もソゲをゲット! 4日連続、今春6枚目!! リリース。気持ちよく帰宅。

5/15日 朝 ヒラメ&ライトタックル・チョイ投げキス釣り!

とてもいい天気で気持ちイイので、いったん帰宅して朝食後、兄と父を乗せて同じ漁港内へ。今度はチョイ投げキス狙い。ロッドはやはり磯竿改ライトロッドで。

途中釣具屋でお買い物。心臓ベイトの2インチ&4インチと、心臓ヘッドの2.8g、7gを購入。チョイ投げキスの前に、心臓ベイト4インチ+心臓ヘッド7gの組み合わせを使用してみることにした。心臓ベイトはこれまでも使ってきたけど、心臓ヘッドを使うのは初めて。心臓ヘッド、少しだけど他のジグヘッドより割高なんだよね。

初めて使ってみて、まずはセットのし易さに感動。投げてみると、よく飛ぶしズレない! 普通のジグヘッドを使った場合、心臓ベイトの先端部分が簡単にズレてしまうので、半田コテでワームを融かして穴埋めし、ズレないように加工して使っていた。いわゆる「SIN-ZO BAIT X」みたいな感じ。でも、心臓ヘッドはジャストフィットするし、ヘッドの先端にはズレ防止用の角まで付いている。これならわざわざ穴埋めなんかしなくてもそのまま普通に使えばOKだね! 少し割高でも、その価値は充分にある感じ!

漁港内側をリフト&フォールで広く探っていくと、最初のアタリ! しかし乗らない。何度か同じ場所を通すがその後反応なし。足場を変えつつまた探っていくと、ズンッ! これは良いサイズ! 30cm級かなぁ? 磯竿改ライトロッドはメバルロッドみたいなものなので、いっぱいいっぱいに曲がっており、ポンピングしないと辛いかなぁ・・・!?・・・・orz ポンピングの際のテンション抜けでバレてしまった。こっちのミスでのバラシ。くやしー・・・。その後、心臓ベイトを根掛かりロスト。

今回のメイン、チョイ投げキス釣りへと切り替え。磯竿改ライトロッドに2号 (7g) の中遠しオモリとキス仕掛けをセットし、青イソメを餌に引き釣りで探っていく。アタリは多くないもののポツポツ釣れ・・・

0516_mebasoge_d4_kiss1.jpg 0516_mebasoge_d4_kiss2.jpg

キス4匹の釣果でした! いよいよキスの季節ですね! 右の写真ぐらいのサイズになると、メバルロッド級のライトロッドなら派手に曲がってめっちゃ楽しいです! ちなみに右の奴を寄せてくる際、途中であり得ないほど引きが強くなった。ヒラメかマゴチが食いついたのだろうか? でもキスの体には歯型らしきものは無し。試しにルアーを通してみるも反応なし。

5/16日 未明 心臓ベイトでメバリング!&その後ヒラメ狙い

この夜も北風が夜まで残り、夜半過ぎから無風に。前日同様なので、これなら明け方までには凪いでくると判断し、メバルポイントへ。ポイントに付くと、いつもの足場には先行者が。幸いにも前日は日中に快晴だったので、テトラが完全に乾いている。よってテトラ帯の奥へと歩いていく。少し進んだところでは、電気ウキ釣りの2人組が居た。その近くの足場を確保し、心臓ベイトの2インチ+心臓ヘッド2.8gを投入。心臓ベイトでのメバル狙いは初めてだ。ロッドは磯竿改ライトロッドで。

表層タダ巻きでは反応なく、少し沈めてからタダ巻きしてみるとゴンッ! 乗った! 良いサイズ!・・・バレた・・・orz その後は反応無くなり、少し移動することに。2ヶ所目の足場では、表層でちょんちょんとアクションさせるとアタリがあったが、一度きり。また少し移動することに。

そして3ヶ所目の足場。割と深くまで沈めてからリフト&フォールしてくると、ゴンッ! 良い引き! 25cm級のメバル!? でも釣れたのは20cm強ぐらいのサイズ。ナイスファイト! 同様のパターンでもう一匹ヒット! これも良い引き! でも20cmに見たないぐらいのサイズ。引きが良かっただけについこれもキープしてしまった。さらに3匹目、20cm強。これもナイスファイトでした。

3匹釣ったところで反応が得られなくなったので、さらに深くまで沈めてからリフト&フォールしてみる・・・と、ズンッ・・・!? 結構重いが、重いだけ。少しピクピクはするので魚には間違いないが、この感じはヒラメっぽい!? 0516_mebasoge_d5_fugu.jpg

なんともまあでっかいフグ。自己最大級かなぁ。重くて抜けなかったのでタモで掬いました。尻尾付近にスレ掛かりしてました。食ったら美味いんだろうけど、料理できないなぁ。リリース。

その後も、深いレンジでのリフト&フォールを続けると、ゴンッ! グググググ~♪ これはメバル、25cm超級!? でも釣れたのは25cm。なんか今日のメバルは皆さんサイズ以上に引いてくれて楽しい。深めのレンジで掛けたこともあるのかな?

同様のパターンで今度は25cm弱のカサゴをゲットし、その後フグにかじられてワームがボロボロになったのでメバリングは終了。

0516_mebasoge_d5_mebaru.jpg

心臓ベイトでのメバリングは初めてでしたが、噂に違わずの威力ですな! ちなみに、ここまで全て心臓ベイトの2インチで、一度もワーム交換せずに釣りました。心臓ベイトはよく釣れるのに加えて、耐久性があるのも良い感じ! あと、やっぱりメバルはラン&ガンですね! 最初の足場で粘っていてはこんなに釣れなかったかも。

続いて、テトラ帯から戻って堤防先端へと移動し、心臓ベイトの4インチでヒラメ狙い。第1投目、着水後のフォール中になんとアタリ! フリーフォールさせるために緩め気味にしていたラインがピンと張ったのに気づいてアワセ! 一瞬重みが乗りかけるも残念ながら掛けきれず。その後はアタリ無し。他のアングラーが小さいソゲを1枚上げてました。

ここで釣友の方からメールが来て、合流しようと言うことになったので、漁港へと移動して合流、ヒラメ狙い。

心臓ベイト4インチにて、何度かアタリがあるも乗せられず。釣友の方は、シャッド系のワームにて20cmのソゲを1枚ゲット。私がさっき掛けそこねた場所でのヒットでした。その後は2人ともアタリ無く終了。ソゲの連続ゲット記録は4日で止まった。

ここまで読んで頂いて、なんでそんなに掛け損なうの!? と疑問に思う方もいらっしゃることだろう。

リフト&フォールでのヒラメ狙いでは、フォール中のアタリが多い。フォールはラインをやや緩めてフリーフォールさせることが多く、アタリは、緩め気味のラインが急に貼る、もしくはフォール後シャクってみたら喰ってる、のどちらかのパターンが多い。

ラインが張るタイプのアタリは、素早いアワセが要求されるし、フォール後シャクり上げる際はちょんちょんという感じでシャクり上げるのだけど、最初のちょんで重みに気付いても、そのまま大きく煽るべきところをうっかりちょんちょんの動作に入ってしまって乗せられないことが多い。つまり、ちょ(!)グィッ! とアワせるべきところを、ついちょ(!)んちょグィッ! になってしまうのだ。「ちょ」の後に「ん」を入れてしまうと、そこでラインテンションが緩んでバレてしまう。

タダ巻き中のアタリなら、反射的にしっかりアワせることが出来るようにはなったけど、リフト&フォールでのアタリはまだまだうまくアワせられない。修行が足りないなぁ。

しかしソゲはサイズは小さいけど好調に釣れてますね! 昨年春の最大サイズであり、現在の自己記録である39cmのソゲは河口でのゲットでした。今年はまだ河口でのヒラメ狙いはやっていないので、近いうちに挑戦したいと思います。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: