2010.06.24

釣り : 久々の釣り

0624_kiss.jpg

交通事故後初めてとなる釣りに行ってきました。今はもう車を使っていない父親のスズキエヴリィを運転して行きましたが、どうも慣れないせいか好きになれないですね。ハンドリングもブレーキペダルの感触もしっくり来ません。

今回の釣りは、いつもの漁港内でのライトタックル・チョイ投げキス釣り。正午過ぎに開始。漁港内では銀鯛 (ヒイラギ) が多くて釣り辛くなってきたという話もありましたが、2~3投でめでたく最初のキスをゲット。しかし10cmも無いぐらいのピンギス。これぐらいのサイズだとメバルロッド級のライトタックルでもほとんど引きは楽しめません。そして、後が続かない・・・。

アタリは頻繁にあるのですが、全然乗せられない。足場を変えながら探っていっても同様です。そういえば妙に針が大きい仕掛けを使っていたので、普通サイズの針の仕掛けに付け替えてみる。

しかし、やはり釣れない。アタリはあるけど、これは銀鯛っぽい。2号 (7g) の中通しオモリでのライトタックル・チョイ投げなので、適切なタイミングでアワせない限りはほとんど乗らないのですが、銀鯛なら要らないので、あえてアワせません。銀鯛のアタリの場合、キスのようなブルルンッという感じが無く、グゥンッといった感じので、何となく区別できます。

また少し足場を移動すると、その銀鯛のアタリも無くなる。そういえば、仕掛けを変える前に釣っていた足場だと、キスっぽいアタリがあったような。そこで、その足場まで戻って投げてみます。

するとこの作戦が的中、またピンギスが釣れました。続いてこれまでと違う鋭いアタリにうまくアワせ、16cmのまずまずサイズのキスをゲット。その後は同じ足場の周辺でキスっぽくはあるものの弱いアタリが続きますが、難しいタイミングをうまくアワせながらピンギスを追加していきます。といっても、半分ぐらいは銀鯛も混じります。時にはダブルで。銀鯛はダブルで掛かるとそれなりに引き重りしますね。

3時間ほどで青イソメ300円分を使い切り終了。結果、キス×7 (最大16cm)、メゴチ×1でした。数的にはまずまずですが、16cmが1匹釣れた他はピンギスばかりだったのでやはり少々物足りないかな。でも、アタリの感じで銀鯛を避けてキスが溜まってる場所を探し出し、ピンギスの難しいアタリをうまくアワせて掛けて行く釣りはなかなかテクニカルな感じで楽しかったですね、久々ということもあって。

今回はやや太めの青イソメを使いましたが、こういうピンギスだと多分、砂イソメなら乗りが良いんでしょうね。砂イソメは何となく割高な印象があってあまり使わないですけど、今度来るときは試してみようかと思います。

さて、事故から1週間経ちましたが、体の方はもう随分良いです。貼り薬のおかげもあって、首はもう全然平気ですね。でもまだ咳とかくしゃみをするとお腹 (の筋肉?) が少し痛むので、投げ竿での遠投とか足場の悪い場所での釣りは自粛しておきます。

Categories: キス・カレイ / 釣り

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL:

コメント(2)

自分はキス釣りなら砂イソメ使ってます。
やわらかいのですぐに切れますが
青イソメに比べて食いは良いです。

いやー、後日、砂イソメでも1回やってみたんですよ。
そしたら入れ食い! 2連3連当たり前!
50匹は釣りましたよ! ・・・銀鯛を・・・orz

その日はどこに投げても銀鯛ばかりで、
キスと銀鯛の釣り分けは不可能に近く、
結局キスは3匹だけでした。

でもやっぱ良い餌ですね、砂イソメは。
同じ値段だと青イソメに比べて重量では少ないけど、
細くて重さの割には数があるので、
割高ということもなさそうな感じでしたし。