2010.07.14

雑想 : ヘルメット被れよ!

傷害:遊歩道にロープ 自転車の女子高生、転倒し重傷--千葉・印西

こういういたずらは許せないが、ヘルメットを被ってなかったせいで被害が大きくなったという側面も大きい。

自分は夜間道を歩いていた際、障害物が見えずに思いっきりつまずいてコケたことがある。特に怪我はなかったが、自転車だったら大怪我したり死んでた可能性すらあるだろう。自転車での転倒による大怪我や死亡事故は普通にある。普通にあるからあまりニュースにならないが。

だからね、ヘルメットぐらい普通に被ろうよ。自転車が怖い乗り物であるという認識がない馬鹿が日本には多すぎる。今回の女子高生も含めて。ヘルメット被らずに自転車乗るなんて、自分の感覚では自殺志願ぐらいに思えてしまう。

まずは大人が率先して被っていこう。それが当たり前である社会を少しづつ作っていくべきだ。本当は法律で義務化すべきなんだろうが、それが難しいというのが実に悲しい。生徒の命を預かる立場にある中学教師の友人にその話をしたことがあるが、あまり関心がないようであったし、本人もヘルメットは被りたくないらしい。なんとも情けない。

ちなみに私は自転車には一切乗りません。中学時代は片道2.5km、高校時代は片道4kmを徒歩で通学してましたよ。寝坊が多かったので朝は走ってたことの方が多かったかな(^^; 自転車が恐ろしい乗り物である以上、正しい選択だったと思います。

道を歩いたり走ったりする以上は、乗り物を使っても使わなくても事故の危険は常にありますが、しかしやはり徒歩が一番安全であると私は思っています。

実際のところ、少々の不便を我慢すれば、自転車も自動車も使わなくても良い場面は多いのですよ。どっちも怖い乗り物なので、使用は必要最小限にしていきたいものです。

Categories: 雑想

Category: 雑想

Trackbacks

Trackback URL:

コメント(2)

またも同様の死亡事例が。今度のは事件ではなくて事故だけど。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100802-OYT1T00047.htm

これも、ヘルメットさえ着用していれば助かったかもしれない命では?
自転車は危ないので、ヘルメットはほんと被って欲しい。

髪型守って命は守れなかった。そういうのはキチガイのやることです。

目の前の道路脇に、車が停車した。

徒歩なら、その左側を通過するか、もしくは後方確認してから車の右側を通る。

でも自転車の人は、左側は歩道で段差になってたりして通り辛いことも多く、右側を通るしか無い。しかもその際、いちいち後方確認したりもしない。後ろから来た車が避けてくれる前提で、無警戒に通ろうとする。しかもヘルメットも被らない。

これじゃ、いつ死んでも構いませんよ、と言っているようなものだな。自殺行為以外の何物でもない。自分の命は、自分自身で気をつけて守っていくしかないんですよ?