2010.09.04

雑想 : ノーヘルメットで自転車に乗るという大罪

ヘルメットさえあれば助かったかも知れない自転車事故死は多いが、ヘルメットを被らずに自転車に乗る全ての馬鹿は、それらの死に対し責任がある。周りがヘルメットを被らない馬鹿ばかりだから、それに合わせてしまう馬鹿もまた多い。あなたのその行動も、周囲に影響を与えている。

ヘルメットを被らずに自転車に乗る人がほとんどだから、ヘルメットを被らずに事故で死んでも、死んだ奴は何も悪くない。そう強く主張していたキチガイが居た。こういう人は本当に救えないと思う。救えないとは、文字通り、自分の命を守る力がない人という意味。

スクーターではヘルメットを被るのは当然だが、自転車とスクーターでは走行速度に大差は無いのでは? たとえ自損事故でも、大怪我や時には死に至るのが自転車という乗り物。ヘルメットがあれば必ず助かるというわけではないものの、ヘルメットぐらい被って欲しい。

自転車に乗る際にヘルメットを被らないというのは、命を粗末にするという大罪だと思うね。それが普通であってはいけないと思うけど、みんなきっと頭がおかしいんだろうね。

自転車に乗る際にヘルメットを被らない親が、自分の子供に対しノーヘルで自転車にのることを普通に許してしまった結果、子供がヘルメットさえあれば助かったかも知れない自転車事故で死んでしまった。よくあること。ヘルメットを被らない人は誰もがその親の立場になり得る。

自転車にヘルメットは、法律で義務化すべきかも知れないが、現実的に言って無理だろう。警察の対応能力を超過してしまうので。各自の判断で、自らの命を、自分の子供の命を、守るために行動して欲しい。

今でも覚えてるなぁ。中学時代、女生徒が自転車で交通事故に遭ったけど、ヘルメットのおかげで九死に一生を得たという話。ヘルメットを被らずに死んだ馬鹿の話なんかより、ヘルメットのおかげで助かったという話をニュースで流すようにすれば、ヘルメットの普及率も高まるのかも。

Categories: 雑想

Category: 雑想

Trackbacks

Trackback URL: