2010.09.04

釣り : 富山市で釣り人が落水して死亡

富山県内で今朝、釣り人の落水死亡事故があった。現場は富山市水橋の白岩川河口右岸の防波堤。行ったことはないけど、写真で見る限りでは足場が良いように見える。

足場の良い場所でも死亡事故は多い。堤防って、落ちると簡単には登れない。足場の良い場所でもライフジャケットを。単独釣行の場合は特に。最近釣れないからか、自分以外は他に誰も居ないってことも多いし。

私は常時着用してますよ。安全対策というだけでなく、ポケットに色々突っ込んでるから、無いと不便だったりも。ゴツい奴なんで夏場は暑いけど、炎天下だと日光を遮断することもあってか、思った程でもない。

ただ、ライジャケがあれば必ず助かるわけではない。荒れた磯で落水して、必死で這い上がろうとして、手がボロボロになったあげく力尽きて死んでしまった、なんて事故も聞く。

私は磯には行かないけどテトラには乗る。落水したならともかく、テトラの間に転げ落ちたら、身動きできないかもね。電話もできないかも。それでもテトラでの釣りはやめられない。まーどっか頭おかしいんだろう。俺も。

Categories: 釣り / 雑想

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: