2010.09.26

釣り : ハヤ釣り

強い北風が続き、海釣りができそうにない状況が続いているここ数日。海が駄目なら川があるさ、ということで、多分20年ぶりに近い川釣りをやってみることに。ポイントは自宅から200mほどの庄川の支流の小川にかかる橋の上。以前散歩したときに、ハヤらしき魚がいっぱいいることは確認済みだった。川幅は5~7mぐらい? 水深は50cmも無いだろう。

川釣りをやってみたくなったきっかけは、『釣りキチ三平』だったりする。読み直したくなって最近KCDX版の中古全巻セットを買ったんだけど、本当に面白い。まだ半分ぐらいしか読めていないが、伝統漁を扱った『ムツゴロウ釣り編』『鮎漁編』は神がかってますなぁ。

『釣りキチ三平』には様々な題材の内容があり、特に大物を狙うでもなく、身近な魚を釣る話もよく出てくる。その代表がハヤだ。

ハヤ、と呼べば聞こえはいいが、これはウグイのこと。富山県でウグイのことをハヤと呼ぶかどうかは知らないが、『釣りキチ三平』に習ってハヤと呼ぶことにする。なお、このブログを読んで下さっている方には海釣り師が多いと思うけど、海で釣れるマルタウグイと川に居る普通のウグイは近縁種ではあるが別種。前者はとても食えないが、後者は割と美味いらしい。でもあまり食べた記憶が無いので食べてみようか、と。

ハヤぐらい簡単に釣れるだろう、餌だってなんでもいいんじゃね? そんな気軽な気持ちで、夕方に軽く1時間ぐらいの釣行。持っていった餌は、オキアミのSと、ガルプのイソメワーム。どちらも海釣り用の餌だけどなんとかなるかな。

メバルロッドに小さい円錐ウキをセットし、小川の上流にキャストして流してきてみる。オキアミは、最初だけは少し反応があったものの、最初だけで無反応に。ダメもとで持ってきていたイソメワームは、意外にもオキアミよりは好反応でアタリが続く。しかし突っついてくる程度で、とてもアワせられない。

やがて暗くなり終了。坊主。

餌を見なおして、翌日午後に再挑戦。今度用意した餌は、ごはん粒、ソーセージ(豚肉)、自作練り餌。自作練り餌は、ふかしたジャガイモ、すり鉢で細かくした淡水魚居の餌 (飼育用)、小麦粉を混ぜて練ったもの。

自作練り餌でスタート、反応は良いが柔らかすぎた。簡単に取られて素針になってしまう。しかしご飯粒、ソーセージは無反応。練り餌でがんばるしかないか。

餌を取られ続けた挙句、ようやく1匹目がヒット! ・・・釣れたのは10cmちょいの・・・ブルーギルでした。こんなところにも居るのかー。喰ったことは無いが、これも元々食用魚ということで、一度は食べてみよう。キープ。この後も苦戦が続いたものの、なんとか2匹目をヒット! 今度こそ15cm弱のハヤでした。この後は反応も薄くなり釣れないまま終了。この他、同行の兄がハヤを2匹釣った。全部で4匹、ちょうど家族の人数分だね。

0926_haya.JPG

ハヤ(ウグイ)は、銀一色な海のマルタウグイとは違い、赤味を帯びたヒレや、やや虹色にも見える魚体がなかなかに美しい。あまり良い写真じゃなくて申し訳ないが。飼育してみたい気持ちもあるけど、海のマルタウグイほど大きくはならないとはいえ、30cmぐらいになる魚なので、終生飼育しようとすると60cm級の水槽では無理があるか。

さっそく調理。ウロコを落とし、内蔵を出す。ぬめりと臭みを取るためにたっぷり塩を振って揉み、酢水で洗う。キッチンペーパーで軽く拭き、塩をやや多めに振って30分。あとは焼くだけ。

下処理のおかげもあってか、ハヤは臭みもなく、小さいために小骨がうるさいということもなく、肉質も上々で大変美味しく頂けました。ブルーギルは父が食べたが美味かったらしい。これならまた釣って食べたいな。

多分、川釣りなんて中学生以来、20年ぶりに近かった。当時はよくやったものだけど、当時釣ってたのはフナ、鯉、ゴリ (カジカの仲間でいいのかな?) あたり。ウグイをちゃんと狙ったのは、もしかすると初めてだったかもしれない。また楽しみが増えた。

今度釣るときは、サシ虫かミミズを持って行こう。餌で苦戦したので、今度は定番餌で普通に釣りたい(汗

Categories: 淡水 / 釣り

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL:

コメント(8)

もちろん、ミミズは用意しておくにこしたことはないんですけれど、川虫を採集すれば餌には困りませんよ。

あと、マルタは、海で釣ったやつはそれなりに旨かったんだけどなぁ・・・確かに、みな敬遠しますね。川に上ってしまうとだめなのか?

なるほど、川虫ですか。うーん、探したことは無いですが、私の家の近所には居ないかもです。河口からそう遠くない平野部なんですよね。自前採集ならもしかすると蛾とか良い・・・のかなぁ。

マルタウグイは・・・河口で夏に釣れた奴を食べてみましたが最悪でした。サク取りして皮も引いてからフードプロセッサーでカレー風味のすり身ダンゴにして揚げて食べてみたんですが、それでもまだ臭い。漁港内に群れてる奴もちょっと食えないです。堤防で釣れる奴も河口がらみだと思いますし。

場所や季節によってやっぱ変わってくるんでしょうけど、私の近所で釣れるマルタウグイはやめたほうがよさそうです。

こんばんは

ある意味マニアックなウグイの記事にそそられたのでコメントします。

ウグイはトラウトフィッシングでは外道とされますが、春には小矢部川でサクラウグイ漁があるくらいですし、食べると実は美味しい魚ですよね。
目を閉じて食べるとイワナかヤマメとわからないと思います。
私もマルタウグイを食べたことがありますが、マズくて食べられませんでした。

次回ウグイを狙うのであれば、1.5~3.5g程度のスプーンを用意すると面白さも増すかもしれません。
春には婚姻色のサクラウグイを狙うのもいいかもしれませんね。
ちなみにマルタウグイは春に産卵のため、川を群れで遡上しますので、そのときスプーンで"釣り味"として狙うのも楽しいと思います。

以上、マニアックなコメントでした。

イワナかヤマメとわからない・・・近所の庄川下流部のウグイもちゃんと美味しかったですが、きっと渓流のウグイなら特にそうなんでしょうねぇ。

スプーン・・・そういえば居ました! 巻いてる途中にウキをチェイスしてきた子がw スプーンがあれば楽しめそうですね。

今日、ついついGreat鱒レンジャーなる小物釣りロッドを注文してしまったのですが、こいつはルアーロッドの一種ですので、せっかくなら小型スプーンも用意して挑戦してみたいです。サクラウグイも釣ったこと無いので楽しみです。

マルタは・・・正直もういいです(^^;

ウグイ食べたことなかったんですが興味でてきました!
ブルーギルが川に居た事はちょっとショックです
ちなみにどの辺りの支流なのでしょうか?

コメント有難うございます。高岡大橋から割と近いところですね。ただ水深があまりに浅くて釣り辛く、あまり良いポイントではないかも。

付近でもっと良いポイントが無いか探してるのですが、流れが速すぎたり、流れがややゆるやかでも全然釣れなかったり。川釣りに慣れてないこともありなかなか難しいです。

No.28554のTagoshuさんのコメントへの返信

高岡大橋付近ですか!
今日は休みなのでちょっと釣りに行ってみます。