2010.10.03

釣り : Great鱒レンジャーでハゼ釣り!!

1003_haze_point.JPG

富山湾西部の高岡市・新湊周辺ではやや強い北風が吹くと外向きでの釣りは難しくなるし、この季節はそういう日に漁港の内側等の風裏で釣ってもあまり釣れなかったりもする。しかも、そんな北風の日が多い。特に午後。先日、そういう日のためのターゲットとして、ハヤ (川のウグイ) 釣りを紹介したけれども、そういえばこの季節はもう一つ面白いターゲットがある。そう、ハゼさん。ハゼ釣りなんて20年ぐらいやってなかったけど、最近ちょっとハマってます。

写真は、10/2(土)の午前に行った、庄川の8号線の橋 (新庄川橋) の下、右岸 (東側) にあるハゼ釣り公園(?)っぽい公園。8号線を降りてから住宅街を少し通っていく必要があるので少々アクセスし辛かったりするけど、写真の通り、広さもあり足場も良く安全柵まで装備されている。釣り場の隣には釣り以外の遊びを楽しめる広いスペースもありますし、ファミリーフィッシングには最高の場所ですね。そして、北東風の際はうまく風裏になるポイント。以前から存在は知っていたものの、実際に釣るのは初めて。

1003_haze_masuren.JPG

用意したタックルがこれ。私の新兵器、「Great鱒レンジャー!!」 小物釣り用の5フィート (150cm) のソリッドグラスロッド。現在主流のカーボンロッドにはない独特のペナペナ感が素敵で、小物の引きでもよく曲がる。パワーは無いけど簡単には折れないので、これであえて大物を狙って楽しんでいる方もいらっしゃるようだ。

しかも、安い。ナチュラム価格で1680円。色は派手な原色系ばかり5色あり、遊びゴコロにあふれた楽しいロッド。自分で使うのはもちろん、お子さんが居らっしゃる方は、子供用としてもちょうどいい竿だと思う。私は、自分用と兄用に計2本買いました。なお、上州屋とかの店頭でも売ってることがあるロッドですが、なかなか見かけないので、ネットで買うと良いと思いますよ。

タックルは、このGreat鱒レンジャーに安物の小型スピニングリール、道糸ナイロン2号、中通しオモリ2号 (約7g)、ハリス・フロロ1号約30cm、針は流線8号 (キス仕掛けによく使われる針) の1本針。餌は青イソメを短めに付ける。

飛距離は期待できないと思っていたけど、これが意外とよく飛ぶ。20m以上は行ってるかな?

午前3時半頃のスタートだったと思うけど、残念ながら最初の数投は反応なし。こういうときは、無駄に待つより、どんどんラン&ガン。右のほうでは全然反応が無かったのに、左端に移動すると、投げてすぐアタリ、型は小さいが本命のハゼが釣れた。この後、同じ投点に投げ続けるとそこそこ順調に釣れ、

1003_haze_result1002.JPG

3時間ちょいで25匹の釣果! 特別に良い釣果とは言えないが、まずまず。サイズは最大でも15cmと、決して大きくはないけど、唐揚げにすれば骨ごと頭までバリバリ美味しく食べれるサイズなのでこれはこれで嬉しい。ただ、面倒でも内臓とウロコは取ったほうが良いと思う。

ハゼは誰でも簡単に釣れちゃう魚だけど、釣法や腕の違いで釣果には何倍もの差が出てしまう、ゲーム性の高いターゲットだったりもする。

まずは投点の違い。どこに投げても釣れるという状況もあるが、割と狭い範囲のみに固まってる感じのときもある。その場所をうまく見つけ出し、うまく狙うことができるかどうかで差が出る。

次に、探り方。その場にハゼが居ればすぐ反応があるが、そうでなければ待っていてもなかなか反応が出ない。遠くに投げたあとは、少しづつ仕掛けを手前に寄せて探って来たいところ。しかしここは川。この場所は川底のゴミが比較的少なかった感じだけど、やはり川底なので、砂底の海でのキスの引き釣りのように底をズル引きするとすぐに根掛かってしまう。

そこで私は、ルアー釣りのボトムバンプの要領で、仕掛けを軽く跳ね上げて落とし、少し反応を待ち、反応が無ければまた跳ね上げる、という形で探っていた。

そして、この探り方を可能にするのが、短ハリス (約30cm) の1本針仕掛け。短ハリスにすることで、仕掛けを跳ね上げやすくなり、根掛かりは大幅に減らすことができる。ただし、減らせるだけで、無くなるわけじゃない。仕掛けの予備は充分用意しておいて欲しい。

この短ハリスの仕掛けは、感度の面でも有利で、抵抗の少ない小型の中通しオモリ、そして感度の高いGreat鱒レンジャーとの組み合わせで、小型のハゼの微妙なアタリもちゃんと取って掛けていくことができた。でも、こんな組み合わせでもアタリが全くわからずに、いつの間にか乗ってたことも少なからずあったけど。

Great鱒レンジャーメバルロッド (ルアーMAX5g)での釣り比べも試してみたけど、鱒レンジャーの方が全然感度が上な印象!! メバルロッドもハゼ釣りには良いロッドではあるけど、20cm~25cm級のメバルに合わせて作られているロッドなので、それより遥かに小さい10~15cm級のハゼにはやや強すぎるようだ。対する鱒レンジャーは多分、15~20cmぐらいのイワナやヤマメに合わせたロッドだと思う。15cm級のハゼならよく曲がってくれるし、10cm級のハゼの引きもある程度は楽しめる感じ。本当、楽しいロッドです。

たかがハゼ釣り、されどハゼ釣り。道具や釣法、腕の違いで、釣趣も釣果も全然違ってくる。奥が深い釣りだと思います。こんな感じで、小物釣りを、いかに楽しむか。これを追求するのは日本ならではの美学かも。

1003_haze_result1003.JPG

これは別の日の釣果。同じ庄川の、8号線より下流にやや行ったところで釣ったのですが、横風となる強い北風の影響もあって根掛かりに苦戦したものの、数こそ釣れなかったけどハゼの型が良く、しかも20cmちょいのセイゴ (スズキの子) が混じりました。いやー、鱒レンジャーでのクラスのセイゴ釣れると楽しいね! 塩焼きにちょうど良いサイズなのでお持ち帰り。一回り大きい推定30cm級も掛かったけど、足場がやや高かったこともあり抜き上げ時に障害物にひっかけてしまってハリス切れ。残念。

さて、このようにとっても楽しい鱒レンジャーにもひとつ小さくない欠点があります。それは、分割不可能な1ピースロッドであるという点です。

釣り中であれば簡単には折れない鱒レンジャーですが、柔らかい穂先をちゃんと保護しておかないと、輸送中の事故で破損という残念な結果になり兼ねないかも。そこで、

1003_haze_masuren_case.JPG

私はこんな感じの運搬ケース作ってみました。竿の全長よりちょい長い木の棒に、穂先~元ガイドまでの長さよりちょい長い塩ビパイプをガムテープで縛り付け、そこに竿を挿し込んで、ダイソーの結束バンドで固定。見た目は酷いですが、性能は充分で材料費も安い。いい感じです。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: