2010.10.10

釣り : 新湊アオリイカ、大きくなってきました!

1003_aori.JPG

10月初めはやや強い北風が続いて波も濁りも出ているというアオリイカ釣りは成立しない状況が続いたものの、ようやく穏やかな日が2日続き、波も濁りも落ち着いた10/6日の夕方。新湊の波止の先端に行くが、先行者は釣れていない様子で、ちょうど帰るところだった。その人と入れ替わりで同じ足場に入り、第1投。3.0号のエギを100カウント (1分強) 沈めて大きくワンアクション、そしてフォール・・・ラインがスーッ! 合わせてズンっ! 一発~!! やる気満々の真っ黒なアオリイカが釣れました。このエギはダイソーのエギスパート Ver.I。いい感じです。

この日はこの後好調に釣れ続け、

1003_aori_all.JPG

午後5時20分~6時10分までの50分間で5杯! うち4杯が真っ黒け。サイズは胴長10~15cmでした。この後もしばらく粘ってみたけど反応ないまま終了。

同じ足場に入ってた先行者は釣れてない様子だったわけだけど、明暗を分けたのは投点の差と、レンジの差だと思う。真っ直ぐ同じ方向にばかり投げてちゃ駄目です。他人に迷惑にならない範囲で、扇状に投げて広範囲を探ってみると良いですよ。あと、この場所は水深が10m以上ある。3号のエギなら1分前後は沈めるべし。で、大きくワンアクションしたら、20~30カウント (7~10秒) 沈める感じ。

10/4日

その翌日夕方、今度は新湊のまた別の波止にて。堤防先端に入り、まずはヒラメ・マゴチ狙いでしばらくソフトルアーを投げてみる。いい感じの反応が2度ほどあったが、その後は無反応に。フグにソフトルアーをボロボロにされたので、エギに切り替える。例年なら超鉄板ポイントであるはずのこの堤防先端だけど、全く反応なし。居合わせた他の人も同様。

そこで堤防中程に移動し、テトラから投げてみると確か2~3投でズンッ!

1004_aori.JPG

胴長15cm! 良い感じ! この後すぐに同じ投点で同サイズもう1杯追加、さらに少し粘って胴長11cmを1杯追加し、計3杯で終了。堤防先端で釣れなかったらそのまま帰っちゃう人が多いけど、先端ばかりが好ポイントではないんですよ!

10/10日

夕方、10/4日と同じポイントへ。日曜だが翌月曜は休日ということもあり、人気ポイントであるこの堤防先端に入るのは難しいかな、と思ってたけど、先行者は2人しか居ない。釣れてないのか・・・? 堤防先端に入り、まずはヒラメ・マゴチ狙いのソフトルアー、しかし全くアタリ無く、フグすらかじってこない。3.5号のエギに切り替えるが全く反応なし。隣の人も同様で、そのうち帰っていった。

10/4日同様、先端が駄目なら堤防中程へ。雲間の星空を楽しみながら3.5号を数投するが反応なし。3.0号にサイズダウンして2~3投、手前で沈めすぎて根掛かりロスト orz ダイソーの100円エギではあるものの、かなり活躍してくれた奴だっただけに残念。そして3.0号の別のエギに付け替えて2~3投でズンッ! 最初はすんなり寄ってきたが途中でぐいぐい引いてくれたのは胴長14cm。

この後この足場では1度軽いイカパンチがあるも乗らず、反応が無くなったので少し移動。

移動後1~2投でズシンッ! グィーッグィーッ! 力強い引き! 引きを楽しみながらよいしょっと引き抜いたのは、今シーズン最大、胴長17.5cmの良型! この後の1~2投目でまたもズシンッ! 胴長16.5cmを追加! まだ釣れそうな雰囲気ではあるが、3杯釣ったら納竿が基本的にはマイルールなので、これにて終了。とはいえこれは気分次第。10/3日みたいに、釣れるだけ釣ってみる日もある(^^;

ルールというのは厳格に守るべきものはそうすべきだけど、大雑把に守りさえすれば良いものも多いんじゃないかな。ルールを守ることにこだわりすぎると、ルールを理由に極端な行為に走っちゃう場合もありそうで。原理主義って奴でしょうか。ルールにこだわり過ぎるより、バランス感覚を大事にしたいね。

1010_aori_all.JPG

いやー、これぐらいの大きさになるとよく引いてくれますね。ロッドがやや弱めの奴であることもあり、そろそろ引き抜きが厳しくなるかもなので、今後はタモ持っていったほうが良さそう。

総論

去年や一昨年は坊主の日も少なくなかったので、今年の新湊周辺は爆釣こそ難しいものの、近年では数が多い方なのかな。でもサイズは明らかに良いですね! 去年の同時期は胴長15~16cmが最大でした。今月下旬~来月上旬には胴長20cm超えも期待したいです。

ただ、ポイントがシビアな感じ。投点、エギ、レンジが合ってれば2~3投で釣れるものの、それが外れていると粘っても駄目。釣り場そのものは定番ポイントであればどこでも良いとは思いますが、同じ釣り場でも足場の違いで差がでますし、同じ足場でも投げる方向で差が出たりする。同じ足場にずっと居座ることはせず、数投して釣れないようなら投げる方向を変えたり少し移動してみると良いです。エギをしっかり沈めるのもポイント!

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: