2010.11.09

釣り : ショアエビング釣法でフクラギGET!!

1107_ebing_ragi.JPG

11月7日朝、昨日試してヒットがあったショアエビング釣法を今朝も試す。

新湊のポイント着は午前6時半前だったかな? 開始直後、幅の広いナブラが岸近くに押し寄せてきて、周囲の2人に相次いでヒット! 釣れたのはソーダガツオでした。その後もソーダガツオらしきナブラが何度も接岸するも、誰にも釣れず。ジギングの人、弓角の人、合わせて何人も居たんだけど。私にも釣れず。ソーダガツオ、まだ釣ったこと無いんだよね。

フクラギっぽいナブラは沖でも見られないが、散発的にそれっぽい水柱は上がるので、多分フクラギも居るのだろう。

午前7時前、15~20カウント (10~15秒) 沈めてからの中速ワンピッチジャークでガツンッ!! と気持ちイイ当たり! すかさず追い合わせを入れてガッチリフッキングさせる! 割と遠くで掛けた! あとは引きを楽しみながら寄せる! 良い感じ!

テトラからなので、慌てて寄せると、テトラ際で下に突っ込まれて根掛かる危険性がある。やや沖で少し走らせて疲れさせ、浮かせてから寄せる・・・? やべ、横に走った! 慌てて巻き取るも、隣の釣り人に少し迷惑を掛けてしまった。申し訳ない・・・。

幸い、素直に浮いてくれて、タモ入れもスムーズにでき、無事ゲット。ショアエビング釣法では初釣果!! 嬉しい!! この釣法はメタルジグとソフトルアーを組み合わせて使うが、メタルジグはフックレスで、喰わせるのはソフトルアー。ソフトルアーをがっつり喰ってくるのが面白いね。しかも42.5cmの良型だった。新湊周辺の岸からでは40cm弱のサイズが多い印象で、自己記録は43cm。なのでこれは大きい方だろう。

この42.5cmもよく引いてくれたが、昨日バラした奴はこんなもんじゃなかった。マジ悔しい!

ちょうど時合いらしく、近くで釣っていたジギングの人にもヒット! やはり割と遠くで掛けたようだ・・・が、寄せる途中でバレてしまっていた。

その後、午前8時ぐらいまで粘るも誰にもヒットなく終了。しかし今朝はジギング、弓角の人が多かった。7~8人ぐらいは見たような? これまではせいぜい1~2人しか見掛けなかったのに、急に増えたなぁ。アングラーズ富山店のブログで青物好調と紹介された影響があったりするのだろうか。

ジギングでのノーヒットが続いた後で、ショアエビング釣法での2日連続のヒット。個人的にはジギングより良さそうな印象を持ったので、今後私はジギングよりエビングがメインになりそうかも。

さて、この朝にて、ショアジギング用に使ってきたリールが寿命を迎えた。少し前からシャクリで不意に逆回転という症状が出ていたし、今朝は魚が掛かってない際に異常な巻重りという症状が出た。さすがにもう使わない方が良さそうだ。今朝釣った良型フクラギが、このリールでの釣り納めとなった。

機種はダイワ・ワールドスピン3500。購入価格は3500円ぐらいだったかな? いわゆるワゴンリールの一種。それほど使い込んではいない気もするけど、このクラスのリールでは、ショアジギングのようにリールを酷使する用途には全くの耐久性不足なんだろう。

帰宅後、天気が良かったので散歩を兼ねて徒歩で釣具屋へ。代替リールとしてダイワ・リバティ3500を検討してたけど、釣具屋に行ってみたらリバティよりワンクラス上のダイワ・サイ3500が安かったのでそちらを購入。リバティ3500が4500円ほど、サイ3500が5500円ほどでした。実戦投入が楽しみ。

その帰り道、微笑ましい光景に遭遇。家族4人でサイクリング、全員がヘルメット着用。皆がそうであって欲しいものだ。つまらない事故で命を落とさないために。自転車事故での死因の大半が頭部の負傷であり、ヘルメットの着用で死亡率が1/5程度にまで下げられるという統計を見たことがある。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: