2010.11.07

釣り : 新湊周辺にフクラギ連日接岸中!!

1020_ragi.JPG

10/20日 朝マズメ

この日はアオリイカ狙いで暗いうちから新湊へ出撃。昨日夕方までは北風だったので、濁りもあり、波も残るコンディション。午前6時頃に普通サイズのアオリイカを1杯ゲット、その後はアタリなく、7時半頃、エギの引き抵抗が気持ち重くなったと思ったら、イイダコでした。

フクラギの気配はあまり無いようですが、ものは試し、とエギロッドに20gのメタルジグを付ける。エギロッドは20gぐらいまでのメタルジグと相性が良いので、いつもメタルジグも持って行ってます。底まで沈めての早巻きをしばらく試してみるもアタリは無し。

早巻きに飽きたので、スローなワンピッチジャークで底を探ってみます。2秒あたり3回程度のペースでのワンピッチジャークを10回ほど繰り返し、また沈める。これは、ヒラメ狙いの探り方です。滅多に釣れるものではないですが、体力を使わないので、早巻きに疲れた際に休憩のついでにやったりしてます。ヒラメならいつでも狙えるので、フクラギが接岸していない時期でも、アオリに飽きたら気分転換にやってもいいですね。このやり方ではアタリはほぼフォール中に来ます。センターバランスな爆釣ジグなんかが適してるらしい。

しばらくやっていると、ゆっくり巻いてジグを回収中にクンッ! と軽いアタリ。アワセを入れるも、手応えは小さい。何かが掛かってはいるけど、わずかに重みがある程度で、引きは弱い。

グィィーン!

しかし近くまで寄せてくると、いきなりの強い突っ込み! なんじゃこりゃー!? なんとか水面近くまで浮かせたその姿は、紛れもないフクラギ! 横に走られて隣の釣り人に迷惑を掛けそうになり、グィッ! っとロッドを煽って反転させたら、今度は真下に突っ込まれ、なんとラインがテトラに引っ掛かってしまった。。。

しかし少しラインを緩めてやると無事に外れ、何とか水面まで引き上げて抜き上げ! 無事ゲットです! いやー、ああいうヒラメ狙いのアクション中にコイツが掛かるとは思ってなかったから、面食らって情けないファイトを演じてしまった(^^; 最初引きが弱かったのは、岸に向かって泳いできてたんですな。リーダー (フロロ3号) は根ズレでボロボロに。抜き上げは少々危なかったかも。

しっかり水汲みバケツも用意してきたので、エラ蓋から脊椎にナイフを入れ、頭からバケツの水に突っ込んで血抜き。

この日はこの後はアタリ無く終了。フクラギはお刺身で食しましたが絶品でした!

10/23日 早マズメ

しばらく天気が悪かった後の久々の南風の朝。夜の間はずっと南風だったので、波は多少残る程度。この朝はフクラギ狙いオンリーで、ライトショアジギング用として使っている硬めのシーバスロッドを使う。35g程度のメタルジグに丁度いい硬さのもの。

5時半頃に新湊某所のポイントに着くが、土曜朝ということもあり、エギンガーがいっぱい。良い釣り座を確保できず、そもそもフクラギの気配が無い。

だが、すっかり明るくなると、エギンガーの方々が次々と帰り始め、良い釣り座が空いたのでそこに移動。そして、明るくなるにつれて、沖でナブラが頻発するようになり、たまに岸近くまで寄ってくるようになった!

そして午前7時半頃、ついにヒット! 力強い引きを楽しみながらゴリ巻きで一気に寄せ、抜き上げ!

1023_ragi.JPG

無事今季2本目、38cmのフクラギをゲット!! いやー楽しい! この後はアタリ無く終了。

10/27日 朝

夜半過ぎまでの北風が、午前4時頃に南風に変わった。波が残って難しいかな、と思ったけど、明るくなってから庄川河口のライブカメラで海の状況を確認すると、いけそうな状況。もう午前7時を過ぎているが、フクラギ狙いには良い時間帯のはず。午前8時前に新湊某所へ着。波は残るが、大丈夫そう。

30gのジグを底まで沈め、高速ワンピッチジャークで巻いてくるもさっぱりアタリはない。波があることもあってナブラは確認できないが、時折小さな水柱が上がるので、フクラギは来ているはず。

ならば釣り方を変えてみよう。底まで沈めずに、15~20カウント (10~15秒) 沈めてから、やや遅めのワンピッチジャーク。この作戦に切り替えると一発でヒット! 一気に寄せ、抜き上げ・・・成功!

・・・しかし・・・

ポロリッ・・・

抜き上げた後に暴れたフクラギは、テトラの隙間へ落ちていった。

見える位置だったのでジグヘッドで引っ掛けて回収するも失敗し、奥へ落ちて行った。

釣り再開。同様の釣り方で、すぐにアタリ・・・乗らない・・・直後にもう一度アタリ! 今度は乗った! 1投で2度もアタリ、何じゃこりゃ、人生初のフクラギ入れ掛かり!?

今度も抜きあげまでは成功・・・だけど、またもテトラの隙間へポロリ・・・orz

こりゃイカン、と急いで車に戻り、タモを持ってくる。青物の時合いは短い。続いてくれていると良いが・・・

幸い時合いは続いており、簡単にヒット! 今度こそ・・・

1027_ragi.JPG

タモ入れに手こずってしまったが、なんとか無事ゲット! ムーチョルチア35gにて。

さらに続けてもう1本ヒット! 無事寄せ、抜き上げようとしたところ、

・・・ぶちんっ・・・

何とラインブレイク・・・。でも見るとメタルジグはしっかり残っている。フックレスの状態で。ブレイクしたのは、なんとアシストフックのライン。専用ラインを使って自分で組んだものだけど、これが破断するとはショック。でもまあ、去年からの使い古しだったから、傷んでいたのだろう(涙)

この日はこれで時合い終了。

その後、南風の朝には連日のように接岸は見られるものの、釣果には恵まれていない。

なお、11/1日には私には釣果が無かったですが、活アジの泳がせ釣りをやってた方にカンパチ (40cm強?) が掛かっていました。富山湾の陸っぱり、それも西部では極めて珍しい釣果でしょう。今年の富山湾はカンパチが異常に多いらしく、東部の方では陸っぱりからよく釣れているようです。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: