2010.11.07

釣り : ソフトルアーで青物を釣れ! ショアエビング釣法!!

1106_ebing.JPG

しばらく青物の接岸があっても掛けられない朝が続いたので、新しい試みを試してみることに。

エビング釣法というオフショアでの青物狙いの釣法がある。これは、天秤に、オモリの代わりにメタルジグ (フックレス) を付け、ハリスの先にソフトルアーを付ける。この仕掛けでジギングと同様に釣ると、大半のアタリがソフトルアーに集中するし、通常のジギングを上回るほどの釣果が得られるらしい。何故エビングと呼ばれるのかというと、元々はエビ型ソフトルアーを使っていたから、という理由のようだ。

これはきっとショアからでも有効なはず、と試してみることに。

仕掛けは画像の通り。これは入手容易な釣具を自分の考えで組み合わせてみたもので、オフショアのエビング釣法の本来の仕掛けとは異なる。

天秤はキス用弓型18cm。メタルジグはムーチョルチア35g等。メタルジグにフックを付けるとトラブル多発しそうなので、メタルジグにはフックは付けない。ハリスはナイロン5号を50cmほど。本当は1ヒロ (1.5m) ぐらいの長さがあったほうが良いんだろうけど、ハリスが長いとテトラから投げにくいので短めに。針は管付きチヌ針の8号。もう少し大きめのほうが良いかも? そして、この針にソフトルアーをセット。

使用したソフトルアーは、ダイワ DRスティック (3.5インチ)。このソフトルアーは頑丈な素材で出来ているので、ちょん掛けでも外れることはなく、魚を釣った後も交換の必要が少ないため、オフショアのエビングでは定番らしい。おそらくはシャクリでよくダートするピンテール系のソフトルアーなら何でも良いし、シャッドテール系のテールフィンをカットして使っても良いだろう。

回転での糸ヨレ対策として、念のためサルカンを使ってみてある。不要かもしれないが、あったほうが良いと思って。

ソフトルアーの代わりに、タコベイトや弓角、小型ミノープラグ等をセットしても面白いかも知れない。色々遊べそうな釣法だね。

11/6日の朝、初挑戦。そういえば去年も試して駄目だった気もするが、それは忘れたことにしておく(^^;

午前8時~9時が時合いであることが多い印象を持っていたから、最近は午前8時頃に釣り場に着くように行っていたが、どうも時合いが早くなってきているかも、という気もして、午前7時頃に釣り場に到着。絶好の好天に恵まれた土曜朝なのでエギンガーが多いが、エギンガーの皆様は引き上げ始める時間帯。

割と良い釣り座を確保して始めるも、ナブラは沖の方でも散発的で、岸にはほとんど寄ってこない。

岸に寄ってる気配が無いときはいまいち早巻きとかする気になれないので、こういうときは、底を探って遊ぶことにする。メタルジグで誘い、ソフトルアーを食わせるエビング釣法。きっと青物のみならず、ヒラメ等にも有効だし、もしかするとスローで底を探るのにはジギングよりずっと強いのかも知れない。

キャストしてスローなワンピッチジャーク or スローリトリーブ+トゥイッチで底を探り、岸に近くなったので巻きをやや早めて回収しようとしていると、グンッ!! これは青物の引き! 冷静に寄せると、フクラギ。水面まで浮かせて空気を吸わせ、後はタモ入れ・・・

・・・???!!!・・・

やべ、肩に掛けたタモを取ろうとしたら、肩ひもをメガネに引っ掛けた(汗) メガネを掛け直している間に、フクラギは針から外れて海へお帰りに・・・orz。しかしメガネを海ポチャしなくて本当良かった。予備持ってないし、メガネ無くしたら帰れないよ。今度、車に常備する予備メガネを作っておいたほうがいいなぁ。

岸近くでもナブラが散発的に。時合いだろう。15~20カウント (10~15秒) 沈めてからの中速でのワンピッチジャークを試してみると、数投目、沈めてからの3シャクリ目ぐらいでグンッ! しっかりアワセを入れ、ガッチリフッキング成功! 50~60mは飛んでいると思うので、これは良いファイトを楽しめそう!

グィィーッ!!

幾度もの鋭い突っ込み! それをいなしてかわしながら寄せてくる。これはもしかすると大きい!? ガンド (ワラサ) とかでは無いとは思うが、フクラギなら45cm級、もしくは、カンパチかも!?

何とか岸近くまで寄せたが・・・やべ、こいつ全然浮いてないような・・・!? ・・・このままでは・・・

グゥーン・・・!!

・・・・・・

真下に突っ込まれ、テトラにラインが絡まった・・・orz 残念ながらこれが外れず、ぷっちん。あー・・・。めっちゃ悔しい! テトラからの青物釣りでは、慌てて寄せるのは危険で、沖で走らせて疲れさせ、浮かせてから寄せたほうが良いんでしょうね。

これにて時合いは終了し、結局坊主。

だが、掛けることすらできない日が続いた後で、ショアエビング釣法に挑戦したら、とにかく2本も掛けた! もしかすると、この釣法イケるかも! 今後流行るかも知れない・・・!?

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: