2010.12.27

釣り : 釣果写真にGOOD! iPad で写真をリアルサイズ表示

1227_ipad1.jpg

iPad のディスプレイは横 1024 px / 197 mm 。従って、52 px/cm にサイズ調節した画像をピクセル等倍で表示させれば、リアルサイズ表示 (実物と同寸で表示) が可能。これは、釣果写真をリアルサイズで持ち運ぶには最高だね。

ということで、やってみたわけだが、PC上でのサイズ調節は、Photoshop 等で簡単にできる。しかし、それを iPad に転送して標準の写真ビューアで閲覧しても、望むサイズでの表示ができない。転送の際に大きすぎる画像は勝手にリサイズされてしまうようだ。

大きい画像にも対応していて、ピクセル等倍表示が可能な画像ビューア (写真ビューア、フォトビューア) アプリは無いものか・・・と色々探してみたら・・・

見つけました! ShutterSnitch という奴です。900円と少々お高いのが難点ですが、使ってみた感じは凄くいい感じ。このソフトに辿り着くまで、他のアプリも色々試して、それなりに散在してしまった・・・orz

このアプリ、Eye-Fi カード という、Wi-Fi (無線LAN) 機能付きのSDメモリーカードとの連携が可能な点が最大の売りなのですが、普通に画像ビューアとして用いても優秀なアプリです。簡単に使い方を紹介しておきます:

  1. iPad 上でShutterSnitch を起動し、パスワードを設定。
  2. パスワード設定後、FTP設定が表示されるのでメモしておく。
  3. ShutterSnitch 上で、コレクション (フォルダ) を作成。
  4. ShutterSnitch 上で、コレクションを開く。コレクションを開いていない状態では FTP 接続ができないので注意。
  5. PC から FTP で ShutterSnitch に接続し、画像ファイルを転送する。開いているコレクション内に画像が転送される。
  6. ダブルタップするとピクセル等倍表示。

転送先コレクション (フォルダ) を開いてから画像転送するので、画像の整理が実に快適でいい感じです。

1227_ipad2.jpg

今年春に釣った 48cm の大チヌ (黒鯛) を iPad 上でリアルサイズ表示してみました!

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL:

コメント(1)

ShutterSnitch、転送した画像がいつの間にか一部消えてたりするなあ。間違って削除操作をしたということは無いんだけど、何なんだろう。