2010.12.02

エンターテインメント : ヤマトの映画を観てきた

・・・という夢をみたんだ。ということにしておこう。。。

設定のネタやら映像の作り方やに、バトルスター・ギャラクティカやらスターウォーズやらスター・トレックやらからの海外SFの真似が多い。真似た上で上手くアレンジするならそれも良しだけど、残念ながらただの猿真似に終わってる。日本ならではの何か、というのは皆無。

戦闘シーンはどれも規模が小さく何とも地味で、迅速な決断が要求されるような場面でも無駄に長いやりとりが続き、全く緊張感も迫力も無し。

話的にも悪い意味で西崎ヤマトであって、私が好きな松本零士的な部分はまるでなし。

「ローレライ」は良かったよなぁ。あれはヤマトじゃないけど、ヤマトに通じるものが多く、松本零士的な部分もしっかりあって、あれこそある意味で実写版ヤマトだったと思う。

で、実写版ヤマトの監督は、当初は「ローレライ」の監督が候補だった。戦闘より人間ドラマを重視、という理由で別の監督になっちゃったけど、「ローレライ」の監督が作ったなら、どんなヤマトが見られたんでしょうか。

Category: エンターテインメント

Trackbacks

Trackback URL: