2011.06.25

モータースポーツ : 佐藤琢磨、インディカー史上・日本人初ポール!

taku.jpg

佐藤琢磨 (KVレーシングテクノロジー・ロータス所属) がインディカーシリーズ 2011年 第8戦 アイオワ・コーン250において、インディ史上日本人初のポールポジションを獲得! 決勝は日本時間・明日6月26日(日) 午前10時~ (※稀にスタートが10分程度早まることあり。注意!)、日本ではスカパーのGAORAにて生中継あります。CATVの標準パックにもよく含まれてるチャンネルなので、CATV入ってる方は普通に見れるかも。我が家がこのパターン。インディカーは見たこと無い人が多いと思いますが、面白いのでこの機会にぜひ! 以下、初見の人向けの予備知識など紹介しつつ書いて見ます。

インディカーにはF1と同様のロード・ストリートコースでのレースもありますが、どちらかと言えば楕円状の円周コースを周回するオーヴァル・コースが中心。このアイオワもそのオーヴァル・コースのひとつで、数あるオーヴァルコースの中でも1周が非常に短いのが特徴。1周わずか0.875マイル(=約1.408km)、レースは250周で争われます。

オーヴァルにおいては周回遅れをスムーズにパスしていくことが重要になるのですが、この短いアイオワではそれが特に多発。昨年、インディカーに初参戦した佐藤琢磨はこのアイオワにおいて7位スタートから3位までポジションを上げたものの、周回遅れをパスする際の判断ミスから、周回遅れの車に気流を遮断されてグリップを失い、ウォールにヒット、リタイアに終わっています。

F1においてはリタイアが多かった佐藤琢磨。インディカーに初挑戦した昨年も、残念ながらリタイアが多かった。しかし、インディーカー2年目の今年は安定感を見せ、現在ポイントラインキング9位に付けています。経験を積んだ今年のこのアイオワは期待大です!

今回、琢磨の所属チームであるKVからは3台出走し、3台ともグリーンをベースにイエローのラインが入ったロータスカラーですが、細部のカラーリングは個々に異なり、琢磨のマシンはPanasonicの白線と、リアウィング横の白地に黒の5番のカーナンバーが目印です。

予選2位に入ったのは人気の女性ドライバー、ダニカ・パトリック (アンドレッティ・オートスポーツ)。彼女は2008年のインディジャパン・もてぎ300において初優勝を飾りました。ポイントランキングgは現在琢磨より1つ下の10位に付けています。

予選3位は琢磨と同じKVから出走のトニー・カナーン、高い安定感を持った大ベテランであり、ポイントランキング現在6位。特にスタートの素晴らしさが有名で、開始1周目で10台ごぼう抜きといったパフォーマンスを見せてくれることも。

4位はJRヒルデブランド (パンサーレーシング)。今年のインディ500において、最終週においてトップ走行中、最終コーナーにおいて周回遅れをパスする際、ミスってウォールにヒット、そのまままゴールに滑り込んだものの、この間にダン・ウェルドンに抜かれ、勝利を逃したという恵まれないドライバーです。このインディ500は単一のレースとしては世界最大のイベントのひとつで、ここでの優勝賞金は2011年の場合で2億1千万円超、2位はその半分以下でした。ポイントランキングは現在11位。

5位は現在ポイントランキング首位のウィル・パワー (チーム・ペンスキー)。ロード・ストリートコースでは無敵の強さを誇るものの、オーヴァルでの成績がいまひとつで、昨年は年間総合優勝を逃しています。しかし今年はオーヴァルでの初勝利も得、年間総合優勝が期待されます。

6位はパワーと並んで現在ポイントランキング首位のダリオ・フランキッティ (ターゲット・チップ・ガナッシ)。パワーのペンスキーと、ダリオのガナッシがインディカーにおける2強チームです。

他の注目選手は、13位のエリオ・カストロネベス (チーム・ペンスキー)。トップドライバーの一人ですが、他車と絡んでのクラッシュが多いやらかし屋としても有名。勝った際は金網に登るスパイダーマン・パフォーマンス! 今年は現在のところポイントラインキング13位と、不本意な成績。

19位のEJ・ヴィソ (KVレーシングテクノロジー) は琢磨の3人目のチームメイト。速さはあるが安定感に欠き、単独クラッシュも他車と絡んでのクラッシュも多いEJミサイル(汗) 昨年はこのアイオワで3位に入っています。

23位はスコット・ディクソン (ターゲット・チップ・ガナッシ)。今回の予選ではマシンセッティングのミスから下位に沈んだものの、年間ポイントラインキングで現在4位に付けており、トップドライバーの一人です。

オーヴァル戦においては、予選と決勝はマシンセッティングが全く異なる (※インディ・オーヴァル戦の予選は、1台づつ順にタイム計測し、複数台が同時に走ることは無いが、決勝は常時集団走行となる) ため、予選での上位が必ずしも決勝での結果には繋がりません。逆に、下位から追い上げて上位に食い込むことも充分にあり得ます。トップドライバー達は、たとえ予選で失敗しても、決勝ではしっかり上位に上がってくる強さを持っています。

決勝のTV視聴について

決勝は日本時間26(日)午前10時~、スカパーのGAORAで生中継あり。10分程度スタートが早まることもありますので要注意。

先に言及した通り、オーヴァル戦では上位と周回遅れがごちゃ混ぜ状態で走行することになるため、TV映像だけでは展開がわかり辛い面があります。そこで、TVの横にPCやタブレット端末を用意し、現在の走行順位をWebでモニターできるライブタイミングを併せて確認することをお勧めします。

さらに、予習として、主要ドライバーだけでもマシンのカーナンバーとカラーリングを覚えておくとより楽しめるでしょう。インディカーではF1とは異なり。同一チームであってもカラーリングはドライバー毎に異なります。

GAORAが見られない場合、Web上の (非合法な...汗) ストリーミングで見る方法もあります。URLはここに書きませんし、そもそも当日になるまでわからないのですが、当日 2ch や Twitter の #indyjp タグ ( http://twitter.com/#!/search/%23indyjp ) をチェックするとわかるかも?

この手のストリーミングは英語中継ですが、有志で日本語音声実況をして下さってる方々がいらっしゃいます。英語中継と併せて聞くと大変有用です。

US Racing さんの実況は現地への電話インタビューを含むことがある本格的なものです。なるとらさんのものはいちファンによるものですが、ニコ生ならではの雰囲気が楽しい。

予選後の最終プラクティスにて

予選後に最終プラクティスがあったのですが、琢磨はここでも好調で、3番手タイムをマーク。しかしその直後、バンプ (コース上の微妙な凹凸) で挙動を乱した琢磨がアレックス・タグリアーニと絡み、そのままウォールにヒットするというアクシデントに見舞われました。(※その後のコメントによれば、挙動を乱したのはタグリアーニ?) これが決勝ではなかったのが幸いです。幸いにも自走してピットに戻ることができたようですが、決勝に向けて車の調子に異常が出ないか心配。

その後のコメントでは幸いにも、「壁に擦る程度のぶつかり方なので決勝は大丈夫。セッティングも最後は良くなった」という話。決勝が楽しみです!

決勝では・・・

インディカーシリーズ 2011年 第15戦 インディジャパン・ザ・ファイナル (9月18日決勝)

なお、もてぎで例年開催されてきたインディジャパンは、残念ながら今年で最後となります。これは、震災前からの決定事項でした。

もてぎには日本国内唯一のカーレース用のオーヴァルコースが存在 (※レース用ではないテスト用コース等は他にも存在) し、インディジャパンはこのオーヴァルコースで開催されてきました。というか、インディジャパンが唯一、このもてぎにおいてオーヴァルを本格的に用いるカーレースでした。

しかし、今回の震災でこのオーヴァルコースが破損し、修復が困難な状態となってしまいました。残念ながら修復はしないことが決定され、開催が危ぶまれたインディジャパンですが、今回はオーヴァルに併設されたロードコースを利用して開催することが最終的に決まっています。ロードコースもオーヴァル同様に破損したのですが、幸いこちらは修復作業が既に完了しています。

インディカーシリーズ 2011年 第15戦 インディジャパン・ザ・ファイナルは9月18日が決勝です。インディカーが日本のロードコースでレースを行なうのがこれが最初で最後。こちらも今から楽しみです。

Category: モータースポーツ

Trackbacks

Trackback URL: