2011.07.17

釣り : ハゼ試釣&延べ竿でキス釣り

そろそろ食べ頃サイズのハゼが釣れ始める季節...のはず。土曜日の夕方、庄川右岸高新大橋下のハゼ釣り公園に試し釣りに行ってみた。残念ながらアタリはほとんどなく私は坊主だったものの、同行者が12cmぐらいのハゼを2匹釣った。このサイズなら釣る価値あるなぁ。どこかには居るのだろうから、ポイント次第で良い釣りができそう。

河口付近の浅場が良いかも、という情報を得たので、翌・日曜朝、今度は庄川河口右岸のサーフへ。午前7時ぐらいに開始、もう随分と日が高い。

0717_kiss1.JPG

Great鱒レンジャー (1.5mの1ピース・グラスロッド) に2号 (7g) の中通しオモリ、短ハリスに流線針の一本針というハゼ狙いチョイ投げスタイルでスタート。しかし釣れてきたのはハゼではなくキス! 上の写真でもわかるように波打ち際から3m程度の辺りから急なカケアガリになってて、そのカケアガリにキスがいっぱい居る模様で、めっちゃ当たってくる。これなら延べ竿で狙える!? ということで、数匹釣ったところで延べ竿に切り替え。今の時期のハゼはポイント次第では延べ竿でよく釣れる、という話だったので、持ってきていた。

持ってきた延べ竿は、3.9mの振り出し延べ竿。たぶん渓流竿? エビスと書いてある。その昔、エビスグラスロッドというメーカーがあったらしく、おそらくこれがそうだろう。当時の価値はわからないが、最近、リサイクルショップ (釣り具専門ではない一般のリサイクルショップ) で300円で買った。傷は少なからずあるものの、実使用には全く支障は無く、お買い得だったと思う。

竿の長さよりやや長めにラインを結び、流れがやや強いポイントなので重めのガン玉を3個打ち、流線針を1本結ぶ。ミャク釣りスタイルですな。

初挑戦の延べ竿キス釣りですが、いやー普通に当たってくる。そしてひじょーに柔らかい竿なので食い込み抜群、掛け易い! チョイ投げに使った鱒レンジャーも柔らかい竿ですが、それに比べても段違いの柔らかさ。むしろチョイ投げより手返し良く釣れる感じ。

ただ、釣趣としてはどうだろう。3.9mのグラス延べ竿の竿尻を片手で持って支えるのはそこそこ力が要り、情けないことに、非力な私には少々辛い。そして竿を支えるのに力が要る分だけ、魚の引きは楽しみにくい感じ。キスのサイズも小さめということもあり、アタリに合わせてひょいっと竿を立てただけでぽーんと引き抜けちゃうし。これはこれで面白い釣り方だとは思ったけど、俺好みではないかも。グラスよりはずっと軽いカーボン延べ竿ならまた違ってくるかな?

日が高くなってくると、延べ竿ではアタリが遠のいてきたのでチョイ投げに戻す。チョイ投げでも先ほどまでほどは当たってこないなぁ...と思いつつあちこち探ってみたら、中型キスがすっごい固まってる投点を発見! 数匹追加し、午前11時納竿。

0717_kiss2.JPG

結果、3人で中小型のキスが34匹! と、本命、ミニマムハゼ1匹(^^; うち20匹ぐらいが俺の釣果だと思う。普段キスは漁港内チョイ投げばかりで、10匹も釣れれば好釣果、って感じだったので、20匹も釣れたのは自己新記録かもしれない。やっぱキスはサーフなんですなぁ。

これまで色々な釣り方でキスを釣ってきたけど、キスの釣趣は、やはり超ライトタックルでのチョイ投げが最高。特に、メバルロッド+PEラインの組み合わせが一番好きかもしれない。派手に曲がるし、手元にも魚の動きがよく伝わってきて素敵です。今日使った鱒レンジャーだと、メバルロッド以上に派手に曲がるのは楽しいけど、柔らか過ぎてロッドが魚の動きをほとんど吸収してしまい、あまり手元までは伝わってこない感じです。でも、ハゼにはメバルロッドより鱒レンジャーが好き。アタリがずっと取りやすく掛け易い。

しかし、普段漁港内チョイ投げで一番良く使ってるのは、アルファタックル WIZZ リアリティ 小継 防波堤 1.5-300 ですね。メバルロッドよりは射程が長い (PE0.8号、中通しオモリ4号 (15g) の組み合わせで30~40m) し、メバルロッドほどではないけど派手に曲がってくれるので、バランスが良いんですよ。価格も安いし、中小物釣りに幅広く使えてオススメです。

最近、ダイワからDsmarts (ディースマーツ) なる新ロッドが登場してますね。一見ルアーロッドですし、普通にルアーにも使える竿ではあるんですが、メイン用途としては超ライトタックル・チョイ投げキスなのだそうです。いわば、チョイ投げキスに最適化されたメバルロッド、といったところでしょうか。

メバルロッドでのキス釣りが大好きな私なので、その釣趣を維持しつつ、手持ちのメバルロッドでは物足りない部分である射程を延ばしてくれるであろうこのロッドは、とても気になるところではあります。が、1万円台後半という実売価格。決して高級ロッドというわけではないですが、私にとっては気軽に買える値段じゃないです。

そして、冬には50~100m程度の距離で良型キスがよく釣れるポイントを知っているので、この時ばかりは遠投タックルの出番ですね。20cm級がぽんぽん釣れるので、さすがにこのサイズだと投げ竿でも良い感じに引きを楽しめます。

...ところで、ハゼは何処に? 何処かには居るはずだし、ポイント次第では良い釣りができると思うんだけれども、今の時期のポイントはよくわからん。秋に入ってからならわかるんだけれども。今の時期に氷見の方の河口でよく釣れるらしい、という情報は得たのだけれども、少々遠いので、できれば小矢部川か庄川でよい場所が見つかると良いな。がんばって開拓したい。

Categories: キス・カレイ / 釣り

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: