2011.10.08

釣り : カマス25cmオーバーが入れ食い!

前回のカマス、5gのメタルジグでは反応薄く釣れても小型。20gのメタルジグでは良型が少数釣れたけど、ジグが大きすぎるのか針掛かりが悪かった。そこで、一回り小さな14gのメタルジグを新調してみると、

1008_kamasu.JPG

25cmオーバーの良型カマスが連発!

ほとんど1投1匹釣れる。アクションとしては、フルキャストして、少し沈めて、2度ほど大きくリフト&フォールでアピールし、その後早巻き+トゥイッチ。巻き始めた直後に掛かることが多かった。つまり遠くで掛かる。しかも型が良いのでよく引いてくれる。1.5-3.0mの短磯竿を主体にやってたけど、試しにエギングロッドでも少しやってみたら、エギングロッドでもそれなり楽しめるぐらいの引き。

結果、10/7(金)朝、新湊にて、1時間ほどで最大28cmまでのカマスが17匹、ほとんどが25cmオーバー。いやー、工夫の末、良型だけを選んで連発することに成功。満足。

ただし、メタルジグ1個ロスト。恐らくは丸呑みされて歯で切られた。結構デカそうな引きだっただけに残念。そして、カマス相手ならロストは無いだろう、と踏んで、ちょっと高めの1個520円のジグを選んでいただけにちょい痛い。

メタルジグは、堤防ジグの14g。フックは、標準のトレブルフックのままのものと、ミノー用のシングルフックに交換したものをそれぞれ試した。どちらもテールフックのみでアシストフックは無し。釣り比べてみて、シングルフックのほうが釣れた後魚を外しやすいので手返し良くて良い感じでした。

数も釣れたし満足した所で、同じ堤防内で根元から先端まで、堤防の両側にそれぞれメタルジグを投げて調べてみたところ、同じ堤防内でも特定の場所でしかカマス釣れないことが判明。型は良くなってるけど、釣れるポイントが絞られてきてるのかもしれない。

ま、新湊周辺なら、聖地・越の潟に行っておけば確実だろう。聞いた話だけど、1時間で20~30匹ぐらい釣れてるようだ。ただし人気ポイントなので多分、人は多い。

アオリイカの方は、この朝は15cmぐらいを1杯、他、バラシ1。日の出後に短い時合いがある感じ。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: