2011.11.12

エンターテインメント : 「宇宙戦艦ヤマト2199」 特報ムービー

初代「宇宙戦艦ヤマト」が、劇場アニメとしてリメイクされる。タイトルは「宇宙戦艦ヤマト2199」。またヤマトか、と思われる方もいらっしゃるだろうが、実は初代ヤマトのリメイクは、昨年の実写版が初であり、アニメとしてのリメイクはこれが初だったりする。

で、その特報ムービーがこれなわけだが...。

正直酷すぎないか? 古代進らしきキャラはいかにもひ弱そうなデザインにされてしまったし、メカや戦闘の描写も、素人が作ったフラッシュアニメかよっていうレベル。いや、今時のハイレベルなアマチュアならこれをはるかに凌駕するものを作れるかもしれない。こんなレベルの代物を世に出しちゃいけないだろう。

噂によると、今回のヤマトには巨大ロボまで登場するらしいという話もある。何だよそれ? 全く意味がわからない。

「ヤマト」は、西崎義展と松本零士双方の力があってこそ出来た作品。特に、初代ヤマトでは松本零士の意向が強く反映されており、特攻万歳な西崎義展の路線を変え、「必ず生きて帰る」ヤマトにしたのが松本零士だったとも聞く。

しかし両者は仲違いし、ヤマトの権利は西崎義展が握ることになったため、もはや松本零士色を含むヤマトは作れなくなった。実写版が特攻エンドとなったのも、こういう事情が背景にあったのだろう。

その西崎義展は昨年末、実写版の公開を目前に控えて事故死した。しかし今回のリメイク企画は西崎義展サイドによるものらしく、よって松本零士色はやはり廃される結果となるようだ。松本零士色の無いヤマトなんて。ましてや初代ヤマトなんてなぁ。

俺の属性としては、ヤマトファンというよりは松本零士ファンです。

願わくば、「銀河鉄道物語」のクオリティで「ヤマト」が見たかったよ。あれは近年の松本零士アニメの中では屈指の出来。全てが良いというわけでもないけれども、後半からフィナーレにかけては素晴らしい。主題歌は当然、ささきいさお。松本零士本人はほぼノータッチだったようだが。

メインストーリーを2時間にまとめた総集編も出ているが、この総集編の出来は正直あんまり芳しくはないので、見るなら1話ずつちゃんと見ていくのがお勧め。

11/13追記: どうやらこれ、劇場映画ではなくTVシリーズであり、その序盤を劇場で先行公開するという企画らしいです。TVシリーズという点を考慮してもこのクオリティは無いなぁ。キャラデザが今風になってしまうのはやむを得ないとしても、メカの存在感や戦闘の描写は素人以下だろう。

11/19追記: 「ヤマト2199」と同じ出渕裕氏の監督による「ラーゼフォン」、見てみましたが良かったです。映像がとても綺麗。

Category: エンターテインメント

Trackbacks

Trackback URL:

コメント(6)

宇宙戦艦ヤマトは松本零士さんの作品では無いので、松本零士さん好きの人が語るのはナンセンスです。

>特に、初代ヤマトでは松本零士の意向が強く反映されており、特攻万歳な西崎義展の路線を変え、「必ず生きて帰る」ヤマトにしたのが松本零士だったとも聞く。
これ間違いですよ。
>巨大ロボ
2chネタですか?

ま、私はヤマトファンじゃないので細かいことはよくわかりません。それでも私は、ヤマト(初代)が松本零士作品という考えを改めることはないですね。ヤマト(初代)は松本零士の色が濃いと感じるからです。

法律上の著作者人格権は西崎、ということになりましたが。そんなのどうでも良いんですよ。結局、作品をどう見るかは個々のファン次第ですから。主観の問題なんです。

私の知る巨大ロボの噂はTwitter発祥です。
https://twitter.com/keiichisennsei/status/134445691442442240

もちろん真偽は知ったこっちゃないです。その後の情報については追ってないのでわかりません。この真偽がどうであれ、もはや2199には期待してないですから。

ちなみにそのネタ元のTwitterアカウントは、
漫画家の田中圭一さんのもの…で良いのかな?
本人かどうかは未確認。

キャラ、確かにムゴすぎます。これじゃオリジナルのほうがはるかにマシにみえます。

キャラデザを担当した結城信輝さん、
この方は過去にはハーロックを手掛けていて、
その際は松本零士のタッチを尊重しつつも
うまくブラッシュアップしてたんですが。

SPACE PIRATE CAPTAIN HERLOCK
http://www.vap.co.jp/herlock/

確かザ・コックピットも一部手掛けていたはず。

No.30871のとびさんのコメントへの返信

あなたの理屈が分からない?
>松本零士さん好きの人が語るのはナンセンスです。
意味不明・・・