2011.12.31

釣り : 納竿釣行でフクラギと...!?

12/29日、朝9時過ぎから新湊にて納竿釣行。例によってアジ泳がせでフクラギ...ついでにぶっ込み泳がせもやってみる。

フクラギ狙いの浮き泳がせは何と1投目、投げて10秒でアタリ! も乗らず。その30分後の10時頃に2回目のアタリがあり、こちらは無事キャッチ...したまでは良かったけれども、血抜きしようとナイフを入れてバケツに突っ込むも、あれ血があまり出てこない? 多分、心臓を傷つけてしまった。

11時前に2本目のフクラギをキャッチ。するも、今度は待ち過ぎて針が胃の中に入ってしまい、取り出せず。血抜きはうまくいった。

この2本目の後はアタリが止まる。

もうすぐ午後1時になる頃。開始から一度もアタリが無いぶっ込み泳がせはそろそろ止めようか、と巻き上げ中、仕掛けがテトラ際に来た際にズンッと根掛かった...いや引いてる!

やたらと重い引き! 仕掛けの回収中だったためにあまり良い足場では無かったので、急いで足場を移動し、有利な角度を得てポンピングで浮かせ、無事キャッチ! したのは、黄色っぽい大型アイナメでした。これは予想外の釣果でびっくり!

...のファイト中に、今度は浮き泳がせの浮きが見当たらない!? アイナメを取り込んだ後、急いで浮き泳がせ竿を合わせる...あれ!? 少しは重いので何か乗ってるけど、全く引かない...何じゃこれ?

でも釣れたのはフクラギさんでした。どうやら、アタリがあってから合わせまでに間が空いたため、またも針が胃の中まで達し、胃の中にフッキングしてグロッキーだった模様。しかしこれは、針外しを深く突っ込んだらスルッと取れた。使ってる針外しは、HIROCA OKハリはずしという奴。これ、めっちゃ良く外れます。安いし割とどこの釣具屋にも置いてあるのでオススメ。

この3本目のフクラギは血抜きも無事成功し、3本目にしてようやく針も残らず血抜きもうまくいった。

1229_raginame.JPG

ということで、フクラギ3本に大型アイナメ1本という好釣果でした。帰宅後の計測では、アイナメは40cmジャスト/960g! 自己新記録でした。これまでの記録は多分32cmだったかなぁ? 満足したので今年はこれにて納竿。

フクラギのうち1本は、この日の夜の忘年会で、お店でお造りにしてもらいました。血抜きに失敗したり体内に針が残った魚は持ち込みたくなかったので、3本目でうまくいってよかった。食べたのは釣ってから約6時間後。旨味は出てないけれども歯ごたえが素敵な頃で、好評でした。

12/31日

29日の釣行で納竿のつもりが、弟夫婦がフクラギ釣りたいと言ってきたので、31日も付き添いで出撃することに。午後からの釣行。またもアジ泳がせです。

年末年始は天気良くないと聞いてましたが、31日の午後の高岡周辺は、時折小雨が降るものの太陽も姿を見せるような好天。

さっさと小アジを確保して1投目、5分ぐらいで早速のアタリ! 合わせまでは俺がやって、あとは弟の嫁に渡す。も、魚が走って悪い角度になったので弟が引き継ぐ。しかし角度が悪すぎて、テトラに乗らないと寄せれない状態になったので最後は俺が引き継ぐ。が、その判断が遅く、テトラ際で下に突っ込まれてラインがテトラに絡まった! 慌てず少しテンションを抜いて様子見し、動き始めたタイミングで一気に浮かせて無事キャッチ。フクラギでした。大騒ぎな1本でした。

ちなみに弟は釣り経験は豊富ですが、今日は釣り用の靴ではなかったために濡れたテトラには乗れなかった。

その後しばらくはアタリが無かったものの、1時間ちょい過ぎた頃、俺の竿と弟の竿にほとんど同時にアタリ! 俺の竿は、合わせる前に浮きが浮いて餌がなくなっていたものの、弟の竿のほうは合わせも決まり、今度は無事に弟が一人で寄せ切り、タモ入れだけ俺がやりました。これは型がちょっと良かった。計測はしてないけど、多分43cm/800gぐらいだったかな?

弟夫婦はこの2本を持って先に帰っていき、以後俺だけで夕まずめまで粘ったけどアタリは無く。やはり俺の今年の釣りは29日で終わっていた模様ですな。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: