2012.02.14

釣り : いよいよホタルイカ接岸始まる

今年ももう2月中旬、富山湾沿岸にはホタルイカの先発隊の接岸が始まったようです:

本格的な接岸は3月から4月にかけてですが、今月2月22日の新月前後には、風や波が穏やかであればきっとある程度まとまった接岸が望めるんじゃないでしょうか。ホタルイカパターンでのルアー釣り、いよいよシーズンインですね。

このホタルイカが接岸する時期の富山湾の陸っぱりでは、ホタルイカを捕食する各種のフィッシュイーター (黒鯛、メバル、シーバスなど) が比較的簡単にルアーで狙えるんです。ホタルイカパターンでのルアー釣りの場合、黒鯛は最小でも40cm前後であり、50cm級も決して珍しい釣果じゃないです。

この寒い時期の、深夜から朝方にかけての釣りですので、その点では難しさもありますが、釣り方そのものは比較的簡単ですので、挑戦できる方はぜひトライしてみて下さい。

私の方は、1月10日からずっとまる一ヶ月も風邪気味で、今はだいぶん良くなったけど、まだ完調じゃない感じ。2/22日前後には出撃したいですが、体調次第では諦めねば。

Categories: 釣り

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL:

コメント(5)

こんにちは。
いつも見させてもらってます。
どうしてもクロダイをルアーで釣ることができないんです。
どうしたらクロダイに相手してもらえるでしょうか…
図々しいお願いすみません

>寝不足パパさん
私の場合、ホタルイカが接岸し得るポイントで、少量の接岸があって、
ルアーとその使い方が合っているという、全ての条件が整ったような
釣行が3回あれば、1回ぐらいは釣れるかなって感じです。

出発点は、ホタルイカの光を見つけることですね。
かなり明るいので、見れば一発でそれとわかると思います。
もしこれを見たことが無いのであれば、
ポイントや接岸条件が合ってないか、あるいは単に運が悪いのか。

ホタルイカの少量接岸下での釣行を数回こなすことができても
釣れないのであれば、釣り方の問題が考えられますね。

釣り方は、最初の1匹を目指すのであれば、
ラパラCD7のオレンジかピンク系で
デッドスロー引き一択でいけると思います。
デッドスローというのは、2秒に一巻きぐらい。

少し沈めてから引き始めますが、沈め過ぎによる根掛かりには注意。
底層を狙う必要は無いですので、程々に沈めればOK。
水深6~8mの場所なら、最大でも着水から20秒程度といったところ。
毎分90カウントでカウントダウンするなら30カウントです。

ただCD7はサーフ等の水深が浅い場所には向かないかも。

丁寧な回答ありがとうございます
いつも西の大河川のテトラとテトラの間を狙ってるんですがあそこは浅いですからね…
別の場所にしてみます

西の2つの大河川の間にある離岸テトラ帯ですかね?
あそこではやったことはないですが、
そこで釣った人のブログ記事は見たことがあります。

サーフでも狙えるわけですし、
水深についてはさほど関係ないのかも。

やっぱりカウントダウンは実績あるんですね
その通りです、あの挟まれた離岸堤の間に投げ込んでます
でもあそこは難しい‥というよりまず釣りかた間違ってるのかもしれないですね。
なかなか最初の一枚が‥壁は高いです