2012.03.31

ランニング : スローライフを堂々と! ~ランニング始めました~

さて今年は年始に風邪引いて、症状は軽かったのにそれが何故か長引いて回復まで40日もかかったわけで。その間仕事はお休み。それ以前から仕事がうまくいっていなかったこともあって変に欝入ってしまって。

ま、その仕事は潮時だと思いましたし、結局辞めることにして、今は別の仕事を少し始めてみたけどまだまだ収入はわずか、という状況。そんな中でも気持ちだけは前向きに生きよう、風邪に負けないように体力もつけよう、ということで、風邪から回復した2月下旬からランニング始めました。ランニングのようなリズム運動は、気持ちを前向きにする上ではとても有効なんだそうで。

私は中学時代は陸上部で長距離やってました。陸上選手としては決して速い方ではなかったですが、それでも3kmを10分半で走れる程度には速かったです。ま、この程度では大会だと最下位クラスなんですけどね。

高校に入って以後は今までまともに運動はして来なかったですが、移動の際は歩ける距離ならなるべく歩く (それも早足で) ように心掛けていて、それにより最小限の体力は維持できていたのかな?

今になってランニングを始めると決めて、初めて走ったのが2/22日。Googleマップを参考に3kmジャストのコースを選んで、割とガチに走ってみたのですが、タイムは18分ちょうどほど、ペースにして約10km/h (6m/km)。これでもうヘロヘロでした。さすがに中学時代に比べて大幅に遅い。病み上がりということもありましたけどね。

以後、この同じ3kmコースを継続して走ることに。目標があったほうがゲーム性が高まって楽しめるだろう、ということで、短期目標としては 3km/15分 を設定しました。

翌2/21日はすっかり筋肉痛で遅めのペースで走り、3km/21m = 8.6km/h (7m/km)。そしてその後は急速にタイムが伸びてきて、2/29日には 3km/16m24s = 11.0km/h (5m28s/km) に。

run2012-02.jpg

そして3/8日には、3km/14m54s = 12.1km/h (4m58s/km) まで伸び、短期目標を達成。日常の移動でのウォーキングで最小限の体力維持は図っていたとはいえ、ちょっと走るだけでもずいぶんと体力向上するもんですね。これは楽しい。

以後、タイムよりは月間走行距離に目標をシフトし、月間目標を 30km に設定してみるも、今のペースでは達成が簡単過ぎることに気づいて月間 50km に修正、以後順調に距離を重ね、本日3/31日に 51.2km に到達、月間目標を無事達成しました。

run2012-03.jpg

当初の短期目標だった 3km/15m は、今となっては標準的なタイムになりつつある感じです。このペースで走っても3km程度ならそれほど疲れることもなく、筋肉痛になったりもしないです。かといってこれ以上ペース上げるのは厳しい感じでもありますが。

ということで、今は km あたり 5分前後~6分ぐらいでランニングを続けているわけですが、これは割と早めのペースのようです。私は一応は元陸上部ですし、今でもある程度体力は残っていたんでしょう。一般的には km あたり 6~7分 というのが一つの目安、みたいな感じですし、無理せず各自に合ったペースで走ってみて下さい。

なお、当初はくたびれたスニーカー (多分ランニング用の設計ではない) で走っていたのですが、若干足首が痛くなってきたこともあり、最近ランニングシューズを新調しました。4千円ほどの品で、適性ペース6分以上/kmの、遅めのペース用のシューズですが、安物とはいえさすがは専用品。素晴らしい衝撃吸収性能で、ぐっと快適に走れるようになりました。本当は今の自分の普段のペースに合わせて適正ペース5~6分用のシューズが欲しかったのですが、このクラスだと6分以上/km用のものに比べてワンランク価格も上がっちゃうので諦めました。

(追記: 足首の痛みはなくなったものの、その後も軽い膝痛が続いてました。そこで、その対策としてランニング用膝サポーターを買ってみたところ、それでほぼ解消できました。ということで、膝サポーターorサポートタイツもあったほうが良いです。シューズと併せて揃えておきましょう)

ちなみに、このグラフや表も含め、ランニング記録の管理は JogNote というサイトを使ってみています。なかなか使い易いですね。

せっかくなので、マラソン大会にも出てみることに。4/29日の魚津しんきろうマラソン、10kmの部にエントリーしました。目標タイムはとりあえず1時間以内かな。20kmの部もあるのですが、20kmはまだ荷が重いかな、と。

ゲストランナーで間寛平さんが来るそうです。なお、申し込みは既に締め切られています。

年間目標としては、11月の高岡万葉マラソン 20kmの部の完走です。中学時代には 5km の部に毎年出場していた大会です。久しぶりに走るのが楽しみですね。

俺にとっては多分、ランニングとは消極的に生きるための積極性かなって思ってます。俺のようなスローライフ人間の場合、時々こんな生き方で良いのか疑問に襲われるが、体調さえ良ければ堂々とスローライフ生きれる。かも。とりあえず気持ち的に明るくなれるのは実感してます。

年間自殺者3万人の日本。その背景には、日本には、「自力で生活できない人を政府が助ける必要はない」と考える人が約4割も居る。これは、世界中で断トツに高い という事実があるんだそうです。

日本は、世界一世知辛い国 ということなんでしょうかね。つまり、自殺者たちは、必ずしも自ら死んでいるんじゃないんです。多分、こういう世相にも追いやられて、死に至っている。あなたもまた、その加害者かも知れない。あなたにとっても、誰にとっても、無縁の問題とは言えないんじゃないんでしょうか。

考えてもみて下さい。あなたは今、人並みに仕事をして、人並みに生きることができているかもしれない。でもね、それがずっと続くという保証はどこにもないんです。世界的に見て、先進国の失業率は高い水準が続いています。日本ではまだ他の先進国に比べて失業率は低いかも知れないけど、いずれそうなる確率は充分にあるんじゃないんでしょうか。中期的に見れば、多くの人が、失業予備軍と言えそうです。

そうなってしまって、どうしようも無くなってしまうのは、単純にそうなってしまった人個人の責任なんでしょうか。そういう人は見殺しにすれば良いんでしょうか。そんな世の中で良いんでしょうか。

俺は自殺志願者ではないけど、俺のような生き方が普通に認めてもらえる世の中になれば、少しは自殺者も減らせるんじゃないかと思う。というのは自意識過剰か。積極的に生きなきゃ白眼視される世の中は息苦しいよね。スローライフを堂々と、が俺の人生の今のテーマです。

結局、人生は何を達成するか、ではなくて、どう自己肯定していくか、なんだと思う。状況はなかなか変えられないかもしれないけど、悪い状況にあっても笑顔になれるのが人の強さ。前向きな気持ちさえ持てれば、状況も少し変わってくるかもしれないしね。

悪い状況にあるなら落ち込まなきゃいけない。悲しいことがあったら、悲しんでいなきゃいけない。そんな決まりなんて、無いんですよ。どんな状況にあっても、笑顔でいても良いんです。きっと、そうであって欲しい。

Categories: ランニング / 雑想

Category: ランニング

Trackbacks

Trackback URL: