2012.04.10

釣り : 人生初の年無しチヌ撃沈!&ヒラメ開幕

4/10日未明、4時少し前からの釣行。月明かりもあるしホタルイカの接岸は無いはず。よって黒鯛ではなくメバル狙いの釣行。今春はまだメバルはまともに釣れていないが、そろそろ良い時期だ。黒鯛はもう2枚も食べたし、今は黒鯛よりメバル食いたい。出撃前の風速計チェックでは向かい風となる北西の風が少々吹いているという情報だったが、ポイントに着くとほとんど無風で、しかし良い感じの波気が出ている。

メバル狙いの際はいつもそうするように、まずは6cmのシンペンで表層を探ってみる。早々にククッと重みが乗りかけたが乗らず。これはメバルっぽい。以後、ツンツンッという感じのごく軽いアタリが何度か続き、やがて無反応になった。5cm級のプラグをいくつかローテーションしてみるが無反応。

ワームに切り替える前に、一応CD7を投げてみる。ホタルイカの光は見ないし、多分反応してくれないとは思うが...。

時間は4時半頃。その一投目、だいぶん手前まで引いてきた際に、ツンツンッと軽いアタリ。ありゃー反応してくれるんだ。2~3投すると、やはりだいぶん手前まで引いてきた際に、

グゥン (...ッ! 即合わせて) 乗った! ジィ~......

ありゃ~...。黒鯛ですぜこいつは。そういや最初の乗りかけたアタリを除いて、その後続いたツンツンッという軽いアタリは黒鯛っぽかった印象。メバルロッドで掛けてしまったが、何とかなる...かな?

動きが止まったタイミングで少しづつ巻いてみるが、巻けてるのかよくわからん。少し巻いてもまたジィ~...っとラインを引き出されてしまう。しかし焦ることはない。黒鯛は根に突っ込むような魚ではないし、持久力もさほどは無い。運悪く根ズレさえしなければやがて浮いてくる...が根ズレは怖いな。リーダーは確かフロロ1.7号、メインラインはPE10lb (0.8号)。根ズレしたら多分、一発で切れる。そしてこの場所は根が多い。

一進一退の攻防が30秒ほど続いただろうか。抵抗は弱くなり、順調に巻いてこれるようになった。水面近くまで姿を見せた後、もう一度ジィ~...っと潜られたが、それも最後の抵抗。その後は素直に寄ってきて、水面に頭を出して勝負あり。根ズレしなくて助かった。慎重にタモ入れしてキャッチ成功! 重~

0410_chinu_50cm_face.JPG

えーと確かこのタモ枠って直径55cmのはず。それより少しだけ小さいぐらいのサイズということは...。メジャーを当ててみると、ええっ!? 53~54cm!? いやいやマテマテ、魚の上からメジャーを当てるんじゃない。タモから出して、メジャーの上に魚をのっけて、口を閉じさせた状態でメジャーの0点を合わせて...

0410_chinu_50cm.JPG

人生初、年無しチヌ撃沈!!

サイズは50.5cm~51cmってところ。確実に50cmは超えてる! 人生初の年無しチヌです! 釣り人の間では、50cm超えの黒鯛は年無しと呼ばれます。何年生きてきたのかわからない、という意味です。少なくとも10年以上はかかると言われています。満足したので即納竿。なお、今回のCD7は太軸フックに換装済みでしたが、さすがに全く曲がることはなかったです。

年無しチヌを釣るのは釣り人の夢で、数が少ないだけでなく警戒心が強いことから簡単には釣れません。が、ホタルイカが接岸すると、こんな大型黒鯛でも目の色変えてそれを追い回すようで、うっかりルアーにも食いついてしまうんですな。だから比較的簡単に釣れてしまう。今朝はホタルイカの光は見ませんでしたが、釣行開始前に少し来てたのかも知れませんね。加えて、程良い波気が警戒心を解く助けになったのでしょう。

昼前に釣具屋 (エキスパートさん) に持ち込んで、計量と魚拓をお願いしたところ、実寸51cm/2.24kgでした。魚拓は魚は当日返却してもらえますが、文字入れが外注なのでその完了まで2~3日。完成が楽しみです。

俺がホタルイカパターンのルアー黒鯛を始めたのが2009年。その年の釣果は3枚で、38cm、43cm、45cm/1.8kgでした。続く2010年は、48cm/2.0kg、48.5cm/2.0kg、40cmの3枚。2011年は43cm、49.5cm/2.35kgの2枚。わずかに年無しに届かず惜しかった。

そして今年。46cm、47cm、ついに今回の51cm! ホタルイカパターンで俺が釣ってきた黒鯛としては11枚目でした。でもまあ、ホタルイカパターンの場合、サイズなんて運ですよ運! 一発目で年無しも夢じゃないし、釣果を重ねれば当然のようにこんな型も来るもんです。

ヒラメも開幕

その前日、4/9日の朝です。メバル狙ったけど全く釣れず、明るくなってから心臓ベイト4インチでヒラメ狙い。良い感じの追い風で、心臓ベイトが気持ちよくすっ飛んで行く朝でした。

確か3投目だったと思う。投げて、沈めて、2回ほどリフト&フォールしたら、フォール中にラインがスッと張ったのですかさず合わせて乗った! まずまずの型、一気にゴリ巻きで寄せて、そのままの勢いで一気に引き抜く。

0409_soge35cm.JPG

今春初! ソゲさん 35cm

ソゲとは小さいヒラメのこと。ひとつの目安としては、1kg未満がソゲでそれ以上がヒラメとされていますが、明確な定義は無いようです。

ソゲ・ヒラメはなかなか釣れない魚ですが、富山湾では春には比較的簡単に釣れます。毎年同じ時期に同じポイントに来るので、パターン知ってると勝負早いですね! 本番は5月で、今はまだ走りですが、今の時期は数は多くない代わりに型が良いようです。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL:

コメント(1)

すげーっすね!!
最近いつもの場所ばかりでやってるんですが…なかなかタイミングやら運がないらしく。
ソイやシーバスばっかりです。
自分も早く年無し釣ってみたいですわ