2012.05.28

モータースポーツ : インディ500、凄かった! (動画あり)

いやー凄すぎました! 最初から最後までドキドキしっぱなし。最高過ぎるレースでした。全く知らない人向けに、基礎知識紹介を含めてまとめを。なお、うる覚えで書いてるので間違いもあるかも知れません。予めご了承下さい。

インディ500とは?

インディ500とは、世界3大レースのひとつであり、今年が101周年、96回目の開催でした。1周2.5マイル (4.0km) の楕円形のオーバル・コースであるインディアナポリス・モータースピードウェイを200周、500マイルをオープンホイールのフォーミュラカー走破する長丁場かつ超高速の過酷なレースであり、最高速は 360 km/h を超えます。今年は日本人としては佐藤琢磨選手が参戦。

インディカー・シリーズでは、昨年まではホンダ1社がエンジンを供給していましたが、今年からはシャーシが新型 (全チーム共通) になり、エンジン供給もホンダに加えてシボレー、ロータスが加わり、3社でのエンジンウォーズに。

予選まで

インディ500では、初参戦のルーキードライバーや、インディカー・シリーズにはレギュラー参戦せずにこのインディ500のみにスポット参戦するドライバーが多いこともあり、レース前には1週間以上に渡って練習走行が実施されます。そこでは、ホンダ勢とシボレー勢の実力は拮抗しているように見えました。ロータス勢 (ジャン・アレジとシモーナ・デ・シルベストロの2台だけ) はまるで駄目。

今回のインディ500では、予選に限って通常よりも高いブースト圧の使用が認められており、予選の前日には、予選用のブースト圧を使っての練習走行が1日だけ実施されました。この日、なんとシボレー勢が大幅にスピードアップ。ホンダ勢も伸びてはいるものの、シボレー勢に比べて伸び幅が小さい。ホンダエンジンとシボレーエンジンでは、ブースト圧の上げ幅は同じなので、この違いは不可解です。

どうやら、シボレー勢は前日までの練習走行では通常よりも低いブースト圧で走行しており、本来のパワーを隠していたらしいのです。

予選!

迎えた予選では、シボレー勢が上位を独占。佐藤琢磨は、19位という厳しい結果に終わる。

最終練習走行

ですが、決勝前の最後の練習走行ではまた勢力図に変化が。ホンダ勢が速さを取り戻し、佐藤琢磨はこの練習走行では4位という好結果。

インディ500は長丁場であるため、予選後には全車がフレッシュなエンジンに積み替えたのですが、どうやらフレッシュ・エンジンかつ通常のブースト圧であれば、シボレー勢とホンダ勢の実力は拮抗しているようです。

決勝!

そして迎えた決勝は、ホンダ勢がむしろ優位に戦う展開となりました。気温が高くなったことにより、シボレー勢が熱対策に苦労したことがホンダ勢の優位の一因になったとも言われます。

19位スタートの佐藤琢磨は快調にオーバーテイクを重ね、ついには1位に躍り出ます。以後、中盤はずっと琢磨が首位での走行を続けました。ただし、長丁場のレースですので、中盤ではアグレッシブな首位争いにはなりません。状況によっては終盤で燃料が苦しくなることも考えられるため、皆燃料を節約しながら、しかし勝ち得る位置をキープするように走行します。

なお、ロータス勢 (ジャン・アレジとシモーナ・デ・シルベストロの2台) は、あまりにも速度が遅すぎたため、序盤で黒旗を振られて強制終了でした。

残り50周を切り、終盤戦に入ると、最強チームのひとつであるターゲット・チップ・ガナッシ・チームの2台、ダリオ・フランキッティとスコット・ディクソンが首位に躍り出て、琢磨は3位に。ガナッシの2台は交互に首位を交代しながら、3位以下の接近を阻むという展開に。

エド・カーペンターの単独スピン (公式ハイライト動画 8:26) により、イエローコーションが発生、その後、17周目を残しての大事なリスタート。恐らくは最後のリスタートになるか? ここで佐藤琢磨選手、リスタート前は3位か4位を走行していたものの、順位を落としてしまう。一方で、リスタートキングとして知られるトニー・カナーンがジャンプアップし、なんと1位に躍り出ました。

インディ500には表彰台はありません。勝つか、負けるかの戦い。このインディ500では、2位は Fastest Loser、すなわち最速の「敗者」なのです。

その後、マルコ・アンドレッティの単独クラッシュ (公式ハイライト動画 11:18) により再度のイエローコーション。リスタートは、恐らく残り数周という時点。そしてこの時点での佐藤琢磨は7位。残念ながらこの位置からでは、リスタートからたった数周では勝機が無い。...ように思えました。

さあ、どうなったかは、この公式ハイライト動画にて、ぜひご自身の目でご確認を! 動画の下に最後のリスタート前の順位をまとめておきます。琢磨は青白の通称ドラえもん号をドライブ!

  • 8:26~ 再生する: エド・カーペンターの単独スピン → 17周を残してのリスタート
  • 11:18~ 再生する: マルコ・アンドレッティの単独クラッシュ → 最後のリスタート

最後のリスタートの前の走行順位

0528_indy500_final_restart_pos.jpg

(※ このカラーリング図は横から見た図ですが、前から見た場合は、ノーズ上部のカラーリングが目立つ点に注意。ペンスキーのブリスコーはノーズ上部は白、デイル・コインのウィルソンは先端が赤で残りが白、琢磨は青です。)

今年のインディ500では、ウォールを乗り越えてキャッチフェンスに当たってしまった (※インディカーのオーバル戦においては、フェンスに当たらない限りは大事に至る可能性は低い) 危ないクラッシュが1回あったものの、大怪我した人が出なくて何よりでした。インディカーの車は従来から高い安全性を持っていましたが、今年からインディカーに導入された新型シャーシ DW12 は、クラッシュの際の安全性のさらなる向上が大きな狙い。

この DW とは、ダン・ウェルドン選手にちなむものです。ダン・ウェルドン選手は、昨年のインディ500の勝者。しかしながら、昨年はレギュラー参戦が出来ず、インディ500はスポット参戦での劇的な勝利でした。レギュラー参戦が出来なかった代わりに、新型シャーシの開発ドライバーとして活躍。そして昨年の最終戦にスポット参戦した際、大規模な多重クラッシュに巻き込まれ、その際に不運にもキャッチフェンスの支柱に頭部がヒットし、帰らぬ人となってしまいました。車は大破したものの、頭部以外には外傷が無かったそうです。

インディ500 GAORA での再放送日程

  • 5月30日(水) 18:00 ~ 22:30
  • 6月1日(金) 12:30 ~ 17:00
  • 6月6日(水) 7:30 ~ 12:00

より楽しむための参考資料

Category: モータースポーツ

Trackbacks

Trackback URL: