2012.05.21

ギャラリー > 微速度撮影 :
木漏れ日のカチューシャ日食 微速度撮影 2012-05-21

カチューシャ日食 (金環日食にはならず) を自宅の近所の富山県・高岡古城公園にて微速度撮影しました。快晴無風で狙い通りに撮れましたよ!

カメラ2台体制にて、太陽そのものを撮影したカットと、木漏れ日を狙ったカットをそれぞれ撮影。

太陽を撮影したカットは、Pentax Optio W80 というコンデジ+星ナビ日食フィルターにて撮影。光学ズームいっぱい、35mm判換算140mm相当。ISO125 (最低)、マイナス2段露出補正。マイナス補正を掛けても露出オーバー気味ですがまあ許容範囲かと。このカメラは画質面は優れているとは言えませんが、最短10秒間隔でのインターバル撮影機能があります。

太陽を撮影後、フィルターを外して構図はそのままで空を微速度撮影し、後で合成しています。合成および残像処理は VirtualDub + AviSynth による。AviSynth は合成処理には便利です。比較明合成のほか、スクリーン合成など、様々な手法で合成できますし、3つ以上の動画を1回の処理で合成することもできます。10秒間隔で撮影したものを秒間15コマ再生。

木漏れ日は EOS Kiss Digital N にて。こちらは5秒間隔で撮影したものを秒間30コマ再生で、太陽のカットと同速度での再生になってます。

0520_sun_komorebi_before_and_after.jpg

木漏れ日撮影には前日にこんなちょっとした準備をしてみました。左が準備前、右が準備後ですがわかりますでしょうか? 道に落ちてた細かな枯葉をホウキで掃き清めてあるんですよ。

ちなみに、撮影用の三脚2本の他にもう1本三脚を用意し、案内板と日食フィルターをひもで結んで自由に見てもらえるようにセッティングし、プチ市民観測会など開いておりました。多分、20人弱に見てもらえたかな? 最大食前後は、空が結構薄暗くなりましたね。

併せて、携帯のワンセグでTVも見てました。日テレの和歌山が見事! 雲の中の金環日食は絵になりますね! うふふふ。富山県では快晴でしたが、実は一部の天文ファン (私含む) は 雲乞い をしていたのですよ! おかげで太平洋方面 (一部を除く) は良い感じの雲が来てくれたようで良かった。

さて、日食は終わりましたが、日食フィルターは捨てないで下さい! もうすぐこんな現象があるんです。

金星は小さいですが、太陽フィルターがあれば肉眼でなんとか見えると思います。地味ですが日食よりずっと珍しい現象なので、こちらもぜひ観てみる良いです。ただ、望遠鏡で見たほうが圧倒的によく見えますので、できればお近くの天文台等での観望会に出向ければ良いですね。

Category: 微速度撮影

Trackbacks

Trackback URL:


» 今更、金環日蝕動画(非フィギュアネタ) from over the cloud
つーか、先週の話題じゃん……w でも、金環/部分日蝕、全国各地で奇麗に見れたようで、良かったなー・と。 いやそういう自分は見てないのでw だって札幌... » 続きを読む (Read more)...

コメント(1)

素晴らしい。
こんな手法思いつきませんでした。
太陽と周りの景色同時に表現できないかと。
参考にさせて頂きます。