2012.06.02

ランニング : メガネのズリ落ち・脱落防止バンドの自作

0602_megane_band1.JPG

ふふふ、私は気付いてしまったのですよ。観賞魚用エアーポンプのエアチューブが、我がメガネのテンプル部にジャストフィットするということに! ということで、観賞魚用エアーポンプのエアチューブとダイソーのネックストラップを組み合わせて自作した、メガネのズリ落ち・脱落防止バンド (メガネバンド、スポーツバンド、グラスコード) です。釣りやランニング、スポーツ全般に! 細いエアチューブを使うので、テンプルが太いメガネには装着不可かな。

エアチューブはシリコン製を強く推奨。シリコン製じゃ無い奴はしなやかさが足りず、また経年劣化で硬くなっていくので不向きかと。

0602_megane_band2.JPG

ひもとエアチューブの接続は、ひもの先端に熱収縮チューブ (ハンダ付けの際に絶縁用に使う奴) を3重ぐらいに被せることで硬めて、エアチューブに挿入してあるだけです。熱収縮チューブが無い場合は、

0530_megane_band.JPG

単純に縛り付けてしまっても良いでしょう。見た目は残念ですが実用上は全く問題なし。

ランニングやってるとメガネのズリ落ちは気になりますし、一度、夜釣り中にうっかりメガネを引っ掛けて危うくメガネを海ぽちゃしかけた経験もあって、この手のアクセサリーの必要性は感じていました。そこでまずは、メガネ屋さんで市販品を買ってみたのですが、

0602_spald-band.jpg

これ、結構高かったんですが、装着感が気に入らなくて結局使わなくなってしまったんですよね。テンプル部にごろごろ感が出るのが嫌で、あと確かひもが硬めなのも嫌だった。

今回の自作品は、直接肌に触れないテンプル先端に装着しますのでごろごろ感が出ることはなく、ひもも柔らかく、長さ調節もワンタッチで、完璧な使用感です。うむ満足。

なお、テンプル部にエアチューブを深く挿入すると、なかなか抜けなくなるので要注意。

Category: ランニング

Trackbacks

Trackback URL: