2012.06.30

釣り : チョイ投げキス釣り

0630_kiss.JPG

ヒラメは春ほど釣れなくなったしマゴチはよーわからんしシーバスもよーわからんしキジハタはあんまり釣れているという話を聞かない。というわけで、何釣ってよいやらよーわからんですが、キスは裏切りませんね。夕方、河口サーフでのチョイ投げでキス13匹、中アジ1匹の釣果。まずまずです。

庄川河口右岸でしたが、どこに投げても当たってくるような状況でもなくて、よく釣れる投点を見つけないと好釣果には繋がらない感じでした。ちなみに、ここは意外と近場が穴です。陸から数メートル以内のカケアガリに割とキス居ます。それこそ、延べ竿で狙えるぐらい。

途中、シーバスらしき首振りグリングリンなアタリが1回あったものの3秒でバレた。まあ、キス用の流線針では懐が浅すぎて難しいですな。薄暗くなってからルアー少し投げてみたら、数投でぐぃ~ん! お!? うにょ~ん? ...ダツさんでした。ライトタックルだったし結構引いてくれた。シーバスのほうが嬉しかったが割と楽しめました。

今年の夏は...そうだなぁ、シマダイ喰いたい。ここ2年ほど狙ってないし、シマダイ。昨日イソメのヘチ釣りでシマダイ狙ってみたんだけど、お留守でした。まだ早いのか。シマダイでは有名なポイントだったけど、狙ってる人居なかったし。

キジハタは年々釣れなくなる...気がするのは気のせいでしょうか。富山湾でキジハタが多いのは昔放流事業をやってたからで、今はもう放流はされていない、という話を聞いたような。それが本当なら、やっぱり減って行ってるんでしょうね。

Categories: キス・カレイ / 釣り

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL:

コメント(2)

「首振りグリングリン」は、マゴチかもしれませんね。

かもですね。何せ3秒しかファイトしてないので正体は謎です。