2012.07.01

ランニング : 2012能登島ロードレース大会10km出走

0701_noto_start.JPG

「ひょっこりのとじま 2012 能登島ロードレース」 10km の部、走って来ましたよ! 4月末の魚津しんきろうマラソンに続き、今年2度目の大会参加。写真は10kmより先のハーフの部のスタート。まずは先月のランニング記録から。

2012年6月のランニング記録

93.60km / 7h52m16s = 11.9 km/h (5m02s /km) でした。先月より少し平均ペースは落ちましたが、気持ちよく走れるペースを心掛けて、距離は稼げた。ただ、すこーしだけだけど膝痛が気になってたので、下旬に膝サポーター (安いやつだけど) を購入。これ良いっすね! 膝に来る衝撃が随分緩和される気がします。27日に最後のラン、28~30日は大会に備えてお休みでした。

大会当日

高岡から能登島に行くには、電車では時間掛かり過ぎるので、車。駐車場のキャパにさほどの余裕がないらしいということで、5時半出発の7時頃着。駐車場は大きなものはないものの、結構あちこちに分散して存在していて、合計のキャパは意外とある感じでした。もう少し遅く出ても大丈夫だったと思われ。

能登島はねー、坂道だらけ。スタート会場に着くまでの道もうねうね上下してて、うわーんこんなとこ走るのかよって感じ。

0701_noto_elev.jpg

大会プログラムに載ってた、10kmコースの勾配図。うわーん平地がない。高低差は60mぐらいあるのかな? ハーフの部の勾配図は事前にネットで見つけて知ってたけど、10kmの部は勾配の面ではハーフコースよりきっつい感じ。ハーフコースは後半は海沿いで平坦だけど、10kmのほうはずっと山道だ。

0701_noto_course.jpg

コース図です。この一部を拡大すると...

0701_noto_course_up.jpg

スタート直後に「急な上り坂」とか。何ソレ。つまりは私、坂道とか苦手なんですな~。じゃあこんな大会来んなよ。坂道多いのは事前にわかってたことで。でもさ、この時期他に手頃な大会が見つからなかったもので...。この時期晴れるとクソ暑いので、マラソン大会とか少ないんですな。

目標タイムは...よくわかんない。坂が多いコースとか走ったことないので。日常のランニングコースはまっ平らですし。ん~、4月のしんきろうマラソンより少し遅い、55分ぐらいでいいかな? 速く走るより、無事生還だ。

0701_noto_saka.JPG

ま、とりあえずはウォーミングアップで軽く周辺を走ってみたわけですよ。写真はコースの一部ではないけど、能登島の山道の典型的な印象だと思う。で、走ってみた結果、意外と走れるな、という手応え。

で、写真から分かる通り天候は雨。晴れより涼しくて良いかな、とか思ってたけど、開会式では、雨だけど気温は意外と上がるし、日照りが無くても高温多湿はヤバイぞ! と釘刺されました。過酷なコースゆえ、去年だけでも3人もぶっ倒れたんだそうで。なるほど~。

9時になり、ハーフの部の皆さんのスタートを見送った後、きっちり準備体操、ウォーミングアップ、ストレッチを済ませ、膝サポーターも良い感じに装着してなじませて、そして10時。我が10kmの部もスタート。何せ坂道だらけの嫌なコースなんでね、速く走ろうなんて気は全然無くてさ。ほぼ最後尾からトボトボとスタートですわ。

ありゃー、ストップウォッチが無い。カバンには入れてあったのに。でもまあ良い、今日はペースとかどうでもいいから。

スタート直後、急な下り坂。下り坂は楽...なんてことは全然無いのですよ。下り坂は、接地の衝撃が大きくてさ。慎重に走らないと膝痛める。慌てず、柔らかな接地を心掛けて降りてゆく。

その後、緩めの坂道を越えたら、問題の「急な上り坂」。うへー、マジ急。上の写真の、奥に見える急坂に雰囲気はよく似てる。恐る恐る上ってみるが...なんだ意外と走れるじゃん。無理しない程度に、少しペースを上げる。人の流れがゆっくりと、前方から俺の後ろに消えていく。

だが、あくまで急がない。心掛けるのは、ただ一点。リラックスして走ること。走るフォームみたいなややこしいことはよーわからん。が、意識して力を抜いて、柔らかく走る。その状態で、自然に走れるペースで走っていく。これは俺にも実践できること。

そして、ずっと上の写真のような森の中を走っていく。これは景観の面では素晴らしいコース。雨の日も森は絵になりますな。で、沿道での応援が皆無。ま、島の山道なので当然か。ランナーたちの走る音だけが規則正しく森に響く。こういうストイックな雰囲気も良いね~!

途中の給水をきっちり摂りつつ、急勾配の坂を頂点まで上り、その後の下り坂を慎重に下りれば早くも5kmの中間点。割と余力がある感じ。少しペースを上げる。そう思った奴が俺の他にも居たんだろう、1人だけ、俺を後ろから追い抜いてどんどん前に進んでいく人が。あれにはついていけん。俺は俺のペースを守る。最後尾からのスタートだったけど、だいぶん抜いてきたこともあって、周りのペースも少し早くなってきた感じ。その周りのペースよりすこーしだけ速めのペースで走ってゆく。

途中、やたらとアマガエルさんが多い道があって、なるべく踏まないように気をつけながら走行。小さいアマガエルの、さらに子ガエルらしくって1cmにも満たないような大きさで目視が難しい。しっかり見ようとしたらなんだか前傾姿勢になって走るペース上がっちゃってました。

さらに、少々の恐怖が。ぼてっ。という音とともに目の前に現れたのは、頭上から落っこちてきた巨大毛虫さん。万一直撃食らったらと考えると怖~っ! でもまあそうそう当たるものではないが...

スタート直後の急坂よりはずっと緩い上り坂を軽やかに上り切れば、残り4km。トンネルをくぐって、あとはもう上り坂は無い。余力はまだありそう。もう少しペースを上げ...てみたら、いきなりなんかバテて来た。中間点の後の上り坂でちょい頑張りすぎたか。でもまあ、周りはもっとバテてる感じで、周りよりは少し速めのペースで走れる感じ。リラックスを再確認しつつ、走っていく。

残り2km。平地になった。ここから先はもう上りは無いんだっけ? リラックスの再確認が効いたのか、また余力を感じられるようになっていた。その余力を使って、軽めのスパートをかけ始める。

残り1km。やべ、最後の最後が上り坂だったか。でもまああと少しだし、ペースを維持してがんばってみる。さすがにきっつい。

あとどれぐらい? 沿道に応援が少し増えてきたし、もうちょい? あ、ゴール見えた、あと500m未満ってところ? うっしゃ、ここで全力スパート! うん、最後のスパートって気持ち良い。10人とは言わないまでも、数人一気にブチ抜いてゴールに駆け込む。

おー、坂道も意外と走れるじゃん、俺。でもタイムは? ストップウォッチ無いからさっぱりわからん。完走証を受け取ってみると...

0701_noto_result.JPG

あれまー、48分47秒、まさかの50分切り...。なお、この部門のエントリー人数は260人ぐらい。普段のランニングでの5kmコースのペースとほぼ同じかちょっと速い程度ではあるんだけど、坂道でこのペースが出せるとは思わなかった。これが人生2回目の10km大会だったけど、4月末のしんきろうマラソンの51分49秒を約3分も更新する自己新記録です。不思議と速かったので、喜びよりも違和感。

ストップウォッチもなかったし、坂道への苦手意識ゆえに速く走るつもりもなかったので、気負わずリラックスできたのが良かったんでしょうかね。あとは、普段の練習の成果なんでしょう、やはり。

昔からね、坂道へは苦手意識があって、箱根駅伝とかで選手が坂道を快走してる姿は謎だったんですよ。平地ならともかく、坂でなんであんなに走れるのかと。結局、それなりの練習をすれば自然と坂道も走れるようになってくる、というところでしょうか。それを今回実感できた感じです。また新たな自分と出会えた感じ。ランニングは素敵です。

膝がちょっと怖かったんだけど、走り終えても、膝の痛みは皆無でした。膝サポーターが良い仕事してくれたかな。でも股関節が少し筋肉痛になった。このコース、スタート地点とゴール地点が違っていて、スタート地点は坂の上、ゴール地点はスタート地点から下った坂の下なんです。で、ゴール地点から荷物回収のためにスタート地点に戻るのが上り坂。この最後の上りが、ぶっちゃけレース中よりきっつかった。股関節痛かったし。

スタート地点に戻ると、おにぎりと豚汁の配給。

0701_noto_meshi.JPG

おにぎりは2個あって、豚汁は具も多い。疲れてたせいか味は少し薄く感じたけど、走り終えた後の昼食としては程良い分量でした。この大会、また来年も来たいかも。晴れたら灼熱ではあるが、この景観は魅力的です。

その後は、能登島の各漁港を巡って海釣りなど。大会終了後から雨脚が強くなりましたが、これは午後2~3時ぐらいに止みました。チョイ投げ釣りだったんですが、チョイ投げで探れる範囲内ではどこも海藻が多くて釣りにならん。遠投竿も積んではあったけど、マラソン後に遠投とか無理だから。

せっかく見つけた根掛かり無しポイントでは何かエサ取りが多く。

最後の最後で良い場所見つけて良型キスが若干数釣れたけど、あまり釣らないうちにエサ切れ終了。まあ、ポイント探しに苦戦してる間にエサ消費してきたからやむをえん。良い時間でもあったしね。

能登島で釣りするなら、水族館に併設されている海釣りセンターってやっぱ良い所だったんですな。能登島は各所に好ポイントがあるのだろうし、今回ハズレだった場所もそういった好ポイントと言える場所だったんだとは思うけど、今回巡ってみた印象では、釣期や釣法を選ぶ感じ。その点、海釣りセンターは無難に釣れる。

そして無事帰宅し、飯食って風呂入ってブログ書いてる今はおしりの筋肉が少々痛い。やっぱり普段走り慣れない坂道だったんで、普段使わない筋肉に負荷がきたんだろう。

3日ぐらいはお休みして、今月もまたどんどん走ろう。暑いので深夜とか未明を中心にね。

Categories: ランニング

Category: ランニング

Trackbacks

Trackback URL: