2012.08.04

PC : PCの熱暴走とその対策。ちょっと盲点があった

最近、TV録画用として使ってるPCが稀に熱暴走らしきブルースクリーンになっていたのでその対策をしたお話。ありきたりの内容ではあるが、対策の結果、ちょっとだけ意外な盲点 (ただし大したことでもない) があったことに気づいたので少しは参考になるかも、と。

このPCの主要構成としては、ケースが Antec Three Hundred、CPU が Pentium DC (Core 2 Duoの廉価版)。冷却はケースファンが前面に吸気用120mmファン×1、背面に排気用120mmファン×1、上面に排気用140mmファン×1、プラス、電源ユニットの排気ファン。これは Three Hundred の標準構成で、エアフローは前面から吸気して背面・上面から排気という流れになる。CPU冷却はインテルのリテールクーラー。ケース側の冷却能力に余裕があるしオーバークロックもしないのでリテールクーラーで充分という判断だった。

このPCが最近稀にブルースクリーンに陥るようになった。弱い設定ではあるが冷房も効いた部屋。ケースを触ると温かかったので熱暴走が疑われた。案の定、CPU温度は平常時で60℃もあった。これはよろしくない。

ケースの冷却能力には余裕があるはずなのに、これはどういうことだろう。冷却能力が落ちる原因としては、ケース前面の吸気部のフィルターの目詰り。しかしケース前面に付着するホコリは時折掃除機で掃除してあるし、今も汚れてはいない。というかケース前面は最近汚れなくなったような。

だがケースが温かくなってるということはケースの冷却に間違いなく問題があるので、冷却能力の向上を図ることにする。この Three Hundred の前面には、120mm吸気ファンが2個装着できる。今は1個だけだし、これで充分と思っていたが、もう1個増設することにする。ついでに、CPUクーラーももう古くなってきた (2009年夏に買ってからジャスト3年) し、こちらも交換することにする。

で、地元高岡のパーツショップ (無線パーツ高岡さん) にて120mmケースファンと新しいCPUクーラー (サイズの侍ZZ。3千円というお手頃価格だったので) を買ってきて、その取り付け・交換のためにケースを開けたわけだが...。

内部がえらいホコリだらけになってたわけですよ。ホコリの侵入経路は、ケース側面の、グラフィックカード冷却用120mmファンの取り付け部。このファンはオプションであり、取り付けていない。この部分は粗い金属メッシュになっているのだけれども、従来はここからこんなにホコリが侵入することは無かった。何故なら、このケースの主たる吸気は、防塵フィルターを装備するケース前面のファンにより行なわれるから。

そして、CPUクーラーが悲惨な状況になっていた。ヒートシンクが完璧に目詰りしている。これじゃー冷えるわけがない。たまには掃除すべきだろうしそれを怠っていた俺が悪いわけだが、しかしこの完璧過ぎる目詰りはあり得ないレベル。どうしてこうなった...。

フロントファンの増設のためにケース前面をチェックして、その理由が判明した。ケース前面は汚れていなかった、と既に書いたが。ケース前面の防塵フィルターは2重構造になっていて、外側が粗い金属メッシュ、その内側に網戸状の細かいメッシュがある。ここまで書けばもうお分かりであろう。外側の金属メッシュは綺麗でも、その内側の網戸メッシュが完璧に目詰りしていた。その汚れが、外側からではわからなかったし、外側から掃除機で吸っても内側の汚れには対応できていなかった。盲点でした。

つまり、今回の熱暴走のシナリオとしては、まずケース前面の防塵フィルターが目詰りし、その結果前面からの吸気がほぼ停止。それに伴い、ケース側面の粗メッシュ部から吸気されるようになり、そこからホコリが侵入しまくり、それがCPUクーラーのヒートシンクを目詰りさせ、熱暴走に至った、と。そして、ケースやCPUクーラーの本来の冷却能力に問題があったわけではなかった。

なるほど、前面からの吸気が止まってたわけだ。道理で最近、ケースの前面にホコリが付着しなくなったわけだよ...orz 外側からパッと見て綺麗だったから、内側の汚れには気付けなかった。あと、普段はCPU温度をチェックしてなかったので、それが問題に気付くのが遅れたひとつの要因だったですな。

ケースファン増設およびCPUファン交換後は、60℃あったCPU温度は40℃前後で安定。これで一安心。

なお、CPUファンの大型化に伴い、M/B用の4ピンATX 12Vの田型コネクタのケーブルが届かなくなるというハプニングもあった。そこでもっかい無線パーツ高岡さんに行ってみたら、ちゃんと置いてあったよ、田型コネクタの延長ケーブル。小さいお店で、品揃えはそんなに充実しているわけでもないけど、大事なものはちゃんと置いてくれてますね。えらい。

Categories: PC

Category: PC

Trackbacks

Trackback URL: